最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« ありがとう なでしこ | トップページ | 夏休みの動向 ~福島在住の友人達~ »

人の不幸は面白い?

今まで、震災関係(追記:特に原発事故関係)の報道を見聞きして思うこと。

人の不幸は面白いですか?

何を信じていいかわからなくなり、「メディア・リテラシー」の必要性を強く感じるこの頃です。 

  

福島に踏みとどまっている人間の一人として非常に不愉快に思うこと。

「危険だ、危険だ!」と煽るような報道ばかりが目に付つきます。 

例えば、他県へ逃げた人(多くは母親)の声ばかりが声高に伝えられます。

津波の被害に遭ったわけでも、警戒区域などに指定されたわけでもなく、自宅が無事なのに遠くへ逃げた人は、その人の判断で避難したのです。

避難したことは選択肢の一つなのです。
その人が、仕事やコミュニティや家族の誰か(大抵はダンナ)よりも放射能への恐怖を取り除くことや子どもの安全を優先しようと思った、それはその人の判断です。
その人が、何を一番に考えて行動したかの、優先順位の判断。

あくまでも選択肢の一つ。個人的見解なのです。
(ここまでくると個人的というより一部社会的行動になりつつありますが。)

しかし、メディアではそういう人たちの意見ばかり、伝えます。

すべての福島県民が、福島には住めないと考えているかのように。

 

そうですよね、煽ったほうが、面白いですもの。

パニックに陥っている人の声ばかりが大きくなっていきます。

冷静に住んでいる多くの人たちは、メディア的にはなんの面白味もないですよね。

そうして、一生懸命に暮らしている人たちの不安をも煽るのです。

冷静に暮らしてはいても、多少の不安感はほとんどの人は持っています。

そこを突いた報道のなんと多いことか。

  

人の不幸は、本当に面白い、でしょ?

 

だって、雑誌の見出しもそうでしょう?

「週刊○代」でしたか、「福島にはもう住めない!」みたいな記事の見出しが新聞に載ったとき、福島県内のコンビニから「週刊○代」がいっせいに消えたそうです。
みんな競って買ったらしい・・・。

読んだ人の話では、記事の内容は見出しに比べて「たいした内容でなかった」とのこと。

売らんかな主義、丸見えですね。

だいぶ前ですか、某テレビでガイガーカウンターで家の中を測った首都圏の主婦の方の反応が流されていたとのことです。
同僚に聞いた話なので、自分では見ていないから伝聞で申し訳ないのですが、概ね次のような内容だったそうです。

その番組の中で、家の中の放射線が0.05マイクロシーベルト/hくらいだったのを見て、主婦は「こんなに高いんですか!」と悲鳴を上げんばかりに驚いていたとのこと。

その方は知らなかったのだから騒いでも仕方ありません。

でも、取材・報道した方はまさか、ご存知だったのでしょう?

その値は、事故以前から、通常にいつでも計測しえた平常値だってこと。
(以前から環境放射能値は完全に0ではないのです。)

それを知っていて、そういう報道の仕方をしたのだとすれば、「煽っている」以外の何ものでもないですよ。

同僚はテレビを見ていて「ふさけるなって思った!」と怒っていました。
(伝聞なので、数値等、違っていたらごめんなさい。)

 

いろいろな学者の意見も報道されますが、比較的冷静な行動を求める意見を言うと即、「御用学者だ!」と叩かれるので、面白おかしく、もしくは福島に同情するような風を装って、煽る先生方の意見が声高に伝えられるような気がします。 

もう、私たちは誰を信じていいのかわからないんです。

でも、最近は、煽ってばかりいる学者先生方のほうにむしろ不信感を覚えるようになって来ました。

理由は、いろいろありますが、長くなりそうだし、うまく説明できないのでまた後日。

(ちなみに個人的には、nikoさんのブログのほうが怪しげな先生よりよほど信頼できます。)  

   

  

ところで、首都圏の「ホットスポット」の近くにお住まいのみなさんも注意したほうがいいですよ。

あなたの家の周りにもどんどん「ホットスポット」が作りだされて、いつの間にか「住めない土地」にされてしまうかもしれません。

そして、パニックに陥ったところを面白おかしく報道されるかも知れないのです。 

メディア・リテラシー。

これからますます、必要になってくると感じます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村

« ありがとう なでしこ | トップページ | 夏休みの動向 ~福島在住の友人達~ »

コメント

どんなことでも、マスコミは人の不幸が大好きですよね・・・。

報道を見ていてつらくなることは多々あります。

今回のことに限らず、人間には何事においても選択の自由があって、その選択はだれも介入できないものであると思うのに(非道徳的なものは別ですが)、あたかも自分たちだけが正しいように偏った報道が日々なされるのはうんざりです。
洗脳しているように・・・。
怖いですよね…。

そういったものに惑わされず、正確な知識を身につけ自分で判断できるようになりたいなーと思ってます。
なかなか難しいですが(汗)

はじめまして。
昔、何かの旅行記が検索でひっかかってから時々読んでました。はじめてコメントします。
ほんと、マスコミならびに多くの文化人(?)たちの煽りはひどいですね。ひどいのになると、何の科学的根拠もなく、10年後には福島の相当数が癌になったり奇形児が生まれてしまう、くらいの勢いですからね。で、彼らが根拠にしているのは、怪しげな反核団体だったり、学者だったり、チェルノブイリの奇形家畜の映像だったりですよね(奇形家畜なんて、もともと一定割合でいるのだから、統計的有意にどれくらい増えたか、にしか意味はないのに)。
一方で、WHOやチェルノブイリの調査データとか、チェルノブイリ後に放射線医療に従事していた医者の「今のレベルなら大丈夫」という言葉には耳を貸さない。

もちろんぼくも絶対安全です、とは言えないので、「できる範囲で気をつける」のはいいことだと思います。生活を捨ててまで避難する人も、その人の選択だからそれはそれでいいと思う。
ただ、あるかどうか分からない低放射線の影響のために、あまりにも騒ぎ過ぎると、逆プラシーボ効果が出たり、経済基盤まで壊してしまったりで、逆に健康、生命のリスクを高めると思います。それを率先して行っている、商売しか考えてないマスコミと、「核」への憎悪から科学的思考停止してしまっている文化人たちは、いま子どもを抱えながらもそれぞれ一生懸命生活している人たちをどう考えているのでしょう。その煽りによって、何人の生活が壊れても、時には誰かの命が失われてもその人たちは一切責任を感じないでしょう。

福島での日々の生活を大切にしてください、子どもたちには一度しかない子供時代です。部外者が言っても気に障るかもしれませんが、あまりびくびくせず、のびのびと育ててあげてください。応援しています。
長文失礼しました。

メディアの報道は福島に住む人に対してとても失礼だな・・・と感じます。そして、放射線治療を受けねば生きられない子供達にとっても。デリカシーがないですね。冷静を装い、踏ん張っているママ達をそっと見守って欲しいと切に思います。

記事には関係ありませんが・・・もぎたての真っ赤なトマト!食べたいな。パリッとしたきゅうりに味噌を付けて頬張りたいな^^;

こんばんは。
最近は、雑誌だけでなく新聞やテレビも、福島から避難する人の話や
転校していく子どもの数とか報じるので、そこで暮らしている人たちには
きっと二重にも三重にも不安が重なってつらいでしょうね…
いろんな情報が氾濫していて、ニュートラルな立場で情報を取捨選択しなければならないこの大変な時に、一部の偏った“煽り”の記事が一般化してしまうのはホント悔しい。
(「週刊○代」は大昔から煽るのが大好き、タイトルと本文の内容の差にはあ然とさせられることの多い雑誌なので、私も最近は車内吊りの広告すら見ないように気をつけてます・笑)
しかし、きういさんの警告もあながち現実になりつつあるようで、
「ホットスポット」に名指しされた市では、避難や転出する人も出ているとか…
渦巻く情報との闘いはこれからも続くんでしょうね…

→yuyuさんmoon1
洗脳、まさにそんな感じを受けます。
一部の人たちなんですが、「福島から逃げろ!」と煽っています。
でも、心からそう思っているとは思えないんです。
その上「逃げない」人たちを怠慢だと責めるような論調すらあります。

少なくとも選択の自由はあるはずなのに。

私たちも自分で情報の取捨選択の判断をしなくてはなりません。
「メディア・リテラシー」力?鍛えていく必要がありますね。

→itosatoさんmoon1
コメントありがとうございます。

私が「長くなりそうだし、うまく説明できないのでまた後日」と書いた「煽り」派への不信感の理由、itosatoさんのコメントでかなりの部分を説明していただいた感じです。
そうなんですよね・・・。
すでに経済基盤を壊してしまったり、精神的な健康被害が生じたりしている人がかなりでてきています。

我が家では子ども達をできるかぎりのびのびと育てたいと思っています。
放射能を「正しく恐れて」必要に応じて対処し、過剰に反応することによるストレスを与えないようにしようと思うこの頃です。
応援ありがとうございます。

→nikoさんmoon1
デリカシーがない、そうですね。
福島に住んでいる人間への配慮が全くないですね。
最近は、福島に関する報道を見ると、怒りがこみ上げてくることが増えています。

放射線治療を受けている子ども達や親の心境なんかも全く考えていないでしょう。
nikoさんは医療関係者だからそういう視点でも感じることが多いでしょうね。

もぎたての野菜を安心して食べられる、そういう環境に早くなるといいですね。

→ままりんさんmoon1
そうなんです。
ネットの普及が情報の氾濫に拍車をかけているようです。
ネットで等のデマに踊らされて騒ぐ人も周囲にかなりいます。
(ex:T教授の「牛乳を混ぜてベクレルを下げている」との情報など)

垂れ流される情報を自分で取捨選択しつつ、行動の判断基準にしなくてはならないのです。
福島では「自分で判断する」、そのストレスが一番大きいかもしれません。

「週刊○代」は以前から煽る傾向があるのですね。
その話を聞いただけでもかなり安心しました。

首都圏の「ホットスポット」に名指しされた市からの避難や転出なんて、転出によるリスクのほうがあきらかに大きいのに、そういう行動が事実とすれば残念です。
でも、きちんと自分で情報を整理して判断したとすればそれは個人の自由。
やはり情報の取捨選択力が大切ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/52187649

この記事へのトラックバック一覧です: 人の不幸は面白い?:

« ありがとう なでしこ | トップページ | 夏休みの動向 ~福島在住の友人達~ »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ