最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

夏休みの動向 ~福島在住の友人達~

夏休みになりました。

福島から子どもがみんな消えたような報道がなされるので、多少不安を覚えつつも、福島に住んでいる高校時代からの友人達に「夏休みはどうしている?」とメールしてみました。

 

・・・みんな、自宅にいました。

 

「子どもが部活を休みたがらないんだよね。」

「いつもなら(夏休みは)しばらく実家に預けるんだけど、実家のほうが放射能高いみたいだしね。」

「末っ子(2歳になったばかり)は心配だけど、お姉ちゃん達の部活があって、長くは出かけられないんだよね。」

「子どもがスイミングスクールに行っているし、自分の仕事は忙しいし。」

理由は様々。

互いに福島に踏みとどまっているということを確認できて安心した様子の友人もいました。

いずれも不安を感じつつも、パニックにはなっていなくて、私もちょっと安心しました。

でも、多かれ少なかれストレスは感じているようです。

 

独身時代にはよく、旅行や、近場の温泉に一緒に出かけていた友人達です。

「久しぶりにみんなで会津の温泉にでも行かない?」と呼びかけ中ですが、仕事や子どもの部活動がネックになって、なかなか日程がまとまらないかも。

全員は無理でも何人かで集まって温泉に行ければ、またレポートできますね。

 

福島に暮らす一般市民の様子はこんな感じなんです。

全国に報道されているのは、ほんの一部の様子。

その事実も確認できて、私自身も少し安心しました。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村

人の不幸は面白い?

今まで、震災関係(追記:特に原発事故関係)の報道を見聞きして思うこと。

人の不幸は面白いですか?

何を信じていいかわからなくなり、「メディア・リテラシー」の必要性を強く感じるこの頃です。 

  

福島に踏みとどまっている人間の一人として非常に不愉快に思うこと。

「危険だ、危険だ!」と煽るような報道ばかりが目に付つきます。 

例えば、他県へ逃げた人(多くは母親)の声ばかりが声高に伝えられます。

津波の被害に遭ったわけでも、警戒区域などに指定されたわけでもなく、自宅が無事なのに遠くへ逃げた人は、その人の判断で避難したのです。

避難したことは選択肢の一つなのです。
その人が、仕事やコミュニティや家族の誰か(大抵はダンナ)よりも放射能への恐怖を取り除くことや子どもの安全を優先しようと思った、それはその人の判断です。
その人が、何を一番に考えて行動したかの、優先順位の判断。

あくまでも選択肢の一つ。個人的見解なのです。
(ここまでくると個人的というより一部社会的行動になりつつありますが。)

しかし、メディアではそういう人たちの意見ばかり、伝えます。

すべての福島県民が、福島には住めないと考えているかのように。

 

そうですよね、煽ったほうが、面白いですもの。

パニックに陥っている人の声ばかりが大きくなっていきます。

冷静に住んでいる多くの人たちは、メディア的にはなんの面白味もないですよね。

そうして、一生懸命に暮らしている人たちの不安をも煽るのです。

冷静に暮らしてはいても、多少の不安感はほとんどの人は持っています。

そこを突いた報道のなんと多いことか。

  

人の不幸は、本当に面白い、でしょ?

 

だって、雑誌の見出しもそうでしょう?

「週刊○代」でしたか、「福島にはもう住めない!」みたいな記事の見出しが新聞に載ったとき、福島県内のコンビニから「週刊○代」がいっせいに消えたそうです。
みんな競って買ったらしい・・・。

読んだ人の話では、記事の内容は見出しに比べて「たいした内容でなかった」とのこと。

売らんかな主義、丸見えですね。

だいぶ前ですか、某テレビでガイガーカウンターで家の中を測った首都圏の主婦の方の反応が流されていたとのことです。
同僚に聞いた話なので、自分では見ていないから伝聞で申し訳ないのですが、概ね次のような内容だったそうです。

その番組の中で、家の中の放射線が0.05マイクロシーベルト/hくらいだったのを見て、主婦は「こんなに高いんですか!」と悲鳴を上げんばかりに驚いていたとのこと。

その方は知らなかったのだから騒いでも仕方ありません。

でも、取材・報道した方はまさか、ご存知だったのでしょう?

その値は、事故以前から、通常にいつでも計測しえた平常値だってこと。
(以前から環境放射能値は完全に0ではないのです。)

それを知っていて、そういう報道の仕方をしたのだとすれば、「煽っている」以外の何ものでもないですよ。

同僚はテレビを見ていて「ふさけるなって思った!」と怒っていました。
(伝聞なので、数値等、違っていたらごめんなさい。)

 

いろいろな学者の意見も報道されますが、比較的冷静な行動を求める意見を言うと即、「御用学者だ!」と叩かれるので、面白おかしく、もしくは福島に同情するような風を装って、煽る先生方の意見が声高に伝えられるような気がします。 

もう、私たちは誰を信じていいのかわからないんです。

でも、最近は、煽ってばかりいる学者先生方のほうにむしろ不信感を覚えるようになって来ました。

理由は、いろいろありますが、長くなりそうだし、うまく説明できないのでまた後日。

(ちなみに個人的には、nikoさんのブログのほうが怪しげな先生よりよほど信頼できます。)  

   

  

ところで、首都圏の「ホットスポット」の近くにお住まいのみなさんも注意したほうがいいですよ。

あなたの家の周りにもどんどん「ホットスポット」が作りだされて、いつの間にか「住めない土地」にされてしまうかもしれません。

そして、パニックに陥ったところを面白おかしく報道されるかも知れないのです。 

メディア・リテラシー。

これからますます、必要になってくると感じます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村

ありがとう なでしこ

今週は、ちょっとうれしい気分で始まりました。

サッカー女子日本代表の「なでしこジャパン」のおかげです。

決勝戦は、サッカー好きのダンナが早起きして後半から見ている模様だったのですが、眠くて夢の中で聞こえていました。

夢うつつの中、ダンナの「おおっ、やった、同点だ!」の叫びで「!??」と飛び起きました。

ちょうど延長で澤選手がゴールしたところでした。

そこから一緒に観戦。

・・って、もうPK戦でしたけど。

見ていてドキドキしましたが、選手に悲壮感がなく笑顔が見られたのでこれは行けるかな?との予感。

優勝が決定した瞬間は、本当に感動しました。 

 

なでしこの皆さんには、「あきらめない気持ち」の大切さを示してもらったようで、非常に勇気付けられました。

 

福島県ではなじみのあった東京電力マリーゼ出身(今は移籍していますが)の丸山選手、鮫島選手の活躍も嬉しかったです。

余談ですが、マリーゼの本拠地は福島県のJビレッジでした。
マリーゼの選手達は東電の社員で、主に福島原発に勤務していたそうです。

マリーゼはもう事実上解散らしいです。

 

東電には怒りを覚えるけれど、元東電社員の彼女達のことはこれからも応援していきたいなと思う、福島県民でした。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

美活飲料

最近、新聞でコーヒーポリフェノールが美肌にいいとか何とか書いてありました。

そのコーヒーポリフェノールを含み”美活”にイイという「珈琲生豆茶」(ネスレ日本株式会社)。

モラタメさんに応募してみたら、届きました。

P1030812今回は無料でもらえる「モラ」のほう。
実に久々の当選です。

早速飲もうと冷蔵庫へ。

翌朝、飲もうと思ったら、あれ、少し減っている・・・。
「飲んでみたよ」とダンナさん。
どれどれ、私も。

アイスコーヒーのような味を期待して飲んだら、「@☆△」。

珈琲ではありませんね・・・。

お茶の一種です。

味に少しクセがあるので、好き嫌いは分かれそうです。

でも、「美活」のため、となれば、話は別ですか?

珈琲生豆茶」は、活性酸素と戦う力が強いといわれるコーヒーポリフェノール(クロロゲン酸類)を多く含み、一方でカフェインはゼロなのだそう。

 

今朝もこれから飲んでみようと思います。

気がついたらダンナが1本飲んでいました。(汗)

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

モラタメって?》
新商品を抽選で
モラったり、先着で(送料等一部費用を払います)タメしたりするサイトです。感想をコメントしたり、トラックバックしたりするとポイントももらえます。
今回はモラのほうです。
詳しくはこちら▼をご覧ください。

「安心」を買う

我が家でもついに買いました。

ガイガーカウンター。P1030813

実は、私は反対だったのですが、ダンナさんの決断で購入。

(購入したのは6月下旬のことです。)

何となく、福島の弱みに付け込んで、買わなくてもいい高い買い物をさせられるのではないかと感じていたから反対していたのです。

 

でも、今では買ってよかったと思います。

「安心」を買ったと思えば安いものだと気づいたのです。

 

我が家の測定値。

室内で0.09~0.19マイクロシーベルト/hr程度。

屋内でも比較的高いと言われる窓際でも、家の中心部と変わりません。

窓を開けても全く変わらないことも確認。

きっとギンギンに高いだろうと予測したベランダが0.2マイクロシーベルト/hr余り。
特に除染も行っていませんが。

屋外では、アパートの周りでも2マイクロシーベルト/hrを超える場所もありますが、近づかないようにすればいいし、近づいても長居しなければいいし。

 

この値で「安心」なんて、福島人はもう麻痺していると思われる方もいるでしょう。

東京の「ホットスポット」並みですか?

  

でも、これのおかげで窓を開けても神経が疲れなくなりましたし、窓際で子どもが遊んでいても叱らないですむようになりました。

子どもが外に出ても、近づけたくないスポットが明確になり、闇雲に追いかけ回さなくてもよくなりました。

一種の精神安定剤です。

福島では、こんなにも精神的に疲れることばかり。

 

ちなみにこれでも、私は、福島の母親の中では、放射能を「気にしない」ほうなんですよ。

「気にする」ほうのお母さん方はもう、精神的に壊れかけるくらいに疲れていますよ。

  

どうか、面白半分に「福島には住めない」とか、「みんな癌になる」とか報道するのはやめてもらえませんか。

リスクはリスクとして承知しつつ、どうしたらいいのかを模索して生きていかなくてはならないのです。

身近な放射線値を知ることは、その小さな積み重ねの一つなんです。

 

私たちはここで生きているんです。

  

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村

我が家にもついに、プラレール

我が家のヒデ、7月になり、5歳の誕生日を迎えました。

プレゼントは何がいい?

「プラレール!」

 

以前だったら「とんでもない!」と一喝していた私ですが・・・。

 

実は、6月はじめにこんなものが我が家にやってきたのです。

P1030568

プラレールの「こまち」です。

2月に新幹線の映画を見た際に、懸賞に応募していたヒデ(実際はパパ)。

・・・当たったのです。

P1030589

突然のプレゼントにびっくり。

当たるとは全く思っていませんでした。

まさか、被災地域の宮城とか福島の子どもに配慮してたくさん当選させたんじゃないでしょうね?

 

「なんであたちには当たらないのよ~」と不満げな姫様。

P1030577

そんなわけで、プラレールに開眼してしまった息子さん。

「はやてがほしい!」

「線路も!」

はいはい。

我が家にプラレールがあるという既成事実があるので、仕方なく買うはめに。

狭いアパート、ますます狭くなりました。

今日も出発進行!プラレールに夢中なヒデです。

 

 

ストレスの多い福島の生活ですが・・・。

最近、ちょっと元気を出すように努めています。

子ども達に笑顔を見せなくちゃ、ですから。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

放射能の思わぬ影響?

我が家のヒデ、ちょうど5歳。

昨日、激しく嘔吐したので、「熱中症!?」と休日当番医へ担ぎ込みました。

結果は夏風邪でしたが、吐いてしまって水分摂取をできないので、点滴。

ちょっぴり泣きましたが、点滴の間中絵本を待合室から借りてきて読んであげたらご機嫌で帰宅。

嘔吐はとまりましたが、今朝も熱が下がらず、本日お休み。

私も、土曜の夜中の嘔吐騒ぎからもうクタクタだったのでちょっとお休み。

 

これも間接的には放射能のせいかも・・・。

いえ、「吐いたこと」ではなくて、「風邪の感染拡大」が、です。

同じ保育所の子がやはり似たような症状で、お医者に来ていました。

福島では、放射線を気にして、多くの学校や保育所で窓を開けない生活をしています。

(ウチの子が通う保育所では今月から窓あけを開始のようです。)

その影響か、暑さでのぼせて鼻血を出す子どもが続出。

先日流行ったおたふくかぜや、夏風邪は、窓を締め切った環境のために感染が拡大しているとのうわさです。

一部のママたちの間では、「放射能を浴びたからだ!」との騒ぎにすらなっているとか。

まあ、鼻血を出すほど被曝っていうのは、この辺りではありえないと思うのですが・・。 

感染の拡大は、空気が悪いから、でしょうね。

 

放射線について、「ただちに健康に影響はない」との見解が国などから出されていますが、

これは「ただちに健康に影響して」います。(苦笑)

 

ともあれ、ヒデにもらったしばしの休み。

いっぱいお世話したら甘えん坊になってしまいました。

これから実家に預けて午後はお仕事に行くと言ったら、「いやだ、ママと一緒じゃないといられない~」と泣く息子。

さて、どうしましょう?

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

津波から復興した食堂で

先月半ば、いわき市を訪れる機会があったとき、一軒の食堂が開店しているのを見つけました。

110617_113013miniお昼時だったので、ここで食べることにしました。

 

ここは、津波に襲われた小名浜という港近くの地域です。

周りの店はみんな、津波に押し流されたままの状態。

頑張って復興したようです。

 

店内には、新聞の切抜きが貼ってありました。

よく見ると、まさにこの場所。この食堂のあたりに津波が渦巻いている写真。

よくぞここまで、復興しました・・・。

110617_114533mini この食堂の隣は、まだこんな感じです。

よく見えないかもしれませんが、まだ、片づけが済んでいないようです。

ほかにも何軒か、片づけをしている店(だったと思われる場所)がありました。
今頃はさらに数軒復興開店しているところもあるかもしれません。

さて、お昼ごはん。

110617_114651mini 私は、「刺身定食」を食べました。

手前のかに味噌汁、蟹がたっぷり。最高です。

近くの小名浜港はまだ復旧しているようには見えませんが、刺身もおいしかったです。

港に程近いこの場所で、周りの店もまだ被害にあったままで、この店一軒だけが妙に光っていました。

競合店がないためか、この日は意外に繁盛していました。

食事をすることで、ささやかだけど復興応援になったかな?とちょっぴり思いながら、ごちそうさま。

みなと食堂さん、これからも頑張ってください。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ