最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 東京ドームホテル | トップページ | おうちで中華 »

「あの日」から1年

あの日から1年がたちました。

 

家族は無事だったし、家がなくなったわけではないけれど、

ここ福島では、あの日から全てが変わりました。

 

我が家では何も失っていません。物理的には。

けれど、いろいろなことが変わりました。

120311_193331

「あの日」以降、

「がんばろう!」というキャッチコピーが街にあふれました。

「絆」というコトバが乱発されました。


 

あの日、「3.11」から一年。

いろいろ、思うことがある一日でした。

だけど、あまりにもたくさんのことを思い、

言いたいことも、たくさんあふれるほどにあって、

でも、日常に忙殺されて、

いろいろと考えているうちに 、

あの日から一年の、「その日」は終わってしまいました。

 

 

「その日」、あなたは、何を思いましたか?

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

« 東京ドームホテル | トップページ | おうちで中華 »

コメント

おはようございます。
きういさんのこの記事、3月11日から実は何度も読んでます。
読んで、なんと言葉にしていいのかわからず、今日まで来ています。
いまでも何をどういっていいのか正直わかりません。

以前、きういさんが言ってくれたように、「今この瞬間も被災して辛い状況で生活している人たちがいること、放射能の恐怖にさらされているひとたちがいること」を忘れないようにはしているものの、私がしているのはただそれだけ。
何かしたいと思いながら、自分の生活しか考えていない自分がふと怖くなる。
これではいけないと思いながら、当たり前の日常が平和に過ぎていく。

たくさんの報道が流れる中で、震災被害にまったく終わりが見えないことを痛感。先が見えない状況で「復興」だの「頑張ろう」だの、残酷な言葉のようにも感じました。

うまく言葉になりませんが、自分が感じた「何か」を忘れずに日々丁寧に想いを馳せて過ごしていきたいなと思います。

子供さんたちはどうですか?見えない傷が怖いですよね。
子供たちが健やかに育っていくことを願ってやみません。

→yuyuさんheart
ありがとうございます。
被災地のことを忘れない、それだけでも私たちには応援になるのです。
一番怖いのは、無関心と風化です。

「がんばろう」があふれて、もう頑張っているんだよ、と疲れてしまうこともありました。

あまりに悲惨な状況に、立ち上がるのさえ難しい人もいます。
恨みつらみを言ってばかりで自分では動かない人もいます。

でも、いつまでもくよくよしているのはダメだと思うのです。
できることから、前を向いて進んでいく。
それが、私たちにできる「復興」の一歩なのです。
そんな姿を「見守る」それが、一番身近にできる「応援」の形だと私は思っています。

日常の中で、ふと思いを馳せていただく瞬間があるということは、とてもありがたいことです。

そして、「当たり前」の幸せを、大事にしていただけたらなと思います。

こんばんは。
遅くなってしまいましたがこちらの記事にコメントさせて頂きたく思います。

「あの日」から一年。
ちょうど今年の11日は出勤日で、地震発生時刻には社内でささやかながら黙祷を捧げさせて頂きました。
「がんばろう」という言葉が、何をどう頑張ればいいのだろう、どのようにこの悲しみを乗り越えればいいのだろうと被災者の方々には感じられる事も多かった一年だったと思います。
大切なご家族を亡くされた方々のこの一年。
原発問題で故郷を追われた方々のこの一年。
私なんかが想像できる以上に辛い一年を過ごされた事、その事実を忘れないようにすることしか出来ないけど、自分なりに震災を通して感じた事、当たり前の幸せを噛みしめて・いきたいと思います。

↑インフル大変でしたね!!ヒデくんその後ご様子いかがでしょうか?
インフルって熱が下がると元気になるけど、しばらくはまだ外出出来ないのが子供さんにとってもストレスになりますよね(>_<)
ヒデくん、これを機にママにいっぱい甘えてね~(*^_^*)

→ぎゅうまおママさんheart
こちらこそ、ご無沙汰してしまいました。

あの日から1年。
全国で、震災が風化していくのが怖いなと思うこの頃です。
福島がニュースになるのはネガティブなことばかり。

三陸などに比べると、ハードルは高いけれど、復興のために頑張っている人たちがいることも、心の片隅に覚えておいていただけると嬉しいです。

当たり前の幸せを大事にするきっかけに、「あの日」を、そんな日にしていただけたらと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/54184141

この記事へのトラックバック一覧です: 「あの日」から1年:

« 東京ドームホテル | トップページ | おうちで中華 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ