最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 「までいの力」届きました | トップページ | 津波から復興した食堂で »

雑感・・・「あの日」から3ヶ月

「あの日」から3ヶ月が過ぎました。

被災地以外の地域では、「ああ、そうだね、3ヶ月もたったんだ」という感じでしょうか?

ここ福島では、長い長い3ヶ月です。

最近、気がついたのですが、いくら眠っても、疲れがとれないのです。

昨晩も、放射能の夢。
部屋の中を測ったら何マイクロシーベルトあったとか、そういう夢です。

もしくは、地震の夢。
ここ数日、強めの余震が増えています。そのでしょうか?

 

少し前に、福島では放射能や放射線を気にしていないのがクールなことでもあるかのような雰囲気が一部でありました。

「ウチでは気にしていないからさ」という感じ。
そうね、子どもがいない家庭ならね。
そのほうがクールですよ。

確かに、いい大人が過剰反応しているのは格好悪いなあと私も思います。

 

だけど、子どもがいる家庭なら、気にするのは当然でしょう。

子供は、大人よりも放射能の影響を受けやすいし、これから長く生きていくのだし。
できるかぎりリスクを低くしてあげなくてはならないという親心は当然です。

何より、子供たちには我々の未来を託さなくてはならないのですから。

先日もテレビで報道されていました。
少しでも子供の周りの放射線値を低くするために、子供部屋近くの雨どいに積もったゴミを掃除するお父さんの姿。

子供を守るために必死の努力をする姿は少しも格好悪くないと、私は思います。

 

我が家は、何にもできなくて、いや、少ししか対策をとれなくて、心苦しく思う日々なんです。

子供の寝顔を見ながら、せつなく思う毎日です。
だから嫌な夢ばかりみるのでしょうか。

3ヶ月、長いです。

いや、3ヶ月で済む話なら、気になりません。

出口が見えないから、長いんです。

  

被災地では、まだまだ「あの日」の影響を受けて生きています。

瓦礫の山も、放射能も、もうたくさん。

同僚の中には、浜のほうにすんでいた身内がまだ行方不明なのだという人もいます。

 

被災地以外に住むみなさんに、伝えたいのは、この一言。

「忘れないでください」

私たちには、まだまだ「日常」が戻ってきていないのです。

募金とか、ボランティアとか、そういうことよりも、もっともっとお願いしたいのは、「忘れない」こと。

大災害を体験された方は、わかるかもしれません、この気持ち。

 

「忘れていないよ、そんなメッセージを、被災地に暮らすあなたの知り合いに贈っていただけませんか。それが何よりの励ましになります。」

・・・そんな内容の記事が、ボランティア団体のチラシに書いてありました。

「あなたにもできる支援」、という内容で。

 

それを読んで同感しました。

忘れられてしまったのではないか?

特に、福島は、切り捨てられてしまったのではないか?

そんな不安に時々襲われるのです。

 

「あの日」の前と後では、大げさに聞こえるかもしれませんが、例えて言うのなら「戦前と戦後」 ぐらいに違う時代に感じます。

3月11日以前の写真を見たりすると、「ああ、幸せだった時代の・・・」とか「平和だった頃の・・・」などという気持ちになるのです。

  

「あの日」から3ヶ月。

当たり前の日常を取り戻すまで、まだまだ道のりは遠いです。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

« 「までいの力」届きました | トップページ | 津波から復興した食堂で »

コメント

現在物流・運輸関係のコールセンターで働かせて頂いています。
その中で毎回のように被災地関係の問い合わせを頂き、お客様と話をしているとどうしようもなく辛い気持ちになります。
福島では原発の影響でとうとう物の配達・集配が一切出来ない地域が出来てしまっています。
チェルノブイリでもいらっしゃいましたが、それでも故郷を捨てられず立ち入り禁止区内に残って生活をしようとされる方々のニュースを拝見すると悲痛な気持ちでいっぱいです。
子どもがいるご家庭の方にとって「放射能」なんて気になって当たり前。
子どもを想い、部屋近くの雨どいに積もったゴミを掃除するお父さん、とっても素敵です。
先日もTVで被災孤児問題を取り上げていましたが、涙が出そうになりました。
こちらも本当に深刻な問題ですよね。。。
私はおかげ様で日常を過ごさせて頂いてますが、まだまだ被災地ではたくさんの方が出口の見えない長い毎日を過ごさせれていること、決して忘れたくないと思います。

あの日から3ヵ月・・・一向に改善しない現状に、疲れがたまってきますよね。
きういさんの不安は、小さな子を持つ親なら当然だよ!
気にしすぎ、と笑う人は笑わせておけばいいんです。
子供を守るために行動している人は格好いいし、時には行政をも動かしてすごい。
子どもを連れて避難するのだって逃げなんかじゃない。
きういさんもいつも子どもたちのことを思って、たくさんのことをしてあげていると思います!

前向きに、楽観的に考えたいと思っても、相変わらず政治はゴタゴタ、
原発事故の出口も見えるどころか、ますます被害が拡大していることが次々に判明して…
原発から250km離れている東京ですら、今ごろになって詳しく調べたら“ホットスポット”があった、なんて騒ぎが出てくるし。
きっと、きういさんや福島の親御さんの不安とは比べものにならないと思うけど、
東京でもやはり子供がいる親は不安になっている人が多いです(私も、その1人)。
これ以上、事態が悪化したり、被害が増えたりしないよう、祈るばかりです。
きういさんが早く安心して眠りにつける日がきますように・・・

忘れてません!

日々穏やかにすぎていくと、ふと忘れている瞬間はあるけれど、忘れてはいけない、そう思っています。

テレビや新聞で流れ続けるニュースにつらくなることもあるけれど、私にできるのは現状を知り続けること、忘れないことだと思っています。

出口が見えないからこそつらい、ほんとにそうですよね。
先が見えたらがんばれる。でもがんばることさえできない状況が、とても痛いです。

祈ることしかできませんが、心の中ではいつも思っています。
穏やかな日々が一日も早く訪れますように…

きういさんこんにちは。 
余震大丈夫でしたか??

震災も 年をとってますます月日が過ぎるのが早く感じ
毎日の忙しさで 忘れてしまうことも。
でも、被災地のボランティア減ってますなどのニュースを見ると
これじゃいかーん って目を覚まします。 
放射能も、小さい子供たちを思えば全力で守ってあげないと。
でも、きういさんも疲れがたまっている様子 心配です。
はやく収束の見通したちますように。 

みなさん、ありがとうございます!!

こうしてメッセージを頂くことも、私にとっては何よりも励みになります。
本当にありがとう!

後ほどあらためて、きちんとお返事いたします。

→ぎゅうまおママさんheart01
物流関係のお仕事をされているんですね。
福島県の原発周辺では配送できない区域がありますね。
でもおかげさまで私たちの数でいる地域ではすっかり物流は元に戻りました。
震災直後は「福島県へはトラックを入れない」などと過剰な反応をする物流業者さんもいたけれど。

出口は見えないけれど、津波で家族を失ったり家を流されたりした人たちや、原発周辺地域で自宅への立ち入りもママならない人たちを思えばまだ幸せなんだなと自分に言い聞かせています。
コメントありがとうございます。

→ままりんさんheart01

ありがとうございます。

放射能は難しいです。

同僚の中には、仕事をやめて県外にいこうかと悩んでいる人もいました。
離婚をして子供を連れて逃げ出した母親もいるとか。

私は、基本的にすべてを捨てて逃げ出すほどではないとは思っているのですが、子どもに関してはやはり不安は残ります。

一部のメディアでは煽るばかりで、東京のほうでも不安を感じるかもしれませんね。

理性では、納得したり、冷静に判断しているつもりでも、心の底では信じきれない部分もあって疲れているのでしょうね。

でも子ども達のためにもに負けるわけには行きません。

→yuyuさんheart01
ありがとうございます。
こうしてメッセージをいただけると本当に励みになります。
yuyuさんが書いてくださったように、「現状を知ること」もありがたいです。

一部には不安を煽って面白がる動きがある中で、現状を冷静に知っていただくことも本当に大事だと思います。

出口が見えたら、もうすこし頑張れるのに。
今もその思いはあります。
でも、以前よりは心も少し落ち着いてきました。
無理しない程度に頑張ります。

→旅ごはんさんheart01
お久しぶりです。
ご心配ありがとうございます。
余震は、もう慣れっこです。もう、震度3程度では全く平気。
余震があるたびに思うのは「原発は大丈夫か?」そればかりです。

年をとると毎日が早いのは同じです。
震災からこちら、月日が過ぎるのは早いのだけど、一日が長いと感じています。

疲れはたまっていますが、以前よりは緊迫していないのが救いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/51920444

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感・・・「あの日」から3ヶ月:

« 「までいの力」届きました | トップページ | 津波から復興した食堂で »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ