最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

日記・コラム・つぶやき

福島から反省をこめて

今日、関西地方で大きな地震がありましたね。

朝のニュースを聞いて目が覚めました。

震度6弱・・・あの日と同じくらい揺れたんだ・・・。

けれど、ニュースの時間以外は、今朝そんなことがあったのを、忘れている自分に気がつきました。

そうかあ。・・・反省。

東日本大震災のことを、被害者以外の人たちが忘れていくのも、仕方がないのかもしれません。

 

「風化」

それは、当事者以外にとっては、当たり前のこと。

むしろ、今でも心にかけてくださる人たちにこそ、感謝しなければなりません。

福島からの反省でした。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

支援物資

台湾の友人から「支援物資」が届きました。

(ちょっと前の春ごろの話ですが。)P1050405

ヨーロッパに住んでいる友人ですが、台湾に帰省したときに、彼女のお父さんが、「福島の人に何か送りたい」と言ったそうで。

台湾は、今回の大震災に当たって、世界でも最大級の義捐金を寄せてくださった地域ですよね。

いや、ウチは被災したわけではないのですが・・・。ということをご承知の上で、ビーフンを送ってくださいました。

「お店を開けるくらい送ったからね」とのメールで、ど、どうしよう、と思っていたら、こんな箱がどーんと届きました。

P1050419本場新竹のビーフンです。

 

福島のみなさんに、ということだったので、友人、知人に配っておりますが、まだ残っています。

 

さて、我が家でも、ビーフン料理を作ってみました。

さすが新竹ビーフン!P1050420

おいしいです!!!!

子ども達にも好評です。

 

私が作ることができるレシピは限られるので、これからビーフンレシピを研究しなくては、と思います。

 

なにより、友人とそのご家族の気持ちが嬉しくて、心から感謝しながら食べました。

 

ありがとう!

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

山車フェスタ

青森ねぶたを見てきました。

P1050898


でも、青森に行ったわけではなくて・・・。

秋田竿灯も見たり。

P1050893


でも、ここは福島です。

「ふくしま山車フェスタ」を見に行ったのです。

P1050868


福島市内の山車が集まって街を練り歩きます。

本来、秋祭りなどで各町内を練り歩く山車が、一堂に会するイベントです。

P1050860昨年は東日本大震災の影響で開催されなかったので2年ぶり。

復興応援で、今年はなんと青森ねぶたと秋田竿灯が参加。盛り上がりました。

我が家の子ども達も、「お祭り行く~」とはりきってお出かけ。

いとこたちと合流してテンションがあがります。

姫様は、最初は「太鼓、コワーイ」とビクビクしていましたが、途中からは、「ちょうちん持ちたい~」と、山車に参加したくなりました。

P1050911大きくなったらね。

 

ところで、私は恥ずかしながら福島にこのイベントがあることを今年まで知りませんでした。

昨年は中止だったとはいえ、数年前から毎年開催されていたそうです。

 

震災はつらいこともいろいろあるけれど、復興のため開催されるイベントなどで、知らなかった「ふくしま」をいろいろ発見できました。

 

P1050896

さて、我が家の子ども達、このお祭りでイイコトが。

この、ハネト(ねぶたの踊り手)さんたちから幸せを分けてもらいました。

P1050913
この、鈴をもらったのです。

写真で、見えるかなあ・・・。

ねぶたのハネトは鈴を身につけて飛び跳ねて踊ります。

昔、ねぶたを見に青森に行ったとき、「ハネトの落とした鈴を拾うといいことがある」と聞いて、拾おうと身を乗り出して見た記憶があります。

 

今回は、拾ったのではなく、実はハネトのお姉ちゃんが子どもたちに手渡してくれたのです。

こどもたち、鈴を、大事に大事に手に握って帰りました。

一足早い夏祭りを堪能して、家に帰ったら疲れたのか、お風呂の途中から居眠り・・・。

お祭りの夢を見ながら?ぐっすりでした。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

金環日食

今週初めに話題になった金環日食。

日本国内の観察の北限地は、なんと、福島県!

とはいえ、ウチのあたりだと北限より若干北で、90数パーセントの欠け率とか。

それでも、世紀の天体ショー、ぜひ見ようと観察グラスも購入し、待っていました。

 

5月21日月曜日。

ところがっ、朝起きたら、曇っている・・・。

なぜ? 天気予報では、晴れではなかったの?

テレビでは、「始まりました!」って中継しているけれど、ここは雲が厚いぞ。

うらめしそうに東の空を眺める我が家族。

 

テレビでは皆、興奮気味に見ているじゃないですか。

うらめしや。

もう、だめか、と思い始めた頃です。

あれ、少し明るくなってきた?

雲の向こうに、見えないかな?

観察グラス越しでは、全く見えません。

でも、明るい・・・雲の切れ間を見上げると、月のような太陽がちらっと見えました。

P1050790

ちょっと、感動。

だけど、これじゃあ、2009年に見た部分日食とあんまり変わらない・・・。

 

日食観察グラス、結局ほとんど使いませんでした。

次回の日食までなくさないようにしまっておかなくちゃ。

・・・って、次回って、いつ?

2030年6月1日に北海道で金環日食が見られるそうです。

うーん、ちょっと先だなあ。

 

やっぱり今年11月14日のケアンズの皆既日食を見に行くしかない?

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

「あの日」から1年

あの日から1年がたちました。

 

家族は無事だったし、家がなくなったわけではないけれど、

ここ福島では、あの日から全てが変わりました。

 

我が家では何も失っていません。物理的には。

けれど、いろいろなことが変わりました。

120311_193331

「あの日」以降、

「がんばろう!」というキャッチコピーが街にあふれました。

「絆」というコトバが乱発されました。


 

あの日、「3.11」から一年。

いろいろ、思うことがある一日でした。

だけど、あまりにもたくさんのことを思い、

言いたいことも、たくさんあふれるほどにあって、

でも、日常に忙殺されて、

いろいろと考えているうちに 、

あの日から一年の、「その日」は終わってしまいました。

 

 

「その日」、あなたは、何を思いましたか?

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

今頃ですが・・

今更ですが、今年もよろしくお願いします。

気がついたら、あっ!という間に1月も後半です。

「当たり前」の大切さに気づかされた昨年の大震災とそれに続く日々。

今のところ、忙しいけれど、穏やかに過ごしています。

ここ福島で「穏やか」とは信じられない方もいるでしょうけれど。

 

さて、とはいえ、福島。

P1040941福島ならではの「非日常」な日常の一コマ。

これもまた、今頃ですが・・・。

少し前に、子ども達のガラスバッジの第2回目の測定結果が届きました。

(前回、第1回目の記事はこちら

今度は1ヶ月ではなく、10月と11月の2ヶ月です。

結果はヒデが0.1、姫さんも同じく0.1ミリシーベルトでした。

前回も書きましたが、0.0・・未満の数値は切捨てです。

ヒデは9月1ヶ月間の結果も0.1。

でも、これが、0.11なのか、0.19なのか、わからなかったのです。

今回、2ヶ月で0.1だったことから、積算量が徐々に減っていることを考慮に入れても、前回は0.11に限りなく近かったのではないかと推定できました。

少し安心です。

今回の値を今後1年間積算していっても、年間被ばく量は1ミリシーベルト未満。

外部被ばくに限っていえば、福島に暮らすことのリスクは気にしなくていいレベルになってきました。

 

さて、内部被ばくはどうなの?という疑問に向けて、今度はこんP1040942なものが郵便受けに。

小さくて見えにくいと思いますが、ホールボディカウンター検査のお知らせです。

いよいよ来たか、という感じ。

平日に希望の電話をしなくてはならないのが、ワーキングマザーにとっては難ですが。

福島の「当たり前」でない「日常」。

それもまた、発信していこうと思います。

P1040793

早く、こんなことを気にしないで暮らせるようになるといいのですが。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

ありがとうの一年

2011年は、あまりにもいろいろなことが起きた一年でした。

東日本大震災とそれに続く原発事故。

 

実のところ、人生観や価値観がひっくり返されるような年でした。

 

ライフラインがなかなか復旧しない中、物資が途絶えて、戦後の物資不足を想起させるような日々。

せめて子どもに食べさせたいと、バナナを1本、パンを1個、大事に買って帰った日々。
現代の日本でそんなことが実際に起こっていたと、想像できますか?

津波の被害があった地域ではもっと悲惨な状態だったのです。
私の生まれた街には、津波が押し寄せました。

 

何を信じていいのかわからない、情報が錯綜した日々。

いまだに誰も確実なことはわからない、放射線との闘い。

 

けれど、そんな年でも、いや、そんな状況だからこそ、人の心の温かさをたくさん感じることができました。

 

今回の震災を受けて、友達って本当にありがたいと感じることがいっぱいありました。

 

地震の直後、中国地方に住む友人が、自宅においでよ、と言ってくれました。

イタリアの友人も、遠いけれど、イタリアに来たら雨風はしのげるから泊めてあげると。

首都圏の友人達が何か送るよ、ほしいものはないかと聞いてくれました。

なんとなく忙しくて文通が途絶えていた友人から、久しぶりに、大丈夫?との手紙が来ました。

 

県内の友人たちは一緒に頑張っています。

最近になって、メールで励ましあった近くに住む友人達と会う時間も少しできました。

 

みんなみんなありがとう。

ブログ仲間の皆さんのコメントにもじーんと来ました。

更新も滞りがちなのに、みんなときどき遊びに来てくださり、感謝しています。

 

私は、ひとりじゃない、そう思い、頑張っています。

 

実際、この一年、頑張ったなあ、と思います。

心休まる時間が持てない中、休みも十分に取れずに走り続けた一年。

よく倒れなかったと、思うくらいです。

 

それも、私を支えてくれるたくさんの人たちがいたから、頑張れたのです。

 

 

悲惨な一年だったと、そんな記憶だけを残したくない、ありがとうの気持ちを思い出したい、そう思い、2011年をありがとうの一年として、年末のご挨拶とします。

 

ありがとう。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

家政婦が来た!?

アパートから新居に移って、約一月になる頃・・・我が家に凄腕の「家政婦」がやってきました。

その名は、「ルンバ」。

そう、あの、お掃除ロボットです。

P1040634

いやー、スゴイ。

「なんでもっと早く買わなかったんだろう」ってみんなレビューに書き込みしているけど、ホントです。

仕事から帰ってきたら、家がピカピカって、めっちゃ気持ちいいです。

まるで家事サービスを頼んだかのよう。

休日も、1階でアイロンがけをしたり、お茶を飲んだりしている間に、2階のお掃除をしちゃうんですよ。

もう、手放せません。

 

ダンナさんは(休日のお掃除係だったためか)ルンバをとってもかわいがっています。

ぴぽっ、とドックに戻っていく姿を見ながら、「カワイイヤツだなあ」と呟いています。

ついに、まるで犬に小屋を作ってやるように、「ルンバのおうち」を作ってあげました。

玄関のシューズボックスの下。絶妙な場所です。(上の写真の場所です。)

さて、いいことづくめのルンバですが・・・。

一つ問題があるとすれば、我が家の3歳児と相性が悪いということ。

「ルンバ、かけるよ!」と言うと、娘さん、悲鳴を上げて逃げ出すのです。

なぜそこまで怖がるのか・・・全くの謎です。

普段は気が強い娘なんだけれど。

 P1040632

 

ルンバはそんなことは気にも留めず、黙々と働いています。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

 

ご参考までに、以下は我が家で比較検討したお店です。選定はダンナさんに任せました。
リファービッシュ品などは30,000円切っている商品も散見されます。

3歳になったよ!

かなり久々の更新です。

仕事もプライベートもバタバタして、10月も気づいたらもう終盤に入ってしまいました。

 

10月の初めに我が娘、3歳になりました。

P1040407

「お誕生会しよう!」と、仕切り始めた姫さん、頭に冠を載せ、トトロの「さんぽ」を自ら口ずさみながら「入場」。

ヒデ兄ちゃんも、入場の歌を一緒に歌ったり、主役の姫様に「インタビュー」したり、誕生会を一緒に進めます。

どうやら保育所の誕生会のマネをしていたようです。

 

我が家のひまわり娘、ますます明るく育っています。

  

ところで、背景が変わったことにお気づきでしょうか?

(ちなみに昨年の誕生日の様子はこちらです。)

 

先月、引っ越したのです。

・・・って、すぐ近所ですが。

実は新築いたしました。

そうです。ここ、福島で。

  

もともと、地震の直前に新築することは決定していたのですが、こういう状況なのでちょっぴり延期していました。

予定通りであれば、初夏には住んでいたはすの家が、秋に入ってから完成しました。

アパート暮らしから、戸建てに引っ越して、子ども達は大喜び。

「あたらしいおうち、だいすき。だって、ひろいんだもん。」との娘さんのコメントです。

 

ちなみに新築なので、家の屋根に積もった放射性物質はありません。

雨どいもきれいです。

とはいえ、心配なので、ガイガーカウンターで放射線値を測りました。

低かったです。

家の中にいる限りは、おそらく、全く問題のないレベルです。

正直言ってほっとしました。

  

そう、忙しかったのは、プライベートでは引越しのため。

仕事でも忙しくなって、もう、ぐるぐると目を回していたこのひと月でした。

姫さんも3歳になっちゃって。

気がつけば、秋も深まっていました。

引越しのお知らせ葉書も出さぬ間に、年賀状の季節が近づいているので、焦ってきたこの頃です。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

ガラスバッジ

P1040290 9月に入ると同時に、保育所からこんなものが配布されました。

ガラスバッジという代物です。

ニュースでご覧になった方も多いかと思います。

市町村によりますが、福島県内のほとんどの子ども達に配布されたようです。 

一緒に配られた説明書によると、「放射線医療従事者、原子力発電所作業者等 放射線利用産業従事者」の「職業上の放射線被ばく線量の測定」のために開発されたものだそうです。

要するに外部被ばくの積算線量をはかるものです。

これを幼児を含む子ども達が持たなくてはならない状況って・・・。
というか、今頃になって計る必要ってどうかとも思いますが、まあ、お守りか安心材料になれば、と願っています。

子ども達は先生に言われたとおりに、リュックのポケットにしまっていました。

先週末、スーパーなどでこれを首から下げた子どもたちを何人か見かけました。
自分の子でなくとも、その姿を見るたびに、心が少し痛みました。

 

このガラスバッジには数字は表示されません。
1ヶ月後に回収され、その後、結果が通知されるそうです。

たいした数値が出ないことを祈りつつ、子どもに持たせる毎日です。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

より以前の記事一覧

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ