最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

■旅(海外)■ クロアチア・イタリア

クロアチアのお土産(番外編)

クロアチアのお土産をちょこっといただきました。080518_11231

実家の母の知り合いが行ってきたそうです。
チョコ2個とお菓子2個がおすそ分けで我が家へやってきました。
クロアチアのお土産だって言うから、ちょっとだけ取っておいたのよと、母。

080518_1114早速チョコを見つけたダンナ様、「食べていい?」
週末に2人で食しました。
(ヒデはお昼寝中。)

ぱくっと口にチョコを放り込んだダンナ様。
どう?と聞くと、「うーん、チョコはやっぱり日本のが一番おいしい」との返答です。
クロアチアのチョコは大味なんです。bleah

お菓子のほうも食べたダンナに感想を求めると、「クロアチアで食べたケーキを思い出した」とのこと。
こちらもシンプルな味だったなあ。

ということで、特においしい!happy02というわけではないのですが、クロアチア旅行のことなど思い出してすごした午後でした。

クロアチアの旅の目次はこちら。

にほんブログ村 旅行ブログへ←よろしくお願いします。

クロアチアのお土産④

クロアチアのお土産 ④ =天使=

久々にクロアチアのお土産です。
Omiyage_cr5
天使の置物。

ザグレブで買いました。

共和国広場に向かって右手の坂道を「聖母被昇天大聖堂」に向かってのぼる途中にあるおみやげ屋さんです。(ザグレブ散策の記事はこちら。)

他にキャンドルスタンドになっているタイプもあって、10Kn(約200円)から18kn(約360円)でした。この天使は10kn。

結構安いので、まさかメイドインチャイナとか・・って書いてないよね、とひっくり返してよく眺めてから買いました。
(以前、サンフランシスコのおみやげ屋で、手頃な価格のお土産品はみんな中国製で、何を買ったらいいのか途方に暮れたのを思い出したのです。)

Omiyage_cr6高さ7cmくらいの小さな置物です。

見る角度によって表情が微妙に違います。

最近の自宅用お土産の中ではかなりお気に入りです。

この天使は竪琴を抱えていますが、ほかに笛を吹いている天使とバイオリンを弾いている天使もいました。
いくつか買ってきて、友人達へのお土産の一つにしました。

先日、友人が新築したお宅におじゃましたら、この天使が飾ってあって、ちょっと嬉しかったです。070915_0009

我が家でも玄関の「世界のお土産コーナー」にいます。
(写真→では右端にちらっと写っていますが、切れてしまい、よく分かりませんね。)


人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。

 ←こちらも登録しました。なぜか結構頑張っています。

クロアチアの旅の目次はこちらです。

クロアチアのお土産 ③

クロアチアのお土産 ③ =ネクタイ?=

クロアチアのお土産第3弾です。
Omiyage_cr4
ドブロヴニクの風景の絵画をかたどった置物です。大きさは手のひらより少し大きいくらい。
ダンナが買ってきました。
ウチのダンナ様、観光地のお土産!っていう感じで、部屋に飾れるものが結構好きかもしれません。
我が家のリビングにはそんな感じのモノがさりげなく飾ってあります。

ところで、昨日、10月19日は「海外旅行の日」などと書きましたが、その前日、10月18日は何の日でしょう?

「ネクタイの日」なんだそうです。
今日、先日紹介した『朝だ!生です旅サラダ』の、「海外マンスリー」で紹介されていました。
10月18日がネクタイの日、というのはクロアチアで定めたらしいです。

そうそう、クロアチアはネクタイの発祥の地なんですよね。
フランス語でネクタイのことをcravateというのだと学んだ時に、きいたことがありました。

それなのに、二人で旅行に行った時、ダンナ様にネクタイを買ってあげるのを忘れてしまいました。
旅を続けていたその数日後にイタリアのフィレンツェで買ってあげましたが、どうせならネクタイ発祥の地クロアチアでも買ってあげればよかったですね。

今度行ったら買ってあげましょう。

クロアチアの旅の目次はこちらです。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらも登録しました。なぜか結構頑張っています。

クロアチアの旅 目次

クロアチアの旅の目次です。
 

 

Hr50_dクロアチアの旅  目次 
~嵐のドブロヴニクとザグレブちょこっと滞在記~

プロローグ
 
クロアチアの旅の思い出を

◆2004年11月12日(金)
 
真夜中のザグレブ

◆2004年11月13日(土)
 ドブロヴニクって?
 夢の街 ドブロヴニクへ
 シャイな友人と夜の旧市街散歩

◆2004年11月14日(日)
 嵐のドブロヴニク
 ドブロヴニクの奇跡

◆2004年11月15日(月)
 城壁から
 スルジ山頂へ~内戦の傷跡~

 さよならドブロヴニク 

コラム
 ユーラシア大陸の西端で

◆2004年11月16日(火)
 ザグレブ散策 (その①)
 ザグレブ散策 (その②)

  ザグレブの市場にて 
 ザグレブのピザとボバンのランチ 
 トラムに乗って
 アドリア海を越えて

コラム
 クロアチアのお土産
   ①キャンドル
   ②マグネット
   ③ネクタイ

エピローグ
 ドブロヴニクからの葉書

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 

 ←こちらも登録しました。

 
※今回はお土産のページができたのでリンクを作成しました。
 クロアチアのお土産はまだまだ(たまに)連載中です。

やっぱりブレイク?クロアチア

先日、旅番組でクロアチアが紹介されている!という記事を書きましたが、またまたクロアチア、登場です。
今回もテレビ朝日系(朝日放送)です。
毎週土曜日(8:00~9:30)放送の『朝だ!生です旅サラダ』の中の、「海外マンスリー」というコーナーです。
今月はなんと、1ヶ月間、城戸真亜子のレポートで毎週クロアチアの情報が放送されるようです。

そ、そして、なんと第1回目はやっぱり、というべきか、ドブロヴニク(ドゥブロヴニク、と表記されています)でした。

Tabisarada2きゃーと言いながら思わずケータイで写真を撮る私・・・。

来週はフヴァル島と、やはりここだね!というプリトヴィッツェです。

楽しみ♪

最近ほんとによくテレビで見かけるようになりました。

クロアチア、もう、ブレイクしているのかな?
2004年に行った時には、それ、どこ?と言われたけれど、今はだいぶ知っている人が増えましたね。

なにはともあれ、見る機会が増えたのは嬉しいことです。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらも登録しました。なぜか結構頑張っています。

クロアチアのお土産 ②

クロアチアのお土産 ② =マグネット=

クロアチアのお土産第2弾です。

マグネットです。
我が家の冷蔵庫にくっついています。

Omiyage_cr1Omiyage_cr2Omiyage_cr3





ゴミ収集スケジュールのカレンダーなどをとめています。
地味で健気な役割を担っていますが、実は大事なクロアチアのお土産。

当然ながら、マグネットは、別にクロアチアの特産品ではありません。世界中で各地の風景のものをお土産に売っています。
我が家では旅先で買ったマグネットをお土産として持ち帰って、冷蔵庫に貼り付けておくのが流行って(?)います。

何れもドブロヴニクで買いました。

一番左端がクロアチアの地図の形で、円内がドブロヴニクの風景。真ん中と右のマグネットはドブロヴニクの風景です。

消えかかったレシートを見ると、(たぶん)1個25knです。
1kn=約20円として、1個500円くらい。ちょっと高いかな?

ちなみにベルギーで同じようなモノを買った時は1個3.5ユーロでした。
こんなものでしょうか。



人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。

 ←こちらも登録しました。なぜか結構頑張っています。

クロアチアのお土産 ①

クロアチアのお土産 ① =キャンドル=

突然ですが、クロアチアのお土産です。
070330_1459何だと思いますか?
バナナ・・・に見えませんか?

答えはバナナ形のキャンドルです。

最初はバナナそっくりだったのですが、何回か火を灯したので、先端が溶けてしまいました。

何故、急にクロアチアのお土産かというと、ちょっと前に旅番組を見ていて思い出したからです。

先日、『地球の歩き方 ~クロアチアからの旅』を見たという話を書きましたが、録画しておいたので、またこの連休、食事中にちょっと見てみました。

で、最初に見た時にも気付いたのですが、筧利夫がsobeを探しているシーンで道端で話しかけた陽気なおばさんの持っていたビニール袋、私もお土産を買ったお店の袋なんです。070923_1616
←これです。
(探し出しました。何故かまだ持っています・・・。)

と、ダンナに言ったら、えー、ほんと?と言ってそのシーンを巻き戻して見ました。

やはり間違いなく、この袋を持っていました。

そのお店とは、Candle Kingdom というキャンドルのお店です。プラツァ通りに面したドブロヴニクのど真ん中当たりにあります。

冒頭のバナナのキャンドルはここで買ったのです。

持って帰るのが大変そうなので、我々は、1個しか買いませんでしたが、できることなら買いたいキャンドルがいっぱい。

店内には手作りのカラフルなキャンドルがいっぱいで、見ているだけでも楽しくなるようなお店でした。
ドブロヴニクに行く機会があったらぜひのぞいてみてくださいね。

クロアチアのお土産、これからたまにアップしてみたいと思います。
まずは第1弾でした。

クロアチアのお土産 ②マグネット ③ネクタイ? 掲載しました。
これからもどんどん(・・・かな? たまにですが)掲載予定です。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらも登録しました。なぜか結構頑張っています。

旅番組でクロアチア!

今日、偶然見つけたのですが、テレビ朝日系で、「地球の歩き方」の旅番組をやっていたんです。で、場所は何とクロアチア。
クロアチア大好きな旅人、これは見なくては、とダンナにビデオをセットしてもらい(放送時間は14:00~15:25)ました。
『地球の歩き方 ~クロアチアからの旅』です。
地球の歩き方編集部・取材&日記 に紹介されています

オープニング、次々に映し出される風景にいちいち歓声をあげながらダンナと二人で見ました。(ヒデ坊は、いい子にしてねんねしてくれました。)
桜井幸子と筧利夫が旅しながらレポートする番組です。

特に筧利夫さんが「地球の歩き方」を握りしめて旅する感じがよかったですね。

Dubro_viewpoint 最初はドブロヴニク、sobeに泊まるというので、もしや我々が泊まったあのsobeが紹介されるのでは?とちょっとドキドキしました。が、違いました。でも、窓からの風景を見たらすぐ近くでした。
なんだか懐かしかったです。

バスターミナルに行くとあんなにsobeおばさんがいるんだというのにはびっくり。ウワサどおりですね。

残念なのは、せっかく旧市街の中のsobeに泊まっているのに、夜の旧市街の散策の紹介がなかったこと。一瞬だけプラッツア通りの夜景が映りましたけど。

フヴァルやスプリットは行っていないのでちょっと新鮮。でも、基本的にはアドリア海沿岸の他の街と似た感じですね。
リエカなんかも紹介して欲しかったなあ。

そして、とっても行きたいプリトヴィッツッェ! 
はっきり言ってもっと紹介して欲しかったです。次回は絶対に行きたいんです。
ここに行ったら中国の九賽溝は行かなくてもいいな、という感じがしますね。滝なんかはアメリカのヨセミテよりも良さそう。次こそは絶対に行くぞ、と誓いを新たにしました。

で、最後のザグレブ。
あれ?これだけ?という感じでした。

丘の上から 市街を一望しただけです。Zag5
中央駅も映ったけど。
まあ、番組の時間の関係上、こんなものですか?

ところで、最近、クロアチアの日本国内のメディアでの露出が増えているような気がします。
やはりブレイクしたのかな。

メジャーになるのは嬉しいけれど、やはり秘密にしておきたかったような・・・複雑ですね。

 
人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ビミョーな順位をうろついています。
 ←こちらも登録しました。なぜか結構頑張っています。

アドリア海を越えて

クロアチアの旅 【最終回】

~嵐のドブロヴニクとザグレブちょこっと滞在記~

 

◆2004年11月16日(火) 《その5Zag9

  イタリアのローマへ向かう私たちは、ザグレブ空港に到着して早速チェックインしましたが、搭乗予定の航空機のフライトナンバーを見ると、国内線、スプリット行きなのです。最初は間違いかと思いました。私たちが搭乗したのは、スプリット経由ローマ行きだったのです。
Spl1h 機内食のサンドウィッチ

Passport思いがけずまたアドリア海沿岸を見ながら、スプリットへ到着すると、トランジットの乗客は待合室へ誘導されて、そこで出国手続きをしました。 
待合い室から見る空は晴れ渡り、クロアチア航空機が夕陽を反射して輝いていました。

Spl2このまままたドブロヴニクに行けたらなあ、と心残りになるくらいに綺麗な夕陽でした。

再搭乗する頃には夕陽が落ちて少し薄暗くなってきました。

ローマ行きの航空機に乗り込む時です、私はいきなりFA(フライトアテンダント)の男性に呼び止められ、「アナタのフレンドはビョーキなのか?」と聞かれました。
えっ?何のこと?と、見るとダンナ様、マスクをしています。
まだ、調子が戻りきらないダンナは、機内の空気が乾いているから喉に悪い、とマスクをしていたのでした。(ヨーロッパでマスクは、伝染病だと思われるからやめてよね、と言ったことがあるのですが。)
「風邪をひいているんです」と答えると、ふうん、というふうに通してくれました。

それにしても・・・疑問。その1:何故、本人ではなく連れの私に聞くのでしょうか? その2:何故、フレンド?
ダンナ様、またしてもフレンドと言われ、ちょっぴり不満そうでした。

Spl3 今度こそいよいよローマ行きのフライトです。
夕焼け色に染まるアドリア海を越えて、クロアチア航空機はイタリア半島へと向かいました。
さよなら、クロアチア。今度はきっと何年後か分からないけれど、夏に来るね。

アペニン山脈を越える頃には陽が落ちて、窓の外は夜の闇に包まれました。
ここからはイタリアの旅が始まります。
 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
 ←こちらも登録しました。


 ◆クロアチア旅行記の目次はこちら
 

長々と続いたクロアチア旅行記は(お土産についてのコラムなどもまたそのうち載せるつもりですが)これで一応おしまいです。読んでくださったみなさまありがとうございます。
間もなく育休も終わりますのでまとまった時間がとれるのもこれが最後かなと思います。今度は旅について、単発で短めの記事を掲載する予定です。
とにかく旅行ネタはいくらでもありますので・・・。
よろしかったらまた見に来てください。

トラムに乗って

クロアチアの旅 

~嵐のドブロヴニクとザグレブちょこっと滞在記~

 

◆2004年11月16日(火) 《その4

トラムに乗って

ザグレブを去る私たちは、バスターミナルまではトラムに乗り、ターミナルからザグレブ空港まではZag8バスを利用することにしていました。このルートはドブロヴニクへの往復ですでに利用しているので、時間的にも安心です。

私たち夫婦は、実は日本人にしてはかなり背が高いのですが、ザグレブでトラムに乗ると視界が遮られて埋もれてしまいました。そんな体格のいいクロアチア人でいっぱいでも、ザグレブのトラムは何故か安心して利用することができました。

パリやローマの地下鉄に乗ったときのような緊張感はなく、アムステルダムのトラムでもスリに注意して乗らなくてはならなかったのに、不思議です。(ザグレブのトラムにスリが皆無というわけではないです。あくまでも印象です。)

ザグレブで最初にトラムに乗ったとき、バスターミナル行きはこの路線でいいのかと近くにいた学生風の女性にたずねました。彼女の対応が、明るく親切だったせいで、印象がよくなったのかも知れません。

クロアチアを去るにあたり最後にトラムに乗ったときも、気持ちが暖かくなる出来事がありました。
ほんとうにささいな出来事です。

中央駅から乗ったトラムは少し混んでいましたが、私たちは二人ともなんとか座ることができました。荷物を持った旅行者を押しのけてまで座ろうという人がいなかったからかも知れません。
次の停留所だったと思います。品のいい老女が乗り込んできました。彼女は私たちの近くの手すりにつかまりました。
そこで、私はダンナを突いて、「ほら、おばあちゃんに席を譲りなさいよ」と(もちろん日本語で)言いました。ダンナも、「あ、そうだね」という風に老女に気付き、どうぞという身振りで席を譲りました。

それだけのことです。
譲ったダンナも軽い気持ちでした。

たったそれだけのことなのに、そのおばあちゃんは、私たちに何度もお礼を言いました(多分)。クロアチア語なので何と言っているのかは分かりませんでしたが、その身振りから、とても感謝しているのが伝わってきました。
かえってこちらが恐縮するくらいです。

おばあちゃんは、自分の胸に下げた十字架にキスして、私たちにそれを掲げるようにして、またキスして、何度も祝福を与えてくれました。

私たちはその老女の祝福を受けてクロアチアを去りました。
 

◆クロアチア旅行記の目次はこちら
 

□■インフォメーション■□(2004年11月のデータ)

 ○ 空港バス 

    市内のバスターミナル←→ザグレブ国際空港 片道25Kn

    所要時間30分程度

 ○ 通貨 クロアチア・クーナ(Kn) 1Kn=約18円

 ○ トラム チケットはキオスクで買うと、車内で買うより安いです。
 
070302_1800       一日券もあり。
←一日券(18Kn) 

 

 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
 ←こちらも登録しました。

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ