最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

■旅(海外)■ エジプト

どうなる?エジプト

毎日、エジプト情勢が報道されていますね。

Pmd2エジプトが自分の旅の原点である私にとっては、心配しながらニュースを見る毎日です。

タハリール広場の写真が新聞によく載っていますが、ああ、あそこでデモが起きているんだな・・・と。

カイロ博物館の建物が妙に目だって気になりました。

やはり自分で歩いた土地は、ほかの地域とちがって身近に感じるものです。

特に、行きたくて、焦がれて、夢にまで見て訪れたエジプトは、私にとって特別な地のひとつです。
(詳しくはこちら。)

最後にエジプトに行ったのはもう10年以上も前になります。

そういえば初めて訪れたときも、再訪したときも、考えたことはなかったけれどエジプトはムバラク政権でしたね。

確かに、バクシーシ攻撃は激しかったし、ぼったくりも多かったけれど、あんなに爆発するようなものを内包していることには気づきませんでした。

先日のチュニジアも然り。

チュニジアの混乱も驚きでした。
チュニス新市街のヨーロッパのような街並みに、民衆の不満は感じられませんでした。

やはり「旅」はその土地の表面をなぞっているだけなのでしょうか?

そういえば、カルタゴの遺跡の近くにあるチュニジア大統領官邸の警備は確かに厳しくて、カメラを向けられないよう、兵士が見張っていましたね。

私にとってはチュニジアもエジプトも、比較的安定していて旅しやすいところでした。
近い将来、子供を連れて旅行するのにイスラム圏の中では比較的ハードルが低い地域だEgy_kidsと思っていました。
でも当分無理だろうなあ。

これから情勢がどうなるかは不透明ですが、報道から目を話せない日々です。

カイロ近郊で写した子供たち。

成長したであろう彼らもデモに参加しているのでしょうか?

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

駱駝の隊商

エジプト ~旅人の原点~ ⑤

駱駝の隊商

ラクダの隊商を見たことがありますか?

私はエジプトで、遙か遠くから、あれがそうかしらと思うくらい遠くから、駱駝の群れを見たことがありました。
実はそれが駱駝の隊商なのかどうか、定かではありません。

Tasiyo

それは、夢かと思うくらいあやふやに、蜃気楼のように霞む光景でした。
あれは駱駝の群れではないか、と気付いた時、感動のあまり立ちすくんだのを覚えています。

当時持っていたズームレンズではこのぐらいに写すのが精一杯でした。

アブシンベルから、アスワンへ戻る途上のことです。ドライバーがふいに車を停め、地平線を指してなにやら言いました。
「キャメル、キャラバン」と言ったように聞こえました。
乗り合わせた客はみな、車から降りて、手足を伸ばしながら、遙か遠くを臨みました。地平線の上、ゆらゆらと揺れる陽炎の向こうの砂漠に駱駝の群れがゆっくりと進んでいきました。

それだけの出来事です。

それだけなのですが、時折、あれは夢だったのではないか、と心配になるのです。
陽炎に霞んだこの写真を見て、駱駝の隊商かなあ、と確認して、ふとはじめての一人旅を思い出すのです。

 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらも登録しました。なぜか結構頑張っています。

間違い探し =カイロ博物館=

エジプト ~旅人の原点~ ④

間違い探し =カイロ博物館= 

エジプトについて、ぼちぼち書き始めたので、旅のアルバムを取り出してエジプトの写真を久々にゆっくりと眺めてみました。

1回目の旅とと2回目の旅では風景が多少違って見えるのは、自分の視点が変わったからでしょうか。

Cairo_muse1 でも、変わっていないはずのカイロ博物館の正面玄関、何かが違う、と思い 、じっくり眺めてみました。
上が1回目の訪問、下が2回目の訪問時の写真です。
ちなみに下は人物のうつっているところを切り取ったので不自然な感じですが。
Cairo_muse2でも、違いは分かりますよね。

何が違うのか。

答えは「スフィンクスの位置」です。

別の写真でも見てみましたが、やはり違います。
よく見るとスフィンクスだけでなく、ほかの像の位置もみんな違います。
正面玄関前の像、時々配置を換えているのでしょうか。

今度、旅行代理店のエジプトツアーのパンフレットを持ってきて写真をじっくり見てみようかな、と思いました。会社によって配置が違う写真があるかもしれませんね。

 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらも登録しました。なぜか結構頑張っています。

エジプト・マニア

エジプト ~旅人の原点~ ③

エジプトマニア
 =ピラミッドクラブの会員だったなあ=

先日からちょっとエジプトについて書いていたら、何だか止まらなくなりそうなので、ちょっと前になりますが、新しいカテゴリをつくりました。

Cairo_muse4 「■旅(海外)■ エジプトというカテゴリです。
今まで、クロアチア、ベルギー・オランダなどの他は、「その他」にしていたのですが、エジプトネタはいくらでも出てきそうなので、分けました。

なんと、このブログを書き始めるまで、忘れていたのですが、実は私、かなりなエジプト・マニアだったのです。

例えば・・・。
ピラミッドクラブってご存じですか? 

あやしいオカルト団体ではありません。
吉村作治先生が主催していた会員制のエジプト愛好会みたいなモノです。

私、設立直後からの会員で、会報は第2号から持っています。(←もう、相当なマニア・・・。)
ちなみに現在はもうありません。「エジプト倶楽部」になっています。
(余談ですが、エジプト倶楽部は「吉村作治のえじぷとぴあ」から登録できます。)

年季の入った会員だったはずが、何かの拍子に会費の引き落としか何か、更新を忘れていて、現在はエジプト倶楽部会員にはなっていません。

そんな一事を見ても、すっかりエジプト・マニアだったということを忘れていた私です。
どうして忘れていたのでしょうか?

もう2回も行ったから、一応満足したのでしょうか。
いえいえ、それだけではないと思います。

エジプトにあんなに焦がれて、ついには無謀にもリュックひとつ背負って行って、毎日くたくたになるまでどん欲に自分の足で歩き回って・・・。

そんな旅の中で、エジプトという目的地よりも、さらに強く、そのものに魅せられてしまったからに違いありません。

エジプトで「旅の病」(旅に生きたい病)に罹ってしまったのです。
(誤変換ではありません↑「行きたい」でなくて「生きたい」です。)

こうして書いていたら、照りつける太陽の下、自転車で王家の谷を目指した時の砂埃の匂いが、ふと蘇ってきました。

エジプト、実は、「旅人」が誕生した土地なのでした。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
 ←こちらも登録しました。

アブシンベル大神殿

エジプト ~旅人の原点~ ②

アブシンベル大神殿 
  =ちょっとうんちく:世界遺産とアブシンベル=

Abu_sinbelエジプトに行って、見たかったもの、1番はやはりピラミッドでした。では、2番目は何かというと、 王家の谷ではなくてアブシンベル大神殿でした。

アスワンハイダムの建設によって湖底に沈むことになっていた巨大な遺跡です。

アスワンの街から300km余りあったと記憶しています。夜明け前に、乗り合いのタクシーにぎゅうぎゅう詰めにされてホテルを出発し、砂漠から登る朝日を眺めながら、ひたすら砂の中を疾走してたどり着いたのを鮮明に覚えています。

ヌビア遺跡を救済しようという世界的なキャンペーンは、世界遺産条約の切っ掛けになったといわれます。
でも、ここに行った当時、「世界遺産」はまだブームになっていませんでしたし、私もそんなことは全く知らないで行きました。

アブシンベル大神殿に、ただ、圧倒されたのを覚えているのみです。

そういえば、それから数年後に、ギリシャ、エジプトに新婚旅行に行った友人夫婦が、「ピラミッドを見て、ギリシャの3日間が吹っ飛んだ。でもアブシンベルには、ピラミッドよりも圧倒された。」と語ったのをきいて妙に納得しました。

空は青く、深く蒼く、その真っ青な空を背景にそびえ立つこの大神殿に圧倒されて、ぼんやりと眺めたのを思い出します。

そして、この巨大な遺跡をブロック状に切り出してそのまま移築したユネスコのプログラムに驚嘆しました。
遺跡の裏側の内部は一部ドーム状になっていて、その移築プログラムの状況が分かるようになっています。

目の前には、アスワンハイダムによって作られた大きなナセル湖が広がっていました。
この湖もまた深い深い蒼い色で、灼熱の太陽を反射していました。

ところで、このヌビア遺跡群、世界遺産条約の切っ掛けになったのに、世界遺産の第1号にはなりませんでした。何故なのかは分かりません。世界遺産に登録されたのは1979年のことだそうです。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
 ←こちらも登録しました。

エジプト ~旅人の原点~ ①

エジプト ~旅人の原点~ ①

旅人の私、今一番行きたいのは中欧でしょうか。クロアチアが好きなのでブログに旅行記を書いたし、ベルギー・オランダも最近お気に入り。ヨーロッパは学生時代から大好きです。なので、ヨーロッパの記事が多いです。

でも、自分でも最近は忘れていましたが、私、実はエジプトオタクなのでした。Giza

なぜ旅人になったのか、というと、原点は「エジプトに行きたかったから。」なのです。

エジプトに行く前、何度も夢に見ました、ピラミッド。

虹の向こうに、追いかけても追いかけても、近づかないピラミッドがあったり・・・、ピラミッドがタクシーのバックミラーに映っているのに、振り返るとどこにもなかったり・・・。
なかなかたどりつかなくて汗をかいている夢ばかりでした。

学生時代、「エジプトに行こう」と決めて、貯金をしました。買い物に行って欲しいモノがあると、頭の中でエジプトとどちらが重いか天秤にかける日々でした。
おかげで、あまりモノが溢れすぎた生活をしないで済んだかも知れません。

ツアーではなく個人で行こうと考えたのも、「安く行けそう」、というその一点だけで、深く考えなかった結果が、こう(バックパッカーのできあがり)です。

そういうわけで、エジプトは私の旅人としての原点なのです。

エジプトの旅について書くのではなく、そんな思いをちょっとだけ、旅のエピソードを交えて書いてみようかな、とふと思い立ちました。

また写真を見ていたらいろんなエピソードが思い出されてきます。
クロアチアやベルギーの旅と違って、遙か昔の旅です。なのに鮮明にいろいろな出来事が浮かんでくるのは、まだまだ旅の初心者だった私の、柔らかい感性にしっかりと刻まれた経験だからでしょう。

これから、子育て日記の合間に、折を見て、エジプトについて語っていきたいと思います。
よろしかったらおつきあいください。
 

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ←よろしかったらぽちっとお願いします。
更新の励みになります。

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ