最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 福島の怒り | トップページ | 福島の桜 »

異常な日常2

震災から一か月になりますね。

福島では異常な毎日が続いています。

毎日「放射線測定値」をネットやテレビや新聞で確認して一喜一憂しているんです。
「今日は2マイクロシーベルト切ったな」とか、普通の会話なんです。

でも、ガソリンは並ばなくても給油できるようになりました。
3月末にようやく満タンにできました。

我が家では、4月に入ってようやくアパートに戻りました。

倒れた本棚・飛散した本棚のガラスや本を撤去して、転げ落ちた炊飯器が動くことも確認しました。

ようやく少しずつ、日常の生活に戻れるか、という矢先の7日の余震。

ぐるぐると揺れる中、二人の子どもを両脇に抱えるように布団の上に伏せて思ったのは、地震の恐怖よりもむしろ原発は大丈夫か?ということでした。

そう思ったのは私だけではありません。
知り合いの多くはそう思ったと言っていました。

津波の被害を受けていないこの街で、未だに復興が本格化しないのはすべて原発のせいなのです。

ところで、皆さんに知っておいて頂きたいことがいくつかあります。

ちょっと耳を傾けて頂けませんか?

首都圏でなぜ計画停電が行われるのか?
意外に知らない方が多いので驚いています。

被災地に電気を送るためではありません。

首都圏の電力の多くが福島県で発電されている事実をご存じですか?

その比率は、首都圏の電気の30~40%とも言われているんです。

福島にある原子力発電所は、「東北」電力ではなく、「東京」電力なんです。
我々が使っているのは「東北」電力の電気です。

そう。福島の原発で発電される電力はすべて首都圏に送られているのです。

それを心に留め置いて、計画停電を受け止めてください。

もう一つ。
このブログの本来のテーマである旅と関連する話題。

福島では確かに放射能が測定されています。

毎日それを浴びる身としては深刻な問題です。

でも、短期間滞在する人には全く問題のない放射線値なんです。
(もちろん、避難指示の出ている20km地域等は全く別の問題です。)

飛行機に乗ると、自然界から放射能を浴びるということを、ご存じですか。

高度が高くなると宇宙線を浴びる量がふえるのだそうです。

福島県内の一般人が居住する街に短期間滞在したとしても、海外に飛行機で往復した場合よりも浴びる放射能はずっと少ないのです。

福島県人がさまざまな差別を受けているという話を前回書きました。

上記の理屈から行くと、海外旅行好きの皆さんは差別対象になりうるのです。

そんなことって、ありえないですよね。

このブログにきてくださる多くの皆さんは、冷静に、節度を持って対応してくださっているので心から感謝しています。

でも、もう少しだけ、お願いしてもいいですか。

こういう情報を、知り合いの方々に少しでも伝えてくださいませんか?

「自分にできることはないか?」と聞いてくれる友人もたくさんいます。

モノを送るよりも、啓発を、これからはお願いしたいと、そういうときに伝えています。

私たちは、がんばっています。

そういう形でも、応援ってできるんです。

お願いします。 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←ポチっと応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村

« 福島の怒り | トップページ | 福島の桜 »

コメント

おうちに戻れてよかったですね。
ガソリンも手に入るようになったとのこと、少しずつでも状況が好転し続けるよう祈ってます。

以前枝野幹事長が「この放射線量は、ニューヨークを往復した際の被ばく量より少ない・・・」といったようなことを発言しているのを聞き、初めて飛行機に乗ると放射能を浴びるということを知りました。

むやみに恐れるのではなく、正しい知識を持つことが大事ですね。

周りの人に、きういさんが以前から書かれている福島の状況を伝えていきますね!

再度失礼します。

少しでもここで綴られていることを伝えられたらと思い、私のブログにこちらのことを記事に載せました。
もし御迷惑であればすぐ記事を削除しますので、ご連絡いただけますか。
よろしくお願いします。

最近、強い余震が続いてますが、大丈夫でしょうか?
緊急地震速報のチャイムが鳴ると、うちの子もすごく脅えています。
それでも震度3くらいなんですが、たまに4なんかがくると「きた…!」と私までオロオロしてしまうのに、連日震度5や6を体験されている東北の方々の不安は想像以上なんでしょうね…
ヒデくんや姫ちゃん、小さいのに地震の恐怖と闘ってるんじゃないかと思うと…(涙)

余震の多くは福島近辺が震源なので、私も「原発、大丈夫だったかな」とすぐ心配になります。
今回、私も放射能のこといろいろ調べたりして初めて知ったことがたくさんです。
そうそう、飛行機の被爆。私なんてどれほど浴びてることか(苦笑)
それに高地や鉱山の近くとか、日常的に高い自然放射能を浴びている世界の人々もいますよね(でも健康被害は特に報告されてないとか)

福島原発がレベル7に引き上げられて、ますます県民の方々の不安も増えていることでしょう。
さらに風評被害や差別が増大しないよう、私も周りの友人たちから伝えていきますね!

→yuyuさんsun
ありがとうございます。
紹介して頂いて本当に嬉しいです。

報道では伝えられない、福島の平凡な日常や思いをこれからもブログで伝えていきたいと思います。

これからも宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/51356903

この記事へのトラックバック一覧です: 異常な日常2:

« 福島の怒り | トップページ | 福島の桜 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ