最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 福島から | トップページ | 福島の怒り »

異常な日常

昨今の福島での会話です。

A「今、(放射能)何マイクロシーベルトだと思う?」

B「3.5?」

C「3.8?」

A(ケータイで情報をみながら)「正解、3.6。」

B「まだ高いね・・・。」

C「今日は3(マイクロシーベルト)切るかなあ・・・?」

  

・・・マジです。

同僚間でこんな会話をしています。

異常事態が日常になっています。

  

まあ、こんな会話をできるだけ、以前よりは落ち着いたのかもしれません。

もっと環境放射能の値が高かったときは、それはそれは悲壮感が漂っていました。

子供だけでも逃がしたい・・・。

みな口々にそう言っていました。

 

さて、ガソリン。

今日も手に入りませんでした。

街に少しずつは入り始めてはいますが、私には3時間も並ぶ暇などないのです。

いつになったら普通の状態になるのでしょう?

一部の人々の間には、放射能をそんなに気にしない雰囲気もあります。

帽子もマスクもせずに歩いている人が増えてきました。

でも、小さい子供がいる家庭ではものすごく神経質になっています。

エアコンもつけないし、外に洗濯物も干せません。

 

放射能対策って、どんなふうなのか、ご存じですか?

すっかり詳しくなった福島人。

基本は花粉症対策と一緒なんです。

家に入る前に、外で放射能をはたき落として、玄関でマスクや上着をとり、家の中に持ち込まないようにする。

家に入ったら、手洗いうがい、そして洗顔。
できればそのままシャワーで流すと効果的。

ほんとです。
ほんとに毎日そうしているんです。
どのくらいの効果があるかは実のところわかりませんが。
専門家の意見に従っております。

その効果はいかに?

完璧にガードしていたら、なんと今年は現時点で花粉症を発症していないというおまけつき、という知り合いがいました。

 

ところで、被爆した人の放射能を落とすために行う「除染」。
どんな薬品を使うのだろう?と思ったら、水でじゃーーーっと流すだけなんだって。

ほんとだそうです。

  

さて、今日は久々に、コンビニが開いているのを見ました。

居酒屋などの飲食店もいくつかオープンしていますが、この状況の中、飲みに行く人って一体・・・?

でも、一歩ずつ普通の生活が近づいてきた兆し。

だけど、まだ肝心の原発の処理は全く進展なし。

一日も早く、ほんとうに安心して暮らせる日が来るように・・・祈る毎日です。

  

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村

« 福島から | トップページ | 福島の怒り »

コメント

福島からのリアルな現実を更新して下さりありがとうございます。
私なんかが想像する以上の事態だと思います。
今仕事で被災地の方と電話を通じてお話をさせて頂く機会があるのですが、ある会話のやりとりで「ガソリンもないのにどうしろというの!」とお怒りを受けたことがありました。
本当にその通りで土地勘こそなかったものの私なんかが想像できる程度の苦しみじゃないことを改めて悟り、やりきれない思いでいっぱいでした。

おっしゃるように子供への影響もとても心配ですよね・・・。
仕事や介護といった事情で避難も出来ない方々がいらっしゃることを報道で聞くと本当に言葉に出来ない思いがいっぱいです。
原発も被爆された従業員の方もいらっしゃるし、一向に前へ進まないのが住民の皆様にとってもかなり深刻な状況ですね。
改めて私なんかに何が分かるんだと皆様思われるでしょう。
一刻も早い復旧を祈ることしか出来ない私です。

何もできない。でもテレビでは伝わらない現状を知ることで、また何か違ってくるかもしれません。貴重な情報です。

除洗が水でするのはテレビでしってびっくりしました。
放射能からの身の守り方は確かに花粉対策のようですね。
効果は分からないといっても信じてやるしかない状況、わかりきることはできませんが、ほんとに大変だと思います。

慣れもあるのだろうけど、人の逞しさを感じます。
何も出来ない今、なるべく車に乗らないようにしています。ガソリンが必要なだけ早く届くといいのですが。

きういさん、まだ大変な毎日をお過ごしの中
ブログ更新ありがとうございます。
あの阪神大震災ですら恐ろしくて震え、心癒えるまでしばらくかかったのに・・それを上回る今回の震災には本当にどうしようもないくらい動揺しました。とにかく原発の打撃は・・・
世界中が心配しています。

きういさん、ご家族ご無事で何よりでした。
またどうぞ更新お願いしますね。
知らせてくださってほんとにありがとうshine

みなさん、ありがとうございます。
ほんとうにありがとうございます。

・・・がんばります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/51234009

この記事へのトラックバック一覧です: 異常な日常:

« 福島から | トップページ | 福島の怒り »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ