最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

■旅(海外)■ その他(コラム・つぶやき)

「旅行人」休刊に思う

先週、昼休みに日経新聞を読んでいたら「バックパッカー誌 終着点」という見出しに目がとまりました。

サブタイトルは◇若者の海外旅行離れで「旅行人」休刊へ◇

最初に、ええーっcoldsweats02と驚き、次になんだかさびしくなりましたdespair

蔵前仁一編集長が顔写真入りで記事を書いていました。
あの『ゴーゴー・インド』の著者の蔵前さんです。

ところで、みなさんは『旅行人』という雑誌をご存知でしょうか。

バックパッカーのための情報誌です。

旅人の間ではちょっとメジャーだと思いますが、世間ではほとんど知られていないかも知れません。

実は私もかつては定期購読者でした。

息子の出産とその後のドタバタのうちに更新の振込みを忘れてなんとなく定期購読をやめてしまっていました。

当分バックパッカーはできないなあと思いつつ。

そんな自分も、休刊に追い込んだ原因の小さな小さな積み重ねのひとつになったのではないかという思いでなんとなくさびしくなったのです。

 

休刊の理由にある「若者の海外旅行離れ」が世間で言われるようになって久しいですが、そうなのでしょうか。

あまりにも情報があふれ、見知らぬ国への憧れの想いや好奇心が起こらなくなってしまったのでしょうか。

そんな流れがあるのだとしたらまたさびしいことだなと思います。

 

私が「旅行人」を購読していたのは、情報が欲しいからというよりもむしろ旅の仲間が欲しいからだったような気がします。

『旅行人』を読むと、みんなそれぞれ語るべき旅をしていて、私なんてまだまだひよっこだなあ、なんて圧倒されたり。
仕事の合間を縫って短期間でちまちまとパッカーをする自分が悲しく思ったこともありましたが、『旅行人』で「リーマンパッカー」の特集があったときには仲間がたくさんいることを知って嬉しく思ったりもしました。

内気な(?)私は積極的に投稿して発信することもキャンプ大会に参加することもありませんでした。

旅の仲間、と言っても一緒に旅をしたいとかではなく、そういうバックパッカーがたくさんいて、みんなそれぞれいろいろな思いを持って旅しているんだということの確認。
ただ、それだけでした。

今、そういうことはブログで満たされているような気がします。

そういう流れもあるのではないでしょうか。

 

「ふらりと復活する可能性もある」と蔵前氏がいう「旅行人」。

いつかまた、手に取ることができる日が来るといいなあと思います。

旅行人 ←リンクは自由だそうなので貼らせて頂きました。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

危うし!パスポート

歴代の4冊のパスポートは私の宝物です。(内1冊は現役です。)

旅の相方であり、旅の思い出でもあります。

それをたま~にパラパラっとめくってビザや出入国スタンプを眺めると、ついニマッとしてしまうんですよね。smile

そんな大事なパスポートに危機一髪の事態が起こりました。

 090701_1526

 

出産してから、私の机はろくに使っていませんでした。

机に向かって読書するとか、手紙を書くとか、パソコンやるとかはもう不可能になっていたので。
そういうことは子供が見える範囲内でちょこちょこっと片付けるので、リビングの台の上で済ませているのです。

で、机です。
最近なんか黴臭いなあ、と思い引き出しを開けたら・・・wobbly

腐海に沈むところでしたbearing

ふいに「風の谷のナウシカ」のオープニングのテーマが頭の中を流れていきましたよ。

机の中・・・整理するしかありません。

どうでもいい物や消耗品は迷いなく捨てました。

旅行用の汚い財布も、捨てました。
ダンナに結婚前にもらったキーケースは、アルコールで拭いて干しました。
高校の入学祝に両親にもらった腕時計も干しました。

ふう。(汗)

まだカビていない物も、なんとなく黴臭いんです。

その中に、パスポートが!

大事なパスポートがぁああああ!

急いで取り出すと・・・パスポートケースにわずかなカビを発見!

ひいっ!と小さな悲鳴をあげましたよ。

本体は・・・かろうじて無事でした。

泣く泣くカバーを外して捨てました。
風の旅行社さん、H.I.Sさん(からもらったケースでした)さようなら~。

パスポート本体を確認します。
カビのニオイは気になりません。
でも、念のため、干します。
安全なところにしまわなくては。

ある意味、預金通帳よりも大事なシロモノですから。

とりあえず、安全そうな引き出しに入れました。
これからパスポートの永住の地を探そうと思います。

梅雨のある日のコワーイできごとでした。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

何カ国訪問?

今まで訪れた国々に色を塗ってみました。

World66」というサイトを使っています。


create your own visited country map or check our Venice travel guide

↑ここから行けます。(フリーです。)

実はこれ、昨年の春に見つけたのですが、まだ地図をブログに貼っていませんでした。

先日sayoriさんのブログに遊びに行ったらブログパーツにしているのを見つけたので、こういう使い方もできるんだなあ、と。かっこいいのでまねしようかな。

でも、この地図をまじまじとみていたら、トランジットでモスクワ1日観光しただけで正式に入国すらしていないのに広大なロシアを塗りつぶしていたり、上海しか行っていない中国全土に色がついているのはどうも心苦しい・・・。
カナダだってトロントとナイアガラしか行っていないし。

そこで、こんな(↓)サイトも使っています。
TripAdvisor」です。
ピンポイントで訪問した都市をチェックしていきます。

I've pinned 57 cities in 28 countries

こちらはFacebookのパーツとして使用しています。

ちなみにFacebookは海外の友人との交流のために作成しましたが、ほとんど更新していません。英語の読み書きが苦手なので・・・と思ったら最近日本語対応になったようです。(最近でもないのかな?かなり放置しています。)

あ、Facebookは本名で出ていますので、詳細はナイショです。
プロフィールもいろいろ入っています。
見つけた方は、「もしかして、これがきういさん?」ってこっそり聞いてくださいね。

ところで、World66では私の訪問国は「visited 29 countries (13%)」と表示されていますが、TripAdvisorでは、上記のように57都市28カ国となっています。

一体私は何カ国訪問しているのかなあ?
今度、暇を見て確認してみようかな。
大体30カ国くらい、と思っていました。
World66ではバチカンやグアムは1カ国に数えていますね。
ちなみに昔はホンコンやマカオも1カ国として数えていたけど今は数えないですよね。

旅に行けない日々はこうして旅を思い出して過ごすのもいいかな・・・。

今回は久々に旅人的なネタでしたね。

 
人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 

春節

今日は春節ですね。happy01 

春節って?
旧正月のことです。Photo_2
中国や台湾などでは太陽暦のお正月よりもこちらのほうが本番という感じですね。 韓国もかな。

旧暦ですから毎年太陽暦に対応する日は変わります。
今年2009年の春節は1月26日のようです。

昔、初めて韓国に行ったとき、2月でしたが、コレを知らなかったためお店が全部お休みで困ったことがありました。wobbly

余談ですが、エジプトに旅したときラマダン(断食月)をチェックしていかなくて同じ目に遭ったこともあります。sad

さて、なぜ春節を思い出したかというと、台湾人の友人に年賀メールを送ったからです。

毎年元旦にメールしていたのに、今年は気が付いたら3日くらいになっていて・・・。coldsweats02
あ、そうだ、春節にメールしよう!と気をつけていたんです。

ところで、この季節は航空券が安いのですが、旅人は春節をチェックしておかないとダメなんですよ。
中国系の人たちの民族大移動に遭遇するとチケットが取れなくなるんです。
日本の帰省ラッシュのようなものですね。

なんか、久々に旅人らしいネタを書きました。

旅する日はまだ先のことですが、心はいつも旅人でいたいものです。

ちなみに上の写真は上海の外灘です。
季節は秋ですので記事とはあまり関係がありませんが、中国って上海以外に行っていないのでこのくらいしか写真がないんです。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、頑張っています。

ドミトリーのような

入院中にふと、思いました。
この感じ、ちょっとドミトリーみたいだな、と。

見知らぬ同士が数人、枕を並べています。
気が合う人と隣り合えば、自分のことや旅のことを話したりもしました。

旅と違うのは、自由に出歩けないこと。安静が必要なこと。

でも、よく考えてみたら、私はドミトリーにあまり泊まったことがないのに気付きました。
ぱっと思いつくのは、せいぜいアテネの学生宿とトロントのユースホステルぐらいです。

ドミトリーの代表格のユースホステル(YH)は大抵、街の中心部から離れています。バスや列車で街に到着すると、すぐに街を歩き出したい私は、手近な宿に腰を落ち着けるので、バックパッカーがよく利用するYHはほとんど利用したことがないのです。

けれども、ぼんやりと入院先のベッドで横になっていたら、ふと、あれもドミトリーだったかなとひとつまたひとつと想い出が蘇ってきました。

もうほとんど忘れていたような記憶の数々。

学生時代に友人達と泊まった台湾のタイペイホステル。
韓流ブームなど想像もできなかった頃、まだまだ近くて遠い国だった韓国のソウルに到着した晩にとまった宿。
ローマでは女子修道院のドミトリーに泊まろうとしたけど満室で、やはり泊まれなかったミホコさんという名前以外はなにも覚えていないお姉さんとテルミニ駅近くのペンションをシェアして過ごしたこと。

そして、スイスのユングフラウの麓。
Swiss 駅舎の屋根裏で寝袋に潜って友人と3人で過ごしたあの場所は、オフシーズンでほかの宿泊者こそいなかったけれど、まぎれもなくドミトリーだったのではないか、と。

すっかり記憶の奥底に埋もれていた想い出の小さな断片が浮かんでは、また記憶の糸をたぐり寄せ・・・。

入院中は、暇だから、旅のことをいっぱいいっぱい思い出しました。

日常の生活に追われていると、旅のことをゆっくりと思い出す機会というのが、なかなかなかったんだなあ、とあらためて気付きました。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
 ←結構頑張っているようです。

子連れ旅デビュー近し

育休から仕事に復帰して4か月近くがたちました。

070924_1439 朝、ヒデ坊(1歳3か月)を保育園に連れて行く準備でてんてこ舞い。
夜も明日の準備をしつつ寝かせるのですが、ついつい一緒に眠ってしまったり・・・。

毎日いっぱいいっぱいの生活です。
「旅を育休中」と宣言している旅人ですが、日々の生活に疲れて旅行どころではなかったのが正直なところ。

しかし!
ついに旅の計画が出てきました。初の子連れ旅行の計画です。

ここしばらくダンナが毎日真夜中まで働く日々に突入していました。そんなダンナ様の帰宅後の口癖は「バカンスに行きたい・・・。」

そして、ダンナの仕事が一段落しそうな見通しが立ったので、
「じゃあ、どこかに行く?」ときいたら、
「行く!バカンスに行く!」

旅人、俄然、元気が出てきました。
ゲンキンなものです。

もともと、「2歳までには海外へ」と考えていたのですが、現実味を帯びてきたのです。
お子様は2歳まではタダ同然で行けるので、「2歳まで」がキーワードなのです。

それにしても・・・ほんとに元気が出てきたのです。
旅は、私にとってはどんな薬よりよく効く活力剤なんですね。

楽しみ!
これから、計画から始めて、初の子連れ旅について書いていきますね。

ちなみに第一候補地はオーストラリアのケアンズです。
どうしてケアンズなのか?は次回のお楽しみ。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらも登録しました。なぜか結構頑張っています。

海外旅行の日

10月19日は、なんと、「海外旅行の日」なんだそうです。

ラジオを聴いていたら、「10月19日は遠く(10)へ行く(19)の語呂合わせから、海外旅行の日なんだそうです」との話が耳にに入ってきました。

本当?
旅人にとっては聞き逃せない情報です。

早速調べたのですが・・・。

以前、「旅の日」について調べた時は、結構いろいろな情報がありましたが、「海外旅行の日」についての情報はほとんど見つけられませんでした。

でも、根拠は何でもいいんです。

私、旅人の頭の中のデータベースにしっかり書き込みました。
Spl110月19日は海外旅行の日

これから毎年、海外の旅の計画を練るとか、海外の旅の思い出に浸るとか・・・する日にしましょう、と勝手に心に決めたのでした。
 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 なぜか急に頑張っています。
 ←こちらも登録しました。不思議と結構いい線行っています。

行き先を決めずに

行き先を決めずにバスや列車に乗りたいなと、ふと思うことがあります。

Nazare

旅人の私、いつも個人で自由旅行をしているとは言っても、悲しいかなリーマンパッカー。旅の日程は限られています。
そういうわけで、大体のスケジュールを決めて旅しています。
出発前に、旅先に持っていく「旅ノート」(日記とお小遣い帳を兼ねたオリジナル形式のものです)に大まかな予定を記入して出かけます。

だけど、一度だけ、行き先を決めずにバスに乗ったことがあります。
正確に言うと、切符を買った時点でどこに行くかは決めていました。バスターミナルで一番いい時間のバスで適当な目的地の切符を買ったのです。

2001年5月、ポルトガルはリスボンでの出来事です。

リスボン市内を見て、近郊の世界遺産のシントラも見たし、さて、次はどこに行こうかなと考えた時に、思いついて何となくバスターミナルに行ってみました。
バスターミナルは混み合っていて、行き先によってはバスは満席のようでした。
もうすぐ夕方なのであまり遠くには行けないな、と掲示してある時刻表を見上げると、ナザレ経由コインブラ行きのバスが出発時間に近いようです。

ナザレ?聞いたことはあるなあ。たしか海沿いの街だったかな、手元のガイドブックを見るとなかなか良さそうです。軽い気持ちで窓口でナザレ行きの切符はありますかと聞くとあるとのこと。
行き先は決まりました。
30分後にはバスの座席でうとうとしていました。

近いと思ったナザレですが、そろそろかなと思ってもなかなか到着しません。
夕闇が迫ってきて少し不安になったころ、小高い丘のある海辺の街にバスは入りました。
周りに乗っていた女の子達に聞くと、ナザレよ、と言いました。

それが、最初に載せた写真の街、ナザレです。
その日は海沿いの道に面した小さなホテルに泊まりました。

翌日の夜には、急に打ち上げ花火が始まってびっくり。ホテルの窓から海に映る花火を眺めました。

結局2泊して、近隣の街(アルコバサ、バターリャ)の世界遺産を見たり、ナザレの街中をぶらぶらしたりしました。
写真は、ケーブルカーで丘の上に登ってナザレの街を見下ろしたところです。

思いついてふとバスに乗って到着して、花火までみられた不思議な街。
もとは小さな漁村だったとのことで、食べきれないくらいの量の魚料理も美味しかったです。

あれ以来、旅先でふらりとバスに乗ると素敵なことが待っていそうな気分になります。
小さな冒険の思い出です。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
 ←こちらも登録しました。

旅の思い出

ここしばらくクロアチア旅行記を書いてきましたが、もうすぐ終わる予定です。あと、1、2回程度でしょうか。
イタリアはまたの機会にということで、この旅行記はクロアチアで一旦終わろうかと思っています。

もうすぐ育休が終了して仕事に復帰するので、ゆっくりと資料を見ながら詳細な旅行記を書くのは難しいかなと感じています。

でも、書き始めたら次から次へと旅の思い出が蘇ってきて、あれも書きたいこれも書きたいという状態になりました。

次はチュニジアかポルトガルかな、ベルギー・オランダはちょこちょこと書いているし・・・、アンコールワットも面白かったなあ、などと思っています。

Tunisia Photo_12
▲チュニジア           ▲ポルトガル

クロアチア記が終わったら、コラム的に、少しずつ思いついたエピソードを書いてみようかなと考え中です。
クロアチア記を終えてしまうのが名残惜しいのかも知れません。まだ終わっていないのにそんなことを思う自分に、早くクロアチア記を書きなさいよと言い聞かせつつ・・・。
 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
 ←こちらも登録しました。

旅ノート

クロアチアの旅について書こうと思い、旅日記のノートを見たら、ほとんど書いていませんでした。
かすかな記憶と、写真と、旅の小遣い帳を頼りにぼちぼち綴ることになりそうです。
あ、あと、ダンナ様の記憶によるフォローも大きいです。
なにしろ、夫にとってはかなり強烈な旅でしたから。

毎回私は、旅の小遣い帳とスケジュール管理を兼ねた独自のスタイルの「旅ノート」を書きながら旅しています。
一人旅の時は、当然ひとり時間がたっぷりあります。列車やバスの待ち時間、夕食を注文したのを待っているときなど。また、女一人旅なので夜は早めに宿に引き揚げますから、長い夜にその日の出来事を反芻しながら翌日の計画を練ったりします。

夫と旅するようになったら、その日の感想を述べたり、翌日の予定の相談などをしているうちに時間が過ぎるようになりました。
列車やバスや飛行機を待っているときでさえ、ノートを書くことはあまり無くなりました。

旅は、記録するのではなく、記憶すればいい・・・とは言いますが。

昔の旅ノートをみるとすでに忘れていたエピソードがどんどん思い出されてこれもまた面白いのです。
そのときの気持ちや光景がより鮮明に思い浮かんでくるのです。

さて、言い訳していないで旅の思い出を綴りましょう。
でも、印象深くて、いったいどこから語ればいいのか途方に暮れるくらい、クロアチアは素敵でした。

写真や現地で入手したパンフレットなどを見ていたら、またモーレツに行きたくなってしまいました。

一緒に行くかい?我が子よ。
あ~でも、今まで最高で車に30分しか乗ったことがない息子様だし・・・。
離乳食もあるし・・・。

遠いなあ・・・。

より以前の記事一覧

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ