最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 今だからこそ読みたいこの本 | トップページ | 夢だったらよかったのに・・・ »

宮城蔵王へ

先日の白石での外遊び、子供たちがあまりにも嬉しそうだったので、また遠出ドライブしました。

今度は白石を通り過ぎて、宮城蔵王へ。P1030131

ダンナは仕事だったので、友人と小学校一年生のよしくんと一緒に日帰りドライブです。

山のほうへ向かうと、道路があちこち寸断されていたり、片側通行になっていたり。
ここにも地震の影響が見られました。

蔵王に向かう路はちょっぴり渋滞。被災地でもさすがに連休なんだなあと実感。

牧場はGWにしては混んでいませんでした。

それでも親子連れがたくさん集まってくるのは福島ではあまり見られない光景。
(追記※新聞などを見ると、福島でもGWに郊外ではそれなりの人出があったようです。)

真っ青な空に緑の草原。

子供たちは歓声をあげて駆け回ります。

ヒデはずっと外でサッカーをしたくてうずうずしていたので、持って来たサッカーボールをよしく んと二人で蹴りあって、まるで子犬のように追いかけていました。

P1030149ヒツジが怖くてママに抱っこしていた娘さんも、こんな車のコーナーを見つけると、わあっと駆け寄りました。

ゆるい傾斜があるので少し漕ぐと車はどんどん進みます。

先日のブランコのように、姫さんはこの車に夢中になりました。

傾斜をのぼるのが大変そうなので押してあげたら、「ママはおさないでえ、自分でやるの~」。

お兄ちゃん達がまたサッカーをしに向こうへ行ってしまっても、いつまでも乗っていました。

P1030142

この表情、たまりません。

この車に跨って、またまた1時間くらい離れませんでした。

ズボンの裾が擦り切れるほどに漕ぎまくっていました。

帰ろうと説得するのがまた大変でした。

わずか2時間程度の滞在でしたが、子供たちは外遊びを満喫。

 

帰りの車の中で、姫さんはすやすやでしたが、途中で起きてしまったヒデは「もっと遊びたかった・・・」とずっと泣いていました。

「楽しかったんだね、また行こうね」ヒデにそう語りかけながら、胸が痛くなった母でした。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

« 今だからこそ読みたいこの本 | トップページ | 夢だったらよかったのに・・・ »

コメント

外遊びって普段何気に行っていますが・・・
今回の事で青空の下たっぷり走り回れることってとっても幸せな事で。
「当たり前」に埋もれがちな幸せって実は周りにいっぱいありますよね!
外でいきいき遊ぶヒデくんと姫ちゃんの笑顔を拝見してると、こちらも自然に笑みになります^^。
ヒデくんの涙、胸が痛いです・・・。
思いっきり子供たちが外遊び出来る環境がきっと戻ってくる!と強く信じたい気持でいっぱいです。

GW、久々にお出かけできてよかったね!
写真の楽しそうな子どもたちの顔!
久々に見て私までうれしくなったと同時に・・・ヒデくんの涙も…うぅ、せつない。
こちらも3月には一時、外遊びを注意するような呼びかけがあって、
しばらくは公園もがらーんとしてたんだけど、
子どもも大人もずっと家の中は1週間すらもたなかったのよね…
それが今もなお、思いっきり遊べない状態が続くというのは相当ストレスだと想像します。
親だって毎日毎日、つらいよね。
↓前記事の「何を信じたらいいの?」を読んで、切実なきういさんの気持ちが伝わってきます。
早く、安心して子どもたちが遊べる日が来てほしいね…!

高校のときの修学旅行が「蔵王」だったんですよ。
(あと、会津若松とか寄ったり)
私、蔵王って福島とばかり思ってました…(汗)

子供は外遊びが大好きだし、外遊びで学び成長してくことが多いですよね。その子供の大切な成長機会を奪ってしまっているということまで、原発サイドは認識しているのか・・・。

阪神大震災で学校が長期間休みになった影響が数年後に子供に出ていたという調査結果があるそうです。(学校の授業に対してやる気が薄い子が多かったとか・・・)
今の状況が子供の成長に影を落とさないよう願うばかりです。
一刻も早く、抑制のない生活が送れるようになるよう心から祈ってます。

お子さんたち、とってもいい笑顔をしてますよね♪
子供の笑顔は宝ものですね(*^_^*)

→ぎゅうまおママさんclover
今回の震災と原発事故では「当たり前」がどんなに幸せだったか思い知らされました。
子供にとっては当たり前のはずの外遊び。
こんなことになるとは夢にも思っていませんでした。
ヒデの涙には本当につらくなりました。
早く原発が完全に落ち着いて欲しいです。

→ままりんさんclover
そちらでも公園で遊べない時期があったんですね。
そうなんです。福島ではストレスがすごいんです。
大人も子供もかなりストレスを感じています。
震災直後のような大変な思いはしていないはずなのに、疲労が蓄積していて、精神的にもかなり参ってきています。

蔵王は宮城と山形にまたがっているんですよ。
スキー場や樹氷で有名なのはむしろ山形。
なので、「宮城」蔵王とわざわざ「宮城」をつけています。

→yuyuさんclover
そうなんです。
子供の健全な成長に影響しないか、心配している人が多いです。
文科省や東京電力ではそんなことは全く考えていないでしょうね。

少しでも子供に外遊びをさせるため、遠出ドライブを続けるしかありません。
この週末は奥会津に行ったんですよ。
福島県内だけど、東京並みの放射線レベルなので(宮城よりずっと低い)、思い切り外遊びさせました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/51582067

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城蔵王へ:

« 今だからこそ読みたいこの本 | トップページ | 夢だったらよかったのに・・・ »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ