最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

■旅(海外)■ ベルギー・オランダ・フランス

オランダの風車

昨日、リニューアルしたTBSの「THE 世界遺産」を見ました。

もちろんヒデ坊と一緒のときはなかなかゆっくり見られません。ヒデが早めにねんねしたので、録画しておいたものをダンナと2人でのんびりと。

Scan10021_3昨日見たのはオランダの「キンデルダイクの風車群」です。

(←スキャナで読み込んだときにゴミがついてしまいました・・・。)

ここへは2005年、ヒデが生まれる前の年に、ダンナと2人で旅しました。

ちなみにオランダに行きさえすれば風車が見られるというのは誤りです。

観光用の風車はたまにありますけど、現役の風車は少ないそうです。
しかも19基もの風車がぐるぐる回っているのはここだけですね、多分。
さすが世界遺産です。

ロッテルダム市内から離れているので、地下鉄、バスと乗り継いで、よくたどり着いたなあ、とダンナは言っていますが、まあ、旅はそんなものです。

余談ですが、サッカーファンのダンナにはうれしいことに、乗り換えの地下鉄駅はフェイエノールト(当時は小野伸二選手が在籍していました。)ホームスタジアムのそばの駅でした。
バスの窓からスタジアムも見えましたよ。

ランチして、運河で船に乗って、花咲く小道を散策して・・・素敵な時間でした。

日本からのツアー客を乗せたバスも、われわれが散策している間に2組ぐらいかなあ・・・来ましたが、まだまだ入りこみは少ないようです。

春のオランダは超おススメです。

ところで、「THE 世界遺産」、番組のリニューアルについては、賛否両論のようですね。
私は、オープニング、特に音楽は以前のほうが好きでした。(結婚式でもBGMに使わせていただきました。)

それはさておき、キンデルダイクの直前にも、
・ クィーンズランドの湿潤熱帯地域 (オーストラリア)、
・ アブシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群 (エジプト)
・ フィレンツェ歴史地区 (イタリア)

と、われわれが行った地域が続いているのでうきうきでした。
アブシンベルはダンナは行っていませんけど。

何年か前にドブロヴニクも放送したらしいですが、見ませんでした。
せっかくリニューアルしたのでまたドブロ、やってくれないかなあ・・・。

しばらく旅にいけない旅人、時々この番組を見て、旅の空を思い出して過ごしたいと思います。

 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、なぜか結構頑張っています。

TOYOTAという名のチューリップ 

今日は生憎の雨模様でしたが、春ですね。
もうすぐ桜が咲きそうな気配です。

Scan10028春になるとオランダのキューケンホフ公園への旅を思い出します。

昨年も想い出を(キューケンホフ公園で「鯉のぼり」(文部省唱歌)が流れていたという話。)ちょこっと書きました。

今年もやっぱり思い出しました。
何しろ、近年、春のヨーロッパツアーのパンフレットの多くがキューケンホフ公園の写真をのせています。店頭に並ぶそれを見るだけで懐かしくなります。
ところで、私はツアーは基本的に使いません。でも、行程表や写真を見るのが大好きで、申し込む気もないのに店頭からいろいろと持ってくる困った客(その時点でもう客じゃない?)です。

さて、脱線しましたが、ちょっと面白い名前のチューリップがあったなと思い出したので紹介してみましょう。

Scan10022
「TOYOTA」という名のチューリップです。
手前の表示に書いてあります。拡大したら見えるでしょうか?

花びらが白く彩られた赤いチューリップです。

さすが、世界のTOYOTAです。

探せば、もっといろいろと面白い名前の花があるそうです。
また行く機会があったら、ゆっくりと散策しながら花の名前を見てみるのもいいかなと思います。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 ちょっと疲れ気味です。
 ←こちらもよろしくお願いします。

パリの凱旋門

最近、旅の話をあまり書いていません。旅人、すっかり日常生活に埋没しています。
でも、たまには旅の話を書いてみたいなとふと思いました。

そこで、今日はパリの話を少し。

なぜパリかというと、今日はいわゆる「パリ祭」の日だからです。
7月14日、言わずと知れたフランス革命のバスチーユ襲撃の日です。フランスでは国民の休日だそうです。

パリには3回(トランジットを含みます。)行きましたが、実はこの季節には行ったことがありません。(そういうわけで、写真は冬のものが多いですが、ご了承ください。)

パリと言ったら凱旋門ですね。
Paris1 この写真は旅の空にも掲載しています。

私が初めてひとりで異国の地に降り立った時に撮った記念すべき風景です。
凱旋門は私の旅の出発点とも言えるモニュメントです。

この時は恥ずかしながら、凱旋門にどうやって登るか分かりませんでした。
で、2回目のパリ訪問。チュニジアの旅の帰りにトランジットステイした時に初めて登りました。

階段がきついけど、シャンゼリゼを見通せて、いいビューポイントです。
Paris2入り口は、地下道を通って、凱旋門の真下にに出るとすぐに分かりました。

凱旋門の真下から見上げるとこんな感じです。

2005年5月にダンナ様とベルギー・オランダに行った時もパリから入ったので、パリ市内を観光しました。この時も凱旋門に登りました。

ダンナ様にとっては初めてのパリで私に連れ回されて、高いところにいっぱい登らされて、かなり疲れてしまったようです。
でも、パリは素敵な街だったな、また行きたいなあ、と言っています。

2005年春、凱旋門、実は改修工事中でした。
いつか、凱旋門の全景をダンナ様と、先日1歳になったヒデ君に見せてあげたいです。

 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
 ←こちらも登録しました。

キューケンホフと「鯉のぼり」

2005年のGWにオランダのキューケンホフ公園を訪れたことを少し前に書きました。(→こちらを参照)
Turip5 ちょうど4月から今頃までの季節が見頃ですね。

今年はヒデ君の初節句(特に何もしませんけど)なので海外脱出は無理でしたが、このGWに車を走らせていたとき、鯉のぼりを見てそういえばオランダで『鯉のぼり』を聞いたなあと思い出しました。

キューケンホフ公園では、開園時間中に毎時音楽を流すようです。
世界のいろいろな曲をやるんだなあ、と聞くともなく聞きながら散策していたら、ふと『鯉のぼり』(文部省唱歌・「甍の波~」)が流れてきたのです。
Turip4_1  ダンナ様も気付いて、「あ、鯉のぼりだ。」と立ち止まりました。
青空にこいのぼりが泳いでいるわけではないのですが、五月の風を感じ、あらためて「あ、今ゴールデンウィークなんだ」と思いました。
ただ、それだけの記憶です。

ちなみに2001年に訪れたときは、『夕焼けこやけ』が(ちゃんと夕方に)流れていました。
今年は日本の曲は何か流れていたでしょうか?ご存じの方がいたらぜひ教えていただきたいです。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
 ←こちらも新しく登録しました。

ブルージュでメーデー

2005年のGWにフランス、ベルギー、オランダをダンナと2人で旅しました。
ベルギー滞在中のことです。旅行中は曜日の感覚がなくなりますが、その日が祭日だということもすっかり頭から抜け落ちていました。

Scan10018ブリュッセルから列車に乗ってブルージュに到着し、駅で借りた自転車に乗って旧市街へ入っていったときのことです。通りの向こうからブラスバンドの響きが聞こえてきました。
何だろう?と、自転車を止めて待っていると、メーデーの旗を掲げたパレードがやってきました。

街角が明るく賑わい、実に楽しそうな雰囲気です。
Scan10012地図を見て、パレードがブルージュの中心部マルクト広場に向かっていると直感した私たちは、自転車を走らせ先回りしました。

やってきました。
晴れ渡った空の下、太陽の光を金色に反射させた楽器を奏でながら、メーデーの行進です。次から次へとやってきます。

Scan10013_1うわあ、カッコイイ! 
軽快なリズムに、心がうきうきしてきます。
思いがけず遭遇したお祭りに嬉しくなって、何度もシャッターを切りました。

ブルージュ(ブリュージュ、ブルッヘとも。勿論、世界遺産。)はとても美しい街です。
Scan10016 フランドル地方にある「水の都」ブルージュ。水運で栄えたこの街は「北のベニス」ともいわれたそうで、縦横に巡らされた水路が今でも残っています。旧市街は「天井のない美術館」ともいわれる中世の街並みが残っています。

この後、私たちは鐘楼に登って街並みを眺めたり、運河クルーズや郊外のサイクリングを楽しんで、ほんの半日でしたがブルージュ滞在を満喫しました。

5月1日、今年はウチの近所をベビーカーでヒデ坊とお散歩かな。
ブルージュのメーデー、今の私にはもう夢のような体験でした。
またいつかきっと花いっぱいのGWにヨーロッパに行きたいな。今度はヒデ君と一緒にね。

 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。

チューリップ天国 ~キューケンホフ公園~

春の花が咲き乱れる季節になると思いだす旅があります。
Turip20012005年春のベルギー・オランダの旅。

特に花いっぱいと言えば、オランダのキューケンホフ公園
夢のように美しい公園です。

世界中から観光客が集まります。
日本でも近年は春のヨーロッパツアーパンフの表紙はここが定番になっているようです。

Photo_7 初めて訪れたのは、2001年。
ポルトガルに一人旅したとき、KLMオランダ航空を利用し、トランジットでアムステルダムに1泊しました。

アムスは以前エジプトに行ったときもトランジットステイしてすでにアンネの家やゴッホ美術館をみていたので、ちょっと足を伸ばしてキューケンホフ公園に行ったのです。

Turip2 あまりの美しさにまた来ようと思いそこを後にしました。
そして、結婚してからダンナを誘って行ってきました。

ドブロヴニクでは嵐に遭いましたが、この旅はほとんど晴天に恵まれました。
Turip3 旅は多少コストがかかってもベストシーズンが一番だなあと実感。

今度は子供を連れて行きたいです。

クロアチア旅行記が終わったらベルギー・オランダの旅行記でも書こうかなと思います。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ