最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

大内宿2 ~時が止まった街~

江戸時代の面影を残す会津の宿場町、大内宿からのレポート第2弾です。

P1030328

会津湯野上温泉から車で20分くらい。

山あいの小さな集落ですが、近年は年間100万人の観光客が訪れていたとか。
約9割が県外からのお客さんだったそうです。

今年は・・・。

駐車場で見かけた車のナンバーは、福島、会津、栃木ぐらいでした。

P1030334

我が家の子供たち。

ママのお財布の紐がゆるくなっていると見て取るや、いろいろおねだり。

ソフトクリームをほおばって、ご満悦。

P1030350

街道沿いの萱葺きの家々は、大抵お土産屋さんかお蕎麦屋さんなどをやっています。

お土産を見ていると、無料のお茶の提供があり、ちょっとした休憩どころもあります。

そんな一角で、ソフトクリームを食べたり、いただいたおせんべいをかじったり。

楽しそうに駆け回る子供たちを見ていると、家に帰るのがつらくなってきました。  

 

先日、風評被害で会津の観光地が苦しんでいるという話を書きました。

会津は、福島第一原発からの距離は、約100kmと、原発から仙台よりも遠いくらい。
原発地域との間には、東北地方の背骨である奥羽山脈が横たわっています。

原発周辺の町に住めなくなった人たちも数多く会津に避難してきて住んでいます。

けれど、観光客は激減。
P1030363

この大内宿は、江戸時代にタイムスリップしたような宿場町。

時間が止まった街です。

 

このまま、別の意味で時間が止まってしまうのでしょうか?

 

静かなたたずまいをゆっくり堪能したい方には、もしかしてチャンスかもしれません。

会津は一年で最も美しい新緑の季節を迎えていました。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかっ たらポチっと応援してくださいね。

私の生まれた街

何年かぶりに、仕事で、私の生まれた街に行く機会がありました。

そこは・・・・津波の被害に遭っていました。

P1030528

写真は厳密に言うと、私の生まれた地区からは少し車を走らせたところ。

車窓の風景に、津波の恐ろしさを想像して言葉を失いました。

 

でも、震災からもう2ヶ月以上もたっているので復旧も進み始めたようです。

瓦礫の山があちこちにありましたが、建物は思ったよりは残っていました。

P1030521

津波に流されてしまった地域に向かう道路の多くは通行止めなので、これでも比較的被害の小さいところだけを見たのかもしれません。

建物もなにも、すっかり流されてしまった地域も数多くあるのです。

P1030518

それでも、衝撃的な光景の連続でした。

 

私の生まれた街、福島県いわき市。

その復興を心から願ってやみません。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

大内宿 1 ~風評被害に負けないで~

GWも終わりの週末、会津の観光名所、大内宿に行きました。

江戸時代の宿場町の家並みが残る風情のあるところです。

走り去る後姿は我が娘。

P1030327 

福島県の中でも、会津地方では地震被害はあまり大きくなかったそうです。
原発からの距離は仙台と同じかそれよりも遠いくらい。
奥会津に行けば放射線値は首都圏並み。

なのに、観光客は激減。

みなさん、風評被害にとても苦しんでいるとのことです。

ここ大内宿も、例外ではありません。

お店の方のお話を聞くと、それでも連休中はそれなりにはお客さんが入ったそうです。

でも、連休には近くの幹線道路から駐車場まで大渋滞が起き、この街並みが自由に散策できないほどにごった返すのが例年の光景とのこと。

例年に比べるとさびしい連休だったとか。

この日も連休明けのせいかもしれませんが、駐車場はすいていました。

大型バスは一台もなし。

駐車している車も福島や栃木など近隣からのナンバーばかりが目立ちます。

南会津や奥会津の人たちは全く普通に生活しているのに、なんだか気の毒です。

少しでも応援したくて、いつもは子供にダメよと言ってあまり買わないお土産ですが、小物をいくつか買いました。

 

あらあら、本レポートに入る前に朝ごはんの時間が迫ってきました。
(朝ブロガーです。)

本日はここまで。

また続きは明日以降に。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

奥会津の休日

今年も行きました。奥会津。

5月に入っているのに桜の花が満開で、カタクリなども見ごろでした。

P1030200

ダンナの実家なので、毎年行きますが、今年はもっと早く、もっと長期間で行きたかったです。

なにしろダンナの実家付近の環境放射能の値は首都圏並み。
宮城県の白石よりもずっと低いのです。

だけど、GWはダンナの仕事が忙しくて、連休も終わりになる週末に行きました。

P1030201

じいちゃんばあちゃんは、毎日ニュースを見てはとても心配していたそうです。

子供たちは庭に出て早速、シャボン玉。

P1030231

「シャボン玉で遊びたい」という子供たちに、「じいちゃんの家に行ったらね」と言い聞かせてきたこの一ヶ月。

ようやく願いがかないました。

 

「じいちゃん家ではお外に悪い風がふいていないんだね!」と言うヒデ。

「悪い風吹いていないから、お外で遊べるんだね!」

そうだよ。だから、公園に行こうか?

P1030281

「満喫」という言葉がぴったり。

子供たちは外遊びを満喫していました。

ぶらんこも、すべり台も、そして何ヶ月ぶりだろうという砂場遊びも。

奥会津では、人々はまったく普通に暮らしていました。 

おなじ福島県内でもこんなに違うのです。

「放射能」その影響がないだけで。

 

でも、観光は風評被害でまだまだ大変なようです。

翌日は湯野上温泉や大内宿に行きましたが、そのレポートはまた次回。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

いま一番欲しいもの

今、ここ福島で一番ほしいものは何かって?

ダンナと二人で話していたときの話題です。

二人とも意見が一致しました。

 

それは、「コスモクリーナー」ですよ。

「どこで売っているのか」って?まじめに聞いたあなた、・・・若いです。

アラフォー以上じゃないとなかなか通じません、これ。

 

「コスモクリーナー(D)」とは、「宇宙戦艦ヤマト」がイスカンダル星から持って来た架空の放射能除去装置です。

そういえば、ダンナが、仕事中に「誰かイスカンダルに行ってきてほしいよ」みたいな戯言を言ったら、反応があったのはアラフォー以上だけだったとか。

あれ?キムタク主演の実写版の映画「宇宙戦艦ヤマト」はどうなったんでしょう?
かなり宣伝していたけど。
見た人、いないのかな?
全くダメでしたか? 

前置きが長くなりましたが、今ほんとうに福島で欲しいものは、「きれいな空気」。P1030032

放射線を気にせず深呼吸できる空気です。

私たちが欲しいのは、きれいな空気と、きれいな大地。

  

多くの店が復旧し、物流も復活しました。

店の棚が空っぽだったのは3月まで。

モノは、一応あります。

 

先日、首都圏の友人達が、「何か送ろうと思うけれど、ほしいものはないか」とたずねてくれました。

少し前なら、「ミネラルウォーター」とか「ガソリン」とか言ったでしょうけれど、今は大丈夫です。

 

本当に、原発事故さえなければ、復旧がどんどん進んだでしょう。

浜岡原発は停止することになって、「いいなあ」と福島では言っています。

  

さて、福島の現状。

モノは戻ってきました。

休日も取れるようになってきました。P1030106

でも、張り詰めた毎日。

環境放射能の値と、原発の収束状況を確認する日々。

街なかの公園では放射線値が高いので、砂が飛び散らないように砂場にシートがかぶせられたりしています。

 

いつ終わるかもわからない緊張が続きます。 

 

そう、今、私が一番欲しいのは心から安心してくつろげる休日かもしれません。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

夢だったらよかったのに・・・

震災から2ヶ月がたちました。

もう2ヶ月、という感じと、まだ2ヶ月、という思いが交錯します。

この2ヶ月間を思い起こすと、非日常的な、あまりにも現実離れしたことばかり。

あれは夢だったのだろうかと思う経験の毎日でした。

そして、原発事故の影響で、これからも出口の見えないトンネルのような日々が続いています。

 

P1060765_1

震災翌日のヒデの写真。

生き残った喜びを子供と一緒にかみ締めていた頃。

停電でテレビを見られなかったあの日。
原発の爆発はこの頃でしょうか?知りませんでした。

この日以来、福島では外遊びをしていません。

 

震災から1月ほど過ぎたある日、ヒデが布団の中で眠る前につぶやきました。

ヒデ:「ねえ、ママ、夢だったらよかったのに・・・」

私:「・・・?」

ヒデ:「・・・ぜんぶ、夢だったらよかったのに。」

私:「何が?」

ヒデ:「じしんとか・・・。」

「そうだねえ。」と答えながらヒデをギューッと抱きしめて、涙が出そうになりました。

4歳児が、こんなことを言うのです。

「ぜんぶ夢だったらよかったのに」なんて、言うんです。

  

つらいんだなあ、彼なりに。

大人がくじけてはいけないなあ。

 

ヒデは、先日も遊びながら言いました。

「じしんとかげんぱつとかみーんななかったらよかったんだよね」

返す言葉が見つかりませんでした。

 

震災から2ヶ月。

テレビの報道を見ながら、それでも家族全員、家の中で暖かい食事が食べられて、仕事もある、そんな幸せもあらためてかみ締めました。

明日はまた巡ってくるのです。

夢ではなく、現実なのです。

  

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

宮城蔵王へ

先日の白石での外遊び、子供たちがあまりにも嬉しそうだったので、また遠出ドライブしました。

今度は白石を通り過ぎて、宮城蔵王へ。P1030131

ダンナは仕事だったので、友人と小学校一年生のよしくんと一緒に日帰りドライブです。

山のほうへ向かうと、道路があちこち寸断されていたり、片側通行になっていたり。
ここにも地震の影響が見られました。

蔵王に向かう路はちょっぴり渋滞。被災地でもさすがに連休なんだなあと実感。

牧場はGWにしては混んでいませんでした。

それでも親子連れがたくさん集まってくるのは福島ではあまり見られない光景。
(追記※新聞などを見ると、福島でもGWに郊外ではそれなりの人出があったようです。)

真っ青な空に緑の草原。

子供たちは歓声をあげて駆け回ります。

ヒデはずっと外でサッカーをしたくてうずうずしていたので、持って来たサッカーボールをよしく んと二人で蹴りあって、まるで子犬のように追いかけていました。

P1030149ヒツジが怖くてママに抱っこしていた娘さんも、こんな車のコーナーを見つけると、わあっと駆け寄りました。

ゆるい傾斜があるので少し漕ぐと車はどんどん進みます。

先日のブランコのように、姫さんはこの車に夢中になりました。

傾斜をのぼるのが大変そうなので押してあげたら、「ママはおさないでえ、自分でやるの~」。

お兄ちゃん達がまたサッカーをしに向こうへ行ってしまっても、いつまでも乗っていました。

P1030142

この表情、たまりません。

この車に跨って、またまた1時間くらい離れませんでした。

ズボンの裾が擦り切れるほどに漕ぎまくっていました。

帰ろうと説得するのがまた大変でした。

わずか2時間程度の滞在でしたが、子供たちは外遊びを満喫。

 

帰りの車の中で、姫さんはすやすやでしたが、途中で起きてしまったヒデは「もっと遊びたかった・・・」とずっと泣いていました。

「楽しかったんだね、また行こうね」ヒデにそう語りかけながら、胸が痛くなった母でした。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

今だからこそ読みたいこの本

3月11日の地震で、我が家の本が全部飛び散りました。

その中から、片付けるために拾い上げた一冊をパラパラとめくっていたら、やめられなくなりそうでした。

今回の原発事故を予見するかのような、その内容に。

その本とは、これ↓です。『知事抹殺』

原発の安全性に疑問を投げかけながら、汚職疑惑で社会的に抹殺された前福島県知事、佐藤栄佐久氏の著作です。

実は育休中(2008年末)に読んだ本なのですが、その後の厚生労働省の村木さんに対する検察による捏造事件や、そして、今回の原発事故を経てからその内容を見ると、あまりのことに愕然とします。

福島では(ネットなどでも一部)、佐藤栄佐久氏は原発推進に邪魔だから国策でこういうことにされたのではないかという噂が当時からありました。

この著作も、本人の言い訳ではないかという書評もないわけではありませんでした。
今でもいろいろな意見はあると思います。

でも、汚職疑惑については、今回は論点とはしません。

今回、みなさんに知っていただきたいのは「原発」に関して、なんです。

実は、この著書のかなりのページ数が原発に関する記述で占められています。
全8章のうち、次の2章です。(P49~116)
 第3章 原発をめぐる闘い
 第4章 原発全基停止

著者は知事在任中、「県民の安全・安心」の確認を求め、東電や原子力安全・保安院と闘い、福島の原発を全基停止させていた時期もありました。

今、読み返すと、恐ろしいことが次々に見えてきます。

東京電力の隠蔽体質。
データ捏造や、事故隠し。

地方(福島)の安全は軽視し、電力の安定供給を第一と考える東電や原子力安全・保安院の本音。
そしてそれを追認する中央のメディア報道。

メディアも、首都圏の電力不足をのみを心配し、原発の安全性については目を瞑ってきたのではないでしょうか?

「今回の原発事故は人災である」、斜め読みしながら、そう、確信を持ちました。

ひとたび事故が起きれば、福島県民どころではなく国民の暮らしが危うくなる・・・そんな原発の安全管理が杜撰だったという事実はあまりにも恐ろしいことです。

 

今だからこそ、読んで欲しい、お薦めの一冊です。

 

ちょっと視点は違いますが、今、読んでみると恐ろしい本。

こちらは漫画ですが。

かわぐちかいじ作『太陽の黙示録』

基本設定が怖い・・・。

巨大地震で日本が真っ二つです。

M8.8の地震を皮切りに連鎖する大地震、富士山噴火、そして大量の避難民が海外へ。

ありえない設定だよね~と思っていたけれど、今見ると怖いです。

でも、この漫画の設定ですら、FUKUSHIMAの原発はこんなことにはなっていないです。

ある意味、現実のほうが、怖いかもしれません。

  

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

久しぶりの外遊びin白石

昨日はなんだか暗い話題を書いてしまいました。

だけどたまにはちょっとだけ愚痴を言わせてくださいね。
毎日、不安に押しつぶされそうなんです。

 

今日は気分を変えて、4月下旬のお出かけレポート。

P1030077

ちょっと遠くまで日帰りドライブをして、宮城県までお出かけしたのです。

高速道路では「災害支援」と表示された車や「ボランティア」ご一行のバスなどが見かけられました。

到着したのは白石市。

終わりに近いとはいえ、まだ桜が少し咲いていました。

見上げた白石城は、被災していました。
壁が少し崩れています。

それでも福島とは違い、お城の前の公園では子供の姿をたくさん見かけられました。

我が家の子供たちにとっては、なんと原発の水素爆発以来、40日ぶりの外遊び。

 

特別な施設に行ったわけではありません。

お城の前のちょっとした公園で一緒に行った従姉妹たちと遊んだだけ。

それだけなんです。

 

娘は一時間近くもぶらんこからおりようとはしませんでした。

「楽しい!」と言ってなかなか離れませんでした。

P1030075

ヒデはタンポポをいっぱいいっぱい摘んで、「ママ!見て見て!」と満面の笑み。

福島では外の草花にさわってはだめと言い聞かせているのです。

 

従姉妹たちと公園を駆け回る子供たち。

そんな、なんでもない光景が、福島はあたりまえのことではなくなってしまいました。

 

帰ってきてからも、「楽しかったねえ」「うん、楽しかった」と何度も言う子供たち。

またどこかの公園に行こうね、と言ったら、二人ともとっても楽しみにしています。

私は、ちょっぴり複雑な心境で、10日ほど前の公園ドライブを思い出しています。

   

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

何を信じたらいいの?

今日も環境放射能の値を、まるで天気予報の降水確率のようにチェックしました。

最近、下がりません。

これでは、もうすぐ飯舘村(毎日どんどん下がっています。最初が高P1030097いから・・・)に追いつかれるぞ、という感じです。

市内の公園でも放射線の値が高くて、子供を外で遊ばせることができない日々が続いています。

GWは子供たちを連れて、ダンナの実家の奥会津(関東地方より放射線値が低いくらいですから)に行くはずでしたが、仕事の関係でそれも無理。

  

最近、福島県内の小学校等の放射線値が公表されていますが、あまりに高いので驚いています。

国が、福島県内の小学校や幼稚園などの利用基準で、被曝限度を年間20ミリシーベルトと設定したということですが、その数字が安全だなどと思っている保護者はほとんどいないでしょう。

保育所だって、国で定めた基準値以下でも、どこも外遊びなんかさせていません。

信じていないから、自衛するしかないのです。

 

小佐古内閣官房参与が小学校などでの年間20ミリシーベルト基準設定への抗議の辞任をしたというニュースを見ました。

「抗議の辞任をしても何にもならないんだよ。
結局、逃げているじゃないの?
それよりも、現状で子供たちをどうしたらいいのか、死ぬ気で考えてくれよ。」

というのが、我が家での意見でありました。

 

私たちは、国の安全基準を完全に信じているからここに住んでいるわけではないのです。

福島市や郡山市が避難地域になったら、数十万人を超える避難民が発生するでしょう。

原発周辺町村とは桁がちがう数の人々が、避難したら、いったいどこでどうやって受け入れるのか?

無理でしょう?

だから、国では安全だと必死で説明するのでしょう。
そう言って、我々をとどめておかなくてはいけないのでしょう?

私たちの多くは、半ばそれを知りつつ、でも、生活していかなくてはならないから、留まっているのです。

子供だましの数字を示して安全だと宣伝するよりも、危険なら危険でどうしたらいいのかをはっきりとと言ってもらったほうがいいのです。

 

一方、一部のメディアやネットでは逆に不安を煽るような情報も多々流布されています。

いたずらに不安を煽って楽しんでいるかのようです。

では、具体的にどうしたらいいのか?
誰も教えてくれません。

  

私たちは、一体、何を信じたらいいのでしょう?

一体、誰の言葉を信じればいいのでしょう?

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

わたしにも今すぐできること

世間ではGWですね。

被災地に向けて多くの方々がボランティアに来ているようです。

私も何かできないだろうか?
そういう気持ちになる方も多いと思います。

私も、何かしたいなあと漠然と思っています。

先日ボランティアの登録先を探してみましたが、福島県内では登録受付を停止しているところが結構多かったです。

南相馬などの浜のほうではまだ募集していましたが、子供を保育所に迎えに行くまで帰ってこられないからやめておきました。

義援金はもちろん少しだけど払いました。
次のお給料が出たらもう少し払いたいと思っています。

自分でもできるささやかな支援、ほかにもないだろうか?と思っていたときに、こんな本を見つけました。

福島市のSEEDS出版から出版された『までいの力』です。

福島県飯舘村の日常を描いた本だそうです。

飯舘村の活動を一年間かけて取材したこの本の出版直前に震災、原発事故が起きたそうです。
急遽、飯舘村長のメッセージも盛り込まれたとか。

福島第一原発事故の影響で、高い放射線値のため「計画的避難区域」となり、図らずも全国で一番有名な村の一つになってしまった福島県飯舘村

福島県では飯舘村の、スローライフを推進する独自の活動はちょっと有名でした。
が、こんな形で全国に知られるようになるとは。

  

この本の収益はすべて飯舘村の復興のために役立てられるとのことです。

本を買うことで、平和で美しかった小さな村の本来の姿を知る、それも応援の一つの形になるのではないかと思います。

被災地の悲惨な状況を見るだけでなく、本当ならこんな暮らしをできたという姿をベースとして知って、その姿を取り戻せるように応援する、それも大事かなと考えます。

ささやかだけれどもその復興の後押しでのためになれば、と、amazonで速攻申し込みました。
(ちなみに申し込み日現在(4月28日)楽天での取り扱いはありませんでした。)

までいの力

■ SEEDS(シーズ)出版、 飯舘村  
■ A4変 カラー 120ページ
■ 2011年4月11日 発売
  

届いたら、またレポートしますね。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ