最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

書籍・雑誌

「までいの力」届きました

福島県飯舘村のルポ本、「までいの力(ちから)」、届いたらレポートすると言っておきながら一月以上が過ぎてしまいました。

P1030593_2もうかなり前のことになってしまいましたが、実は連休の頃に届いていました。

届いてすぐ、本を開いて、最初の1ページに心が痛みました。

「ここには2011年3月11日午後2時46分以前の 美しい飯舘村の姿があります。」

と、書いてあるのです。

失われてしまった日本一美しい村。

 

さらに、中を読んでいくと、泣きそうになりました。

正直言って、心を打つような名文というわけでも、感動に打ち震えるような美しい写真の連続でもありません。

淡々と、飯舘村の「頑張って」きた姿をルポしているだけです。

それは、原発事故さえなかったら、今でもそうであっただろう、素朴で一生懸命な村の歩み。

採れたての野菜や、村で搾った牛乳や・・・村内産100パーセントを目指したという給食の話。
今では、無理です。夢物語。

都会の人たちを呼んでの田舎体験イベントの様子。
村人すら、退避しなくてはならなくなりました。

パパの育休制度や、若妻のヨーロッパ派遣、子供たちの沖縄研修旅行、小さな村だからこその大胆で決め細やかな施策の数々。

こんなに頑張ってきた村の人たちが、美しい村を追われて、これから先の見えない日々をおくっているのです。

福島第一原発事故の影響で、高い放射線値のため「計画的避難区域」となり、図らずも全P1030596国で一番有名な村の一つになってしまった小さな村。

この、子供たちの笑顔を取り戻すためにも、これからもできる範囲で応援していきたいと思います。

 

 

までいの力

■ SEEDS(シーズ)出版、 飯舘村  
■ A4変 カラー 120ページ
■ 2011年4月11日 発売 (4月18日第2版が届きました。)
この本の収益はすべて飯舘村の復興のために役立てられるとのことです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

今、白洲次郎

サイドバーの「読んだ本」に北康利:著『白洲次郎 占領を背負った男』を紹介していますが、お気づきの方もいらっしゃいましたでしょうか?
かれこれ2年以上前に読んだのですが、今でも「面白かった~!」という記憶が鮮明な本です。

その、白洲次郎のドラマを今週末にテレビで放映するとのことで、楽しみです。
上記の本を原案にしているようです。
伊勢谷友介(白洲次郎)と中谷美紀(白洲正子)主演です。
全3部作とのことで、第1回は2009年2月28日21:00~10:30 NHK総合です。第2回は3月7日、第3回は8月の予定だそうです。

私、実は滅多にテレビを見ません。
でも、これは面白そうです。ぜひ見よう。
しかし、チビ共が見せてくれるはずはありません。
ダンナに録画予約をお願いしました。

白洲次郎、今は絶滅してしまった(?)カッコイイ日本人だなあと思います。

先日、ある方の告別式に出席したら、故人が白洲次郎の遺言の「葬式無用 戒名不用」を実行してほしいと言い遺されたと紹介されていました。そんなわけで、告別式も読経とかのない「お別れ会」でした。
故人の愛読書はコレ(↓)だったとか。

以下、サイドバーの感想をそのままコピーです。
(読んだ当時の感想です。)
☆☆☆

北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。

☆☆☆

自分が推薦しているモノが世間で評価されるのはとても嬉しいことです。
「おくりびと」に引き続き、ちょっといい気分・・・な私でした。

 
人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 

うしろにいるのだあれ みなみのしまのなかまたち

週末のある日。
ヒデ(2歳2ヶ月)をお昼寝させようと画策した両親です。
「いい子にしてお昼寝すると、起きたときにピンポーンって来るよ、きっと。」

「ピンポーン」とは、宅配便や郵便配達のことです。宅配が来ると自分のものだと思っているヒデ。荷物の中は「えほんかなあ~?」と期待します。

さて、両親の思惑通りにお昼寝をしたヒデ。
私たちも約束を守らなくてはなりません。

お目覚めしたヒデの隙を見て玄関から外へ出てピンポーン。
ダンナにこっそり絵本の包みを渡します。

080907_1541 実は、もうすでに届いていたのをヒデに隠していたのですが、先日の記事で「当たるといいな」と書いたモラタメさんの『うしろにいるのだあれ みなみのしまのなかまたち』(幻冬舎)が当選したのです。

「えほんだ~」と躍り上がるヒデ。
ほんとに絵本が大好きです。

早速、パパに読んでもらいました。

最初の「ぼく」はヤンバルクイナです。沖縄の動物達が出てきます。

「うしろにいるのだれかな?」
ヒデは得意げに「かめー」「かにー」などと大きな声で答えます。080907_1540

ジュゴンはわからなかったようですが、「かばみたーい」とか「いるかさんみたーい」などと 言っています。
子供の柔軟な感性ですね。

タツノオトシゴが一番難しかったようですが、もう「たちゅおとしごー」と時々言えるように。

なんといってもお気に入りの『うしろにいるのだあれ』シリーズなのでハズレは無いだろうとは思いましたが、やっぱり大喜びでした。

Usironiiruno このシリーズ、著者はふくだとしおさんとあきこさんご夫妻。
愛子様のお気に入り絵本としてもブレークしましたよね。

ヒデはもう、すっかり気に入って、月曜日の朝も起きだすと「これよむ~」とこのヤンバルクイナの表紙の絵本を抱えて持って来ました。

さあ、これで覚えた生き物達を見に、近い将来、沖縄に行こうね。
 

モラタメって?》
新商品を抽選で
モラったり、先着で(送料等一部費用を払います)タメしたりするサイトです。感想をコメントしたり、トラックバックしたりするとポイントももらえます。
今回はモラのほうです。
詳しくはこちら▼をご覧ください。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、それなりに頑張っています。

本日発売

ハリーポッター最終巻の日本語訳『ハリーポッターと死の秘宝』、本日発売ですね。

入院中(あんなに時間がたっぷりあった日々が今では懐かしいくらいです。)に原書を読破したので、一足先に楽しんだ私。
ハリポタファンの友人に羨ましがられていましたが、それも今日までですね。
あらすじをだれかに喋りたい~というのを我慢するのも今日までです。

ハリーの逃亡生活や、スネイプが校長になったホグワーツについてとか、「死の秘宝」のうちひとつはハリーが・・・とか、ヴォルデモートとの対決がどうなるかとか。
まあ、いろいろもっと喋りたいんですけど。ネタバレになるのでやめておきます。
↑ハリポタに興味が無い人には意味不明ですが・・・。

ハリポタの大ファンである友人は今日、予約購入して一日中読むのかなあ?
後でメールをしてみようかなと思います。
今までのパターンだと、一日何もしないで読みふけって、今日の夜か明日には誰かに喋りたくなっているはずです。聞いてあげましょう。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、なぜか結構頑張っています。

入院中の読書記録

080315_1201入院中は、安静が必要ですが、基本的には元気なのでひたすらヒマでした。

で、何をして過ごしたかというと、読書三昧。

テレビはもともとあまり見ないし、設置してある場所がベッドから近すぎて角度的に見づらく、疲れます。それに9時に消灯なので数少ないみたいと思う番組はほとんど消灯後。そんなわけでテレビはそれほど見ませんでした。

さて、読んだ本。今回は下記のラインナップです。

1 『ローマ人の物語』 塩野七海 (新潮文庫)
   第24巻~第31巻
 ※ 読むヒマがなくてたまっていいたのが何冊か。続きはダンナに頼んで買ってきてもらいました。

2 『下流社会第2章』 三浦展 (新書)
 ※ 買ったばかりで通勤バッグの中に入っていました。

3 『トルコで私も考えた』 高橋由佳利 
 ※ 前から読みたいと思っていた本(マンガですです)が、たまたま見つけて先日買ったのをダンナに家から持ってきてもらいました。

4 『バックパッカーパラダイス』 さいとう夫婦 
 ※ これも前から読みたいと思っていた本(マンガですです)が、最近amazonで買っていたのでダンナに家から持ってきてもらいました。

5 『むかし僕が死んだ家』 東野圭吾 (講談社文庫)

6 『天使の耳』 東野圭吾 (講談社文庫)

7 『仮面山荘殺人事件』 東野圭吾 (講談社文庫) 
 ※ ダンナが東野圭吾にハマっています。読むものがなくなったので何か貸してと頼んだら持ってきてくれました。

8 『輪違屋糸里』(上・下) 浅田次郎 (文春文庫)
 ※ これもダンナの本ですが、まだ読んでいないのであらすじは喋るなと言われました。

計15冊余りですね。

日頃は読みたいと思ってもなかなか読む時間がないので、ちょっと嬉しくて、むさぼるように読みました。
前回の入院時とあわせて、大作に挑戦できたのも収穫です。
 
残念なのは、書店に買いに行けないので、欲しい本がすぐに手に入らなかったことですね。
今度は本を買いだめしておきましょう。
でも、もう入院は勘弁してよねとダンナにも言われているし、自分もこりごりなので、買った本はいつ読みましょう?というのが問題です。


人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
 ←結構頑張っているようです。

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ