最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 異常な日常 | トップページ | 異常な日常2 »

福島の怒り

今日から、子供たちが保育園に行き始めました。

我が家ではガソリンがまだ入手できないのでタクシーで行きました。
(ちなみにタクシーの燃料はガソリンではありません。)
でもそんな生活、毎日はできません。

街中ではガソリンが、かなり入り始めたようです。
もう少しで給油できるかなと思います。

心ある皆さんはガソリンの使用を控えたり、過剰な買いだめをしないようにしたり、できることを考えて協力してくださっているようで・・・本当にありがたいです。

その、気持ちが、一番嬉しいのです。

また、東京消防庁の方々や自衛隊の方々にも本当に頭が下がります。

 

「がんばろう」というキャッチフレーズが日本中に広がっています。

みなさんが応援してくださるのは、本当に励みになるのです。

  

 

ところが、一方でひどい話を聞くようになってきています。

放射能差別・・・とでもいうのでしょうか?

 

東京に避難した人からの話です。
役所に手続きにいったら、(放射能が怖いから)あんんまり近づかないでください、と係の人に言われたというのです。

 

別な人の話。
都内の電車に乗っていたら、聞こえてきた会話。
「ヒバクシャにさわられたくないよね」「近くに来たらどうしよう」

 

これは新聞で見た話。
(新聞に載る前からかなり噂は広がっていましたが。)
長野県に逃げた人が、「福島からきた」といったら宿泊施設から宿泊を断られたとのこと。

  

全くいわれのない差別ばかりです。

福島からきた人が放射能をまき散らすとでもいうのでしょうか?

たとえ放射能による被曝があっても、水で流せるといわれています。
だいたい、そばに行ったからといって放射能が伝染するとでもいうのでしょうか?

 
 

電車の中のバカ女は知識レベルが低いとして、百歩譲るとしましょう。
役所の窓口の対応はどうなんでしょう?

石原都知事は一昨日、(パフォーマンスかもしれませんが)福島にきました。
「天罰」発言も一応、謝ってくれました。
だけど、福島に来るだけでなく、職員にきちんと正しい教育をしてくれませんかね。お願いします。
(差別発言をしたのは、都の職員でなく、区や市の職員かもしれませんけどね。)

長野県の心ある方にも言いたいです。
そんな対応のホテルが一軒でもあると、復興した後も、長野の観光地に行きたくないなと心にすり込まれます。

   

福島には原発事故により避難生活を強いられている人がたくさんいるのです。
それなのに、追い打ちをかけるようなひどい仕打ちに静かに怒りを募らせています。

応援してくださる人がたくさんいる一方で、そんなひどい話が出てきています。

風評被害が広がっているのです。

 

みなさんにお願いしたいこと。

口先だけでの「がんばろう」のキャッチフレーズは、いりません。 

勝手な思いこみや偏見で、いわれのない差別をしないでください。

被災者は、もう、被災したというだけで傷ついているのです。

そんな人たちを突き放すような、傷つけるような言動はしないでください。

どうか、お願いです。

・・・被災者を本当に応援したいのなら。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←ポチっと応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村

« 異常な日常 | トップページ | 異常な日常2 »

コメント

きういさん、本当にご無沙汰してしまいました。
ブログの更新はおろか、パソコンさえ開くことも少なくなって、早く書かなきゃ…と思っているうちの、今回の大惨事…!
東京に住んでいる私ですら心の余裕がなくなり、この災害の様子が伝わるにつれ、苦しくてたまりませんでした。
一時、子どもを連れて大阪の実家に帰ったので、今は少し落ち着きを取り戻せました。

久々にきういさんのブログを訪問して、びっくりしてしまいました。
きういさんは福島に住んでいるんですね。
(ご実家は福島だと思ってましたが、きういさんは埼玉あたりなのかなーと勝手に思っていました)
こんな大変な状況なのに、福島の様子を伝えてくれてありがとうございます。
ご実家で家族みんなといっしょのようなので少し安心しました。
だけど今の日々の生活の苦労や精神的な疲労は計り知れないほどだと思います。
とくに乳幼児を抱える母親という立場なら、なおさらのこと…

最近、言葉がうまく出なくて(だからブログも更新できないのです・涙)なんとお声をかけていいのか分かりませんが、この厳しい現実にも、ばかばかしい風評被害にも、負けないで…!
一日も早く、安心できる日常に戻れますように…そう願わずにはいられません。

はじめまして。私は現在東京に住んでいるのですが、長崎で祖父母とも被爆している被爆三世です。
(しかし、祖母は現在83ですが、まだぴんぴんしていますよ!)
母の時代には、わりと風評被害もあったようで、結婚差別をうけたとも聞きました。
(遺伝的な影響はほとんどなしとの見解なのに)
したがって、福島の皆さんには、勝手に、親近感を抱いております。
陰ながら応援しております。福島の野菜やお魚を見かけたら、出来る限り購入させていただきます。

戦後の風評被害のことは知ってましたが、今この現代社会でそんなことを言ってる方がいることに驚きました。
正しい情報を入れれば、自分がいかにバカバカしいことをしているかすぐにわかるだろうに・・・。

こんななんともいえないことで傷つけられることなくなるよう、願ってやみません。

きういさん ご無沙汰しています。
コメント、お見舞い遅くなりすみません。
家族ご無事でなによりですが
福島が心配です、お子様は特に心配。 きういさんが福島の方と知って何とコメントして良いか暫くもんもんとしていました。(私もきういさんはうちより東に住んでいる気がするけど埼玉あたりかもしれないと勝手に思っていました・・。)

風評被害の話 いわきナンバーの車が停まっているだけで苦情がでたりなど話に聞きましたcrying。 避難する方が地元を隠さなくてはいけないなんて悲しいです、災害で日本人のイイ話に触れて日本も捨てたもんじゃないと思っていた直後に放射能差別は怒りがこみ上げてきます。

でも私も放射能について無知でした 放射線のイメージだったので水で流すのが対策と聞いてはじめは信じられませんでしたし。

一刻も早く原発問題が収束してもとの生活に戻れるよう祈ってます。
まだまだ寒い日もあるので 体調に気をつけてくださいね。 何か協力できることがあれば!といつも思ってます。

   

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/51259004

この記事へのトラックバック一覧です: 福島の怒り:

« 異常な日常 | トップページ | 異常な日常2 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ