最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

旅行・地域

ドブロヴニクからの葉書

Postcard1 我が家のリビングには何枚かの絵葉書が飾られています。

その中の一枚にドブロヴニクから届いた葉書があります。

2004年に旅したとき、宿泊した民宿(sobe)に、一緒に撮った写真を添えてお礼の手紙を送ったところ、返事として届きました。

私たちは確かにこの風景の中に滞在したのです。

一年ほど前のことですが、郵便受けにこの葉書を見つけたとき、アドリア海の風を思い出し、何とも懐かしく幸せな気分になりました。

アドリア海の風と言っても、これがまたものすごい大嵐の思い出なのですが。それでも 私たち夫婦にとっては忘れがたく素晴らしい旅の一ページなのです。

Postcard2リビングに我々を招き入れ、コーヒーはどうだいとすすめて、若い頃は船乗りだったので日本にも行ったことがあるんだよ、と昔語りをしてくれたおじさん。

雨の中を観光に行こうとする私たちに、心配そうに雨傘とレインコートを貸してくれたおばさん。

大嵐の情報を教えてくれたり、飛ばないのではないかと心配したザグレブ行きの飛行機についてアドバイスをしてくれた英語が堪能な娘さん。

葉書を見ると、やさしかった民宿の家族のひとりひとりの姿が思い出されます。

雨の中、旧市街を駆け回る私たちに、今度は夏においでよ、ドブロヴニクは夏はほんとに素晴らしいんだ、とおじさんは申し訳なさそうに何度も言いました。

嵐の中でもドブロヴニクは十分に素晴らしい街でした。旧市街のオレンジ色の屋根が奇跡のような一条の日差しを浴びて光り輝くのを城壁の上から眺めたときは、感動にうち震えました。

葉書には、またいつでも来てくださいね、とあります。

何年か後に、今度はおじさんが薦めた季節、夏に子供を連れて行きたいと思います。


◆クロアチア旅行記の目次はこちら
 

旅立ちの2月 ~私が旅人になった時~

2月は、私にとって一人旅デビューの思い出深い季節です。

今から十数年前の2月7日、私は一人で成田空港から悪名高いアエロフロートでパリに向かって飛び立ちました。

搭乗予定のアエロフロートはいきなり6時間も出発が遅れるし、当日中にパリ着の予定が、いきなりモスクワで一泊する羽目になるし、初心者の私は先を思いやると不安で一杯になっていました。

更に、シベリア上空では寒くて凍死そうだったし、モスクワのシェレメチボ空港は電力不足なのか消灯時間なのか真っ暗だったし。説明なしに等しい状態でトランジットホテルに送り込まれたときは、もうよれよれで夜中に吐きました。

今、思い出すとなかなか笑える体験の連続でしたが・・。

現在はモスクワのトランジットステイは有料らしいですが、この当時は、こういうハプニングの時はもちろん、乗り継ぎの都合で宿泊するときも無料でした。

翌日、(出発までにさらにいろいろありましたがそれはまた後日。)モスクワを飛び立ってパリに着いたとき、パリの街の何と美しかったことか。

Paris1_2 凱旋門が見えたとき、「わぁーパリに来たんだ!」と興奮して、思わず考えなしにバスから飛び降りてしまいました。これはそのときに撮った写真です。

「私はこの風景を一生忘れないだろう」と当時、旅日記に書いています。

ここから旅を始めて、帰路はエジプトのカイロ発のオープンジョーのチケットにしていたのですから、無謀な旅のビギナーでした。どうやってエジプトまで渡ろうとしていたのか・・・。

今、見てみると、あの時の旅の写真は、一枚一枚が自分でもはっとするくらいきれいに撮れているのが不思議です。あんな、気持ちがしっかりと入った真剣な写真は、もう二度と撮れないなと思います。

あれから何度もいろいろな土地に旅し、貴重な体験を重ねてきました。しかし、旅に慣れると共に失ってしまったものもあったのだなと、ふと気付きました。

あの旅は、もう二度と体験できない、見るものすべてに感動しながら新鮮な目で旅した懐かしい記憶です。

★これから、折を見て、育児日記の合間に旅日記を書いていきたいと思います。

旅も育休中

ついにブログをはじめました。

旅のページを作るはずが、昨年夏に出産し、お仕事だけでなく旅もお休み。当分旅も育児休業です。

と、いうわけで、たぶん育児日記になるんだろうなあ、このブログ。

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ