最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

負けないよ

わたしは負けないよ!

元気いっぱい、過ごしています。

P1030022_2

ねえ、みんな頑張っているんだよ、福島では。

福島だけじゃないよ、被災地では、みんな。

みんな、毎日、頑張っているの。 P1030034

 

だけど、ママが言うの。

疲れてきちゃった、って。

そうだよね、毎日だもの。

 

だから、頑張れ!っていうんじゃなくて、こういうの。

「負けないで」

わたしも、言うの。

負けないよ!

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。

当たり前の幸せ

週末はお花見日和でしたが、また寒くなりました。
昨日は冷たい雨が降りました。

でも私たちには、暖かい家があります。

まだ避難所暮らしを強いられている人たちも、断水が続いている地域もある中、幸せなことです。

 

今回の震災を経験して、つらいことがいっぱいあるけれど、「当たり前」が幸せであるということにもいっぱい気づかされました。

家族が無事だったこと。

友人たちも無事だったこと。

陸前高田や大船渡に実家がある友人たちも、みんな家族の無事を確認できたということでした。

「無事であること」。
その当たり前の一事がどんなに大切なことなのか、思い知りました。

  

停電も、断水も、こんなに大変だとは思いませんでした。

季節はずれの寒さに見舞われたのでなおさらです。

私たちが今まで「便利」で「豊か」な生活を送ってきた背後に、こんなにも電気や水道が影響しているとは。

身をもって体感しました。

私たちのこれからのライフスタイルは、見直すまでもなくおのずから変わっていくでしょう。

 

放射線の恐怖は続きますが、私には家族があり、家があります。

仕事もありますし、毎日暖かい食事も食べられます。

布団で眠ることもできるし、お風呂にも入ることができます。

そして、励ましてくれる友人たちもいるんです。

「当たり前」がどんなに幸せなことか、今回の震災で気づかされました。

小さな当たり前の幸せを、大事に抱きしめて生きていきたい、そう思います。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村

今日も進展なし

今日はお花見びよりでした、福島。

放射線をものともせず、市民を中心に観光地の花見山に1万人近くも行ったとか。

私は通勤途上の桜を足を止めて見上げてきました。

桜の花を見ていると、全部夢だったのじゃないかという気がしてきて、ちょっと癒されつつ、悲しい気分になりました。

今日は、枝野さんが来ました。
防護服を着て、原発20km圏内にも入りましたね。
でも、これって、本当は首相がすでにやっておくべきことではないでしょうか?

ところで、原発から10km以内の捜索活動のニュース。
福島県警の本部長が自ら10km圏内に入って陣頭指揮をとっている映像が流れました。

本部長自ら、ということにちょっと感動しました。
組織のトップは、こうあるべきです。

後ろの方から及び腰で指揮したってねえ、現場の士気があがりません。

東京電力も、東京に居座っていないで福島第一原発に行って、作業員を励ますくらいのことをしてほしいものです。
社長とかね。

今日も原発は目立った進展なしでしょうか。

午後に発表された東電の工程表にはがっかりしました。
準備だけで3ヶ月ですって!
いや、たいして期待はしていなかったですけどね。

でも、ここには毎日生活している人がいるんです。

一日でも早く、ほんとうに、少しでも早くなんとかして、と願っているのです。

 

なんだか今日はとりとめのない話になってしまいました。

明日も仕事なので、もうこの辺にしておきます。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←ポチっと応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村

嬉しい話題、悲しい話題

本日、福島では桜が満開P1030027です。

放射線をものともせず(?)、花見(といってもちょっと散策する程度でしょうが)の人が結構出ていました。

 

ところで、先日、あの、ズービン・メータが来日してN響の指揮をしたとのニュースが聞こえてきました。

そう、ヒデが1歳半くらいの時にハマっていたあの、ズービン・メータ大先生です。

何か助けられることがないか、来日することが日本のためになるのではないかと判断してきてくれたというコメントに胸が熱くなりました。

しかもチャリティで収益を被災地への義援金とするとのこと。

外国人の多くが日本から逃げ出す中、来てくれた心意気が実に嬉しかったです。

 

一方で、新聞を見ていたらとても心が痛む記事が載っていました。

千葉県で、福島県から避難していった子どもに対し、「放射能がうつる」といったいじめをした子どもがいるということでした。

なんとひどいことでしょう。

心が痛みました。

被災者は、故郷を失い、もう十分すぎるほど傷ついているのです。

もう、傷つけないでください。

子どもは、残酷な生きモノです。
いつか、そういういじめが起きるだろうと予測はしていましたが・・・。

でも、親が冷静で心ある反応をしていたら、子どもがそんな行動を取るでしょうか。
親が原発事故に対し、パニック状態になれば、子どもも過剰反応するでしょう。

どうか、そんなことが二度と起こりませんようにと祈っています。

もし、自分の子どもがそんな目に遭ったら・・・「電気止めるぞ!って言ってやれ!」と言いますね。
・・・いえ、冗談です。
自分の子がそんな目に遭ったら、・・・許しません。絶対に。

 

・・・すみません。暗い話題で。

ちょっと元気になる話題。

野球で楽天が頑張っていること。

阪神淡路大震災の時のオリックスのように、優勝してみんなを元気づけてほしいものです。

まだまだ開幕したばかり。気が早いですけどね。

 

  

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←ポチっと応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村

福島の桜

福島では桜が見頃を迎えています。

P1030028

何事もなかったかのように、咲き誇っています。

 

まもなく、この週末には満開になるとの予報です。

お花見をする市民もまばらでしょうね。

花見山への観光客もいないでしょう。

 

でも、桜の木の下でふと足を止める人は多ようです。

私もしばし癒されました。

 

追伸:このブログを訪れてくださる皆さん、ありがとうございます。

コメントをいただくと、本当に勇気づけられます。

なかなかお返事もできずに申し訳ありません。

この場を借りて御礼をもうしあげます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←ポチっと応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村

異常な日常2

震災から一か月になりますね。

福島では異常な毎日が続いています。

毎日「放射線測定値」をネットやテレビや新聞で確認して一喜一憂しているんです。
「今日は2マイクロシーベルト切ったな」とか、普通の会話なんです。

でも、ガソリンは並ばなくても給油できるようになりました。
3月末にようやく満タンにできました。

我が家では、4月に入ってようやくアパートに戻りました。

倒れた本棚・飛散した本棚のガラスや本を撤去して、転げ落ちた炊飯器が動くことも確認しました。

ようやく少しずつ、日常の生活に戻れるか、という矢先の7日の余震。

ぐるぐると揺れる中、二人の子どもを両脇に抱えるように布団の上に伏せて思ったのは、地震の恐怖よりもむしろ原発は大丈夫か?ということでした。

そう思ったのは私だけではありません。
知り合いの多くはそう思ったと言っていました。

津波の被害を受けていないこの街で、未だに復興が本格化しないのはすべて原発のせいなのです。

ところで、皆さんに知っておいて頂きたいことがいくつかあります。

ちょっと耳を傾けて頂けませんか?

首都圏でなぜ計画停電が行われるのか?
意外に知らない方が多いので驚いています。

被災地に電気を送るためではありません。

首都圏の電力の多くが福島県で発電されている事実をご存じですか?

その比率は、首都圏の電気の30~40%とも言われているんです。

福島にある原子力発電所は、「東北」電力ではなく、「東京」電力なんです。
我々が使っているのは「東北」電力の電気です。

そう。福島の原発で発電される電力はすべて首都圏に送られているのです。

それを心に留め置いて、計画停電を受け止めてください。

もう一つ。
このブログの本来のテーマである旅と関連する話題。

福島では確かに放射能が測定されています。

毎日それを浴びる身としては深刻な問題です。

でも、短期間滞在する人には全く問題のない放射線値なんです。
(もちろん、避難指示の出ている20km地域等は全く別の問題です。)

飛行機に乗ると、自然界から放射能を浴びるということを、ご存じですか。

高度が高くなると宇宙線を浴びる量がふえるのだそうです。

福島県内の一般人が居住する街に短期間滞在したとしても、海外に飛行機で往復した場合よりも浴びる放射能はずっと少ないのです。

福島県人がさまざまな差別を受けているという話を前回書きました。

上記の理屈から行くと、海外旅行好きの皆さんは差別対象になりうるのです。

そんなことって、ありえないですよね。

このブログにきてくださる多くの皆さんは、冷静に、節度を持って対応してくださっているので心から感謝しています。

でも、もう少しだけ、お願いしてもいいですか。

こういう情報を、知り合いの方々に少しでも伝えてくださいませんか?

「自分にできることはないか?」と聞いてくれる友人もたくさんいます。

モノを送るよりも、啓発を、これからはお願いしたいと、そういうときに伝えています。

私たちは、がんばっています。

そういう形でも、応援ってできるんです。

お願いします。 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←ポチっと応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ