最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 人の不幸は面白い? | トップページ | フクシマから想うヒロシマ »

夏休みの動向 ~福島在住の友人達~

夏休みになりました。

福島から子どもがみんな消えたような報道がなされるので、多少不安を覚えつつも、福島に住んでいる高校時代からの友人達に「夏休みはどうしている?」とメールしてみました。

 

・・・みんな、自宅にいました。

 

「子どもが部活を休みたがらないんだよね。」

「いつもなら(夏休みは)しばらく実家に預けるんだけど、実家のほうが放射能高いみたいだしね。」

「末っ子(2歳になったばかり)は心配だけど、お姉ちゃん達の部活があって、長くは出かけられないんだよね。」

「子どもがスイミングスクールに行っているし、自分の仕事は忙しいし。」

理由は様々。

互いに福島に踏みとどまっているということを確認できて安心した様子の友人もいました。

いずれも不安を感じつつも、パニックにはなっていなくて、私もちょっと安心しました。

でも、多かれ少なかれストレスは感じているようです。

 

独身時代にはよく、旅行や、近場の温泉に一緒に出かけていた友人達です。

「久しぶりにみんなで会津の温泉にでも行かない?」と呼びかけ中ですが、仕事や子どもの部活動がネックになって、なかなか日程がまとまらないかも。

全員は無理でも何人かで集まって温泉に行ければ、またレポートできますね。

 

福島に暮らす一般市民の様子はこんな感じなんです。

全国に報道されているのは、ほんの一部の様子。

その事実も確認できて、私自身も少し安心しました。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村

« 人の不幸は面白い? | トップページ | フクシマから想うヒロシマ »

コメント

お元気ですか?
情報って、与えられるものをちゃんと自分で理解しないと人を傷つけるって日々痛感しています。
本当のことってどれなんでしょう?現状ってどうなってんだろう。最近はニュースに内容より、構成が気になります。
何を伝えたいのか、どう考えどうして欲しいのか。

流されない、でも無関心にならない。
振り回されない、でもよく考える。

知ることの難しさを感じるこの頃です。


ごめんね、愚痴っぽいコメントで・・・

私の周りはみんないない(涙)・・・夏休みにかけて残っていた少人数の友人達も避難。
ブログを書く意味すら見出せずになってきました。

先日、ゆーっくりきういさんの過去記事散策しましたよ^^海外大好きなので面白かった♪
かぶっている場所も多いですが、知らない場所も多くて・・・参考になりました(笑)
いずれ、娘達と三人でいろんな場所をめぐっていきたいです。

他県産のお野菜は値段がよい割には美味しくなくて・・・結局産直に戻ってしまいました^^;
もろきゅうもトマトも美味しかった!!知らず知らずのうちに、田舎暮らしだと舌が超えてるのですね~

→GONさんhappy01
情報の取捨選択の難しさ、ずっしりと重く感じるこの頃です。
メディア・リテラシーって難しいですよね。

震災後、特にいろいろなことを「自分で判断する」必要性に迫られることが多いので、時には心が悲鳴を上げています。
何を信じたらいいのだろう?

ネット上のデマでは我々はずいぶんと傷つけられました。
不確かな情報を、よく確認もしないで騒ぎ立てる人が、周囲にはあまりにも多くて。

私も愚痴っぽいことを書いてしまいました。

でも、友人達と連絡を取り合って少し安心したんです。

こうしてコメントを頂くことも元気のもとになります。
ありがとう。

→nikoさんhappy01
nikoさんの周りではみんないなくなってしまったんですね。
これも福島の現実の一面ですね。
以前、nikoさんは、いわゆる「ホットスポット」にお住まいと書かれていたので、「あの辺り」かな?と思い、拝見していました。例えばW地区などは避難する人が多いようですよね。

ブログは、書き続けてください。
応援しています。

過去記事、見ていただいてありがとうございます。
いつか、福島の情勢が落ち着いたら、nikoさんと海外旅行の情報などゆっくりと語り合いたいものです。そんな日が早くくるといいですね。

そうそう。福島の野菜はホントにおいしいですよね。
我が家も、先日、ダンナの実家(奥会津です)から届いたトマトをおいしく食べました。
福島の食材をストレスなく安心して食べられるように、早くそんな日々が来ることを願います。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/52290783

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの動向 ~福島在住の友人達~:

« 人の不幸は面白い? | トップページ | フクシマから想うヒロシマ »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ