最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 我々は何も失ってはいないのだから | トップページ | 異常な日常 »

福島から

再び福島からの発信です。

福島では、変にこの異常事態になれてきたのか、生活するためなのか、外出する人が少しずつ増えています。

でも、外出する人の多くはマスク、帽子、手袋を着用。
リュックを背負って歩いています。

インフルエンザの大流行の時ですら、このような異常さは感じませんでした。

この異様な雰囲気、何かでみたような気がして、ふと思いました。

まるで、そう・・・「風の谷のナウシカ」の世界です。

腐海=福島第一原発、です。

いい風(陸から海に抜ける風)が吹きますように、と人々は祈りながら、暮らしています。

ここはまるで「風の谷」のようです。

そして、大きなリュックを背負って食料を買い出しする人々・・。

これもどこかで聞いたことがあるような光景だなと思い、ああ、そうか、戦時中や戦後の物資不足ににているなと。

自分自身も、数日前に「お一人様1個限定」などといって売っているパンを、子供にぜひ食べさせたいと思って買い、リュックにしまいながら、ああ、本で読んだ戦時中の親のようだと感じていました。
(ちなみに今日現在は、そこまでひどい食糧事情ではなくなっています。)

・・・そんなことを思うことができるようになったのは、少しは落ち着いてきたためでしょうか?

いや、やはり、変にこの異常事態になれてきてしまったからのような気がします。

なれてきたとはいえ、原発の処理に進展がないので、我々はかなり苛立っています。

ガソリンもまだ手に入りません。

少しずつ地域には入ってきたようですが、ガソリンスタンドに並んで3時間待ったとかいう話も聞きます。

灯油は少しずつ届き始めました。

我が家では寒さに震える恐怖からはなんとか逃れられそうです。

なにしろ放射能から身を守るためエアコンは使わない方がいいというのです。
灯油がないと寒さに震えることになります。
しかも季節はずれの雪が降るこのごろ。

雪にや雨に当たるのも危険だというので、雪が降るたびに寒さよりもむしろ放射能の恐怖に震えるのです。

 

想像ができますか?

こんな暮らしを。

報道されるのはほんの一部。
津波に家を流されなかった一般の市民は普通に暮らしていると思われているのではないでしょうか?

恨み辛みを言いたいのではありません。

少しでも福島の実態を発信していきたくて、パソコンに向かいました。

それでも明日を信じて懸命に暮らしている私たちの声に、どうか少しだけ耳を傾けてください。

また、折を見て発信し続けたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村

« 我々は何も失ってはいないのだから | トップページ | 異常な日常 »

コメント

目に見えない分、その恐怖と闘われて生活しているストレスは想像を絶するものだと思います。原発から離れているこの埼玉県ですら、報道される水や大気中の数値にみんなが恐怖に感じています。
特に乳幼児のいる家庭、妊婦さんの不安は大きいです。

私に今、出来ること。ネットは毎日ではなく、付けても30分だけ。エアコンを切り、厚着をするように心がけています。節電!節水!そして感謝の気持ちを持つこと。
日本全体が、同じ気持ちで取り組めば、きっときっといい方向に向いていってくれると思います。それを信じましょう。

報道されている部分は、本当に一部でしかないと思います。どんどん、発信して下さいね。
そして1日も早く心から安心して暮らせる日々が戻ってきますように。

職場では、福島や仙台の妊婦を受け入れ、近所では、裏のお家に福島の親戚の方が避難されてきています。
自分に何ができるが考える毎日。なんだか些細な事でも喜んじゃいけないような毎日。

いろんな意味で、日本全体の災害だと思います。
だからこそ、「頑張れ」じゃなくって「頑張ろう」なんだろうな。

福島にお住まいとは知りませんでした。
放射能被害を恐怖に思いつつ、日々の計画停電や異常な物流変化に今までの当たり前の生活に甘えすぎてたなって反省します。

なにをどういえばいいかわかりませんが、みんなの問題として、私も考えていきたいです。

まずは、ひとりでも多くの方が、安心して生活ができますように、祈ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/51221892

この記事へのトラックバック一覧です: 福島から:

« 我々は何も失ってはいないのだから | トップページ | 異常な日常 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ