最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

小野川温泉 ~山形プチ旅行3~

子どもたちを遊ばせた後は、大人のお楽しみ。温泉です。

米沢市郊外の小野川温泉へ向かいます。

P1030449mini

泊まったお宿はここ。高砂屋さん。

小さなお宿ですが、秘密にしておきたいくらいのお気に入り。

今回は2回目の宿泊です。

何がいいのかと聞かれると、「ココがものすごいんです!」という感じではないのですが・・・総合的にいいんです。

何となく、気遣いを感じる宿なのです。

お風呂のシャンプー容器なども、温泉宿っぽくなくて趣味がいいし。

 P1030451

さて、中のご紹介。

まず、中へ入ると、趣のある玄関の空間が。

ここでは畳に座って足湯ができます。

この畳コーナーは子ども達が気に入って、夜、ここで折り紙をしたりして、まったりとくつろいでいました。

そして、今回泊まるのは、露天風呂つき個室。

P1030641

姫様、この湯上り用のコーナーが気に入って、気がつくとここに鎮座していました。

お風呂は、こんな感じ。

P1030639

お湯は少し熱めでした。

夕食はお部屋で、米沢牛のステーキつき。

お部屋の冷蔵庫には「還元水」があって、湯上りの水はおいしいです。

 

さて、ここで一つオチが。

実はこのプチ旅行、パパが仕事でドタキャン。

急遽、私の妹と子ども達を誘っての旅となったのでした。

誕生日間近の妹とその子ども達は私からのご招待にしました。

アクアスパのカプセルもあり、10分間無料の券つき。
腰痛持ちの妹は「極楽~」と言っていました。

 

パパが残念がったのは言うまでもありません。

リベンジを誓ったパパでした。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

600マイクロシーベルト

数日前のことです。

短時間で600マイクロシーベルトの放射線を被ばくしました。

たぶん・・・、大体の数字ですが。

 

でも、私が福島にいるからそういうことがおこったのではありません。

東京でも、大阪でも、沖縄でも、北海道でも、同じことが起こります。

私と同じことをすれば、あなたも、同じくらいの放射線を浴びます。 

 

なんだか、気持ちも悪かったです。

あれを、飲んだからかな?

あれ。

・・・バリウム。

 

私が何をしたのか、気がつきましたか?

 

健康診断で、胃のX線検査を受けたのです。、

  

なあんだ、と思ったでしょう。

 

ちょっと待って。

毎時0.1~1.0マイクロシーベルト程度の放射線の積み上げに怯えているのに。

600マイクロシーベルトをほんの数分で受けるのは平気?

 

毎時0.2マイクロシーベルト平均で浴びていたとして、外部被爆の累積が600マイクロシーベルトになるのには120日以上かかります。 

 

いや、普通に生活をしていて、年に3回もバリウムを飲むことはないでしょうけど。

この検診を受けないで胃がんを早期発見できないリスクと、このX線で発ガンするリスク、秤にかけてどう思いますか?

ちょっと複雑な気分になったけれど。

でも、こうして考えたらちょっと気が楽になりました。

 

福島に暮らしていると、どうもよけいなことばかり計算してしまって疲れます。 

いけない、いけない。

ストレスのほうが直ちに健康に悪影響を及ぼすんだっけ。

 

そうそう。

ついでに、50マイクロシーベルトの胸部X線検査も受けましたよ。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

ドリームランド2 ~山形プチ旅行2~

ドリームランド(山形県南陽市)をもう少し紹介しましょう。

姫さんがどんどん上って行った先は・・・

P1030622

この全長40メートルという長~い滑り台。

P1030605

上からは公園が一望できます。

平日(金曜日)とはいえ、かなりすいていたこの公園、なかなかの穴場です。

山形県民にも知名度が低いのかな?

P1030623

公式HPを見ると「南陽市中央花公園」という名称しか記載がなく・・・米沢の人に「ドリームランド」と言っても「?」だったのですが、そのせいでしょうか。

P1030621

大きな滑り台も貸切り。

これは親も一緒に滑れる広さです。

P1030626

ヒデは人工芝の上でサッカーに夢中。

 

米沢から南陽までは、建設途中で一部区間開通の高速道路が使用できますが、利用区間は完全に無料。

ワイナリーで有名な高畑を通り抜けて行きます。

ドリームランドで遊んで満足した子供たちを連れて、向かったのは米沢市の小野川温泉。

次回、ようやく温泉にたどり着きます。

 

【参考】 南陽市中央花公園HP

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

ドリームランド ~山形プチ旅行1~

子ども達が「お外で遊びたい」と言うので、山形県に出かけてきました。

とは言っても、ちょっと前。6月の話です。

P1030634

行く前に、「何をしたい?」と聞きました。

姫様は「シャボン玉。」

ヒデは「サッカー。」

P1030627

それぞれ、夢をかなえました。

ささやかな、夢だけど。

 

出かけた先は、山形県南陽市。

P1030611

その名も「ドリームランド」。

人工芝が暑くて蒸したけど、子ども達には夢の国。

「また行きたいねえ。」そう言われましたが、今のところ再訪していません。

 

さて、子ども達の夢の国の次は大人の天国、温泉へ。  

米沢市の小野川温泉へ向かいます。

温泉レポートはまた今度。

 

 

追伸:最近、重い話題が続いたので、ちょっとプチ旅行記でも、とアップしてみました。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

フクシマから想うヒロシマ

本日8月6日は、広島平和記念日。1945年、ヒロシマに原爆が落とされた「あの日」でしたね。

 

ものごころついてから、この日は、毎年、テレビやどこかの館内放送などに合わせて、黙祷はしてきました。

子どもの頃から、ヒロシマの原爆に関する本はたくさん読んできました。

広島は2回ほど訪れたことがあり、原爆ドームや平和記念公園にも行ったことがあります。

私は、おそらく、平均的な東北人としては、ヒロシマについての「知識」はそれなりにあるほうだったと思います。

けれど、ヒロシマについて、本当は何にもわかっていなかったんだ、と今頃になって再認識しています。

結局は、「ヒロシマの原爆」は、どこか遠い出来事、として心の中で捉えていたのだなと、気づいたのです。
ナガサキについても同じです。

それは、アムステルダムの隠れ家に潜んでいたアンネや、ポル・ポト政権に虐殺されたカンボジアの人々に対する感情と似ていて、義憤を感じ、繰り返してはならないと強く思いつつも、自分の存在するところとは別の時空の出来事のようでもありました。

「知識」としてはわかっていても、広島や長崎の被爆者の方々の思いは所詮、部外者にはわかりえない重い記憶なのだということ。

こうして放射線の恐怖におびえる日々になってから、初めて気づいたのです。

 

多分、いくら寄り添っても、私は広島や長崎の被爆者の方々の気持ちを完全に理解することは、これからもできないかもしれません。

けれども、フクシマがこのような事態になって、少しだけ、ほんの少しだけれども、わかったような気がしました。

勿論、原発事故と原爆を同じに論じることはできません。    

 

ただ、ここ福島にあって、こんなにも原爆忌を重く受け止めた夏は初めてでした。

  

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ