最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« ガラスバッジ~結果~ | トップページ | 今頃ですが・・ »

ありがとうの一年

2011年は、あまりにもいろいろなことが起きた一年でした。

東日本大震災とそれに続く原発事故。

 

実のところ、人生観や価値観がひっくり返されるような年でした。

 

ライフラインがなかなか復旧しない中、物資が途絶えて、戦後の物資不足を想起させるような日々。

せめて子どもに食べさせたいと、バナナを1本、パンを1個、大事に買って帰った日々。
現代の日本でそんなことが実際に起こっていたと、想像できますか?

津波の被害があった地域ではもっと悲惨な状態だったのです。
私の生まれた街には、津波が押し寄せました。

 

何を信じていいのかわからない、情報が錯綜した日々。

いまだに誰も確実なことはわからない、放射線との闘い。

 

けれど、そんな年でも、いや、そんな状況だからこそ、人の心の温かさをたくさん感じることができました。

 

今回の震災を受けて、友達って本当にありがたいと感じることがいっぱいありました。

 

地震の直後、中国地方に住む友人が、自宅においでよ、と言ってくれました。

イタリアの友人も、遠いけれど、イタリアに来たら雨風はしのげるから泊めてあげると。

首都圏の友人達が何か送るよ、ほしいものはないかと聞いてくれました。

なんとなく忙しくて文通が途絶えていた友人から、久しぶりに、大丈夫?との手紙が来ました。

 

県内の友人たちは一緒に頑張っています。

最近になって、メールで励ましあった近くに住む友人達と会う時間も少しできました。

 

みんなみんなありがとう。

ブログ仲間の皆さんのコメントにもじーんと来ました。

更新も滞りがちなのに、みんなときどき遊びに来てくださり、感謝しています。

 

私は、ひとりじゃない、そう思い、頑張っています。

 

実際、この一年、頑張ったなあ、と思います。

心休まる時間が持てない中、休みも十分に取れずに走り続けた一年。

よく倒れなかったと、思うくらいです。

 

それも、私を支えてくれるたくさんの人たちがいたから、頑張れたのです。

 

 

悲惨な一年だったと、そんな記憶だけを残したくない、ありがとうの気持ちを思い出したい、そう思い、2011年をありがとうの一年として、年末のご挨拶とします。

 

ありがとう。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

« ガラスバッジ~結果~ | トップページ | 今頃ですが・・ »

コメント

明けました。年が新しくなりました。
時間は進みます。
今年も、ゆっくり、ゆっくり進んでいきましょう。

いつも、どこかで応援しながら、一緒に頑張ってますよ♪

すべての人にとって
いい年でありますように。

お久しぶりです。
きういさん、そしてご家族の皆さん、被災された方々にとって私達の想像以上に大変な1年だったと思います。
きういさんが言われるように、悲惨な1年だったという思いだけではなく人が生きていくための助け合いや、つながりがどれだけ大切であるのか…、当り前と思っていた日常や、物資、水道、電気、ガスの供給がどんなに貴重であるのか…多くの人たちが改めて考えることが出来たと思います。

私は今でも家族が夜に揃うと、一日無事だったこと、家族が一緒にいられることに心から感謝しています。
あの日、人生で経験したことがない大きな地震と頻繁に繰り返す大きな余震・・・家族みんながバラバラで連絡も取れない状況の中での不安と恐怖は今でも忘れません。被災地の方々の恐怖に比べれば、本当に小さなことかもしれませんが。


きういさん、これからも応援しています。そして心から落ち着く生活に一日も早く戻りますようにお祈りしています。
今年もよろしくお願いします。

きういさん、お久しぶりです。ブログ更新嬉しいです。

2011年という年がこのようなものになるとは誰もが思わず、新年の希望でいっぱいだった一年前。
現実として受け止められない悲しい出来事の数々、誰が想像できたでしょう。
現在も問題は山積みで、まだまだ情報(特に放射能や原発)が独り歩きし、何を誰を本当に信用していいのか分からない状態も多い中・・・
私自身も恐縮ながら当たり前の幸せがどれだけ大切かを身にしみて感じさせて頂くことが出来、また逆境の中で人とのつながりが濃くなっていくものなのだなということも感じさせて頂けました。
2012年、ゆっくりでも着実に事態が少しでも落ち着いていくよう心よりお祈り申し上げます。
どうぞ本年度もよろしくお願い致します。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
昨年は想像もできないような天災、人災続きで大変な思いをされている方がまだまだたくさんおられますよね。
流れるニュースを見るたびに胸を痛め、何もできないことを歯がゆく思っています。
子供たちが笑顔で安心して走り回れる、ごく普通の日常が早く戻るよう祈っています。
今年は明るい年になるよう願っています。
今年もどうぞよろしくおねがいします(*^_^*)

→GONさんfuji
ご無沙汰しています。
またまた時間が進んでしまい、一月も後半です(汗)

自分は一人じゃない、そう思えるだけで元気がわいてきます。
一緒に、頑張りましょう。

さえさんのお熱は大丈夫でしょうか?

→けいぴ~さんfuji
お久しぶりです。
けいぴ~さんも地震の直後にブログで書かれていたとおり、当たり前に家族が顔を合わせる時間がどんなに幸せなことなのか、実感させられた、そんな一年でした。
これからも地道に頑張っていきます。
今年もよろしくお願いします。

→ぎゅうまおママさんfuji
本当にご無沙汰しています。
一年前を思い起こすと、時間を戻すことができないことに悔しくて悲しくて・・・。
でもどんなに困難でも前を向いて歩いていかなくてはと、今年は決意しています。
今年もすでにブログをサボりがちになっていますが、よろしくお願いします。

→yuyuさんfuji
ほんとにご無沙汰しております。
ここ福島では、原発事故がまだまだ「収束」にはほど遠く、問題と向き合う日々が続いています。
でも、一歩ずつ、前に進みます。
今年はちょっと頑張って、旅行にも行きたいなと、目標を掲げています。
今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/51440873

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうの一年:

« ガラスバッジ~結果~ | トップページ | 今頃ですが・・ »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ