最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

福島の怒り

今日から、子供たちが保育園に行き始めました。

我が家ではガソリンがまだ入手できないのでタクシーで行きました。
(ちなみにタクシーの燃料はガソリンではありません。)
でもそんな生活、毎日はできません。

街中ではガソリンが、かなり入り始めたようです。
もう少しで給油できるかなと思います。

心ある皆さんはガソリンの使用を控えたり、過剰な買いだめをしないようにしたり、できることを考えて協力してくださっているようで・・・本当にありがたいです。

その、気持ちが、一番嬉しいのです。

また、東京消防庁の方々や自衛隊の方々にも本当に頭が下がります。

 

「がんばろう」というキャッチフレーズが日本中に広がっています。

みなさんが応援してくださるのは、本当に励みになるのです。

  

 

ところが、一方でひどい話を聞くようになってきています。

放射能差別・・・とでもいうのでしょうか?

 

東京に避難した人からの話です。
役所に手続きにいったら、(放射能が怖いから)あんんまり近づかないでください、と係の人に言われたというのです。

 

別な人の話。
都内の電車に乗っていたら、聞こえてきた会話。
「ヒバクシャにさわられたくないよね」「近くに来たらどうしよう」

 

これは新聞で見た話。
(新聞に載る前からかなり噂は広がっていましたが。)
長野県に逃げた人が、「福島からきた」といったら宿泊施設から宿泊を断られたとのこと。

  

全くいわれのない差別ばかりです。

福島からきた人が放射能をまき散らすとでもいうのでしょうか?

たとえ放射能による被曝があっても、水で流せるといわれています。
だいたい、そばに行ったからといって放射能が伝染するとでもいうのでしょうか?

 
 

電車の中のバカ女は知識レベルが低いとして、百歩譲るとしましょう。
役所の窓口の対応はどうなんでしょう?

石原都知事は一昨日、(パフォーマンスかもしれませんが)福島にきました。
「天罰」発言も一応、謝ってくれました。
だけど、福島に来るだけでなく、職員にきちんと正しい教育をしてくれませんかね。お願いします。
(差別発言をしたのは、都の職員でなく、区や市の職員かもしれませんけどね。)

長野県の心ある方にも言いたいです。
そんな対応のホテルが一軒でもあると、復興した後も、長野の観光地に行きたくないなと心にすり込まれます。

   

福島には原発事故により避難生活を強いられている人がたくさんいるのです。
それなのに、追い打ちをかけるようなひどい仕打ちに静かに怒りを募らせています。

応援してくださる人がたくさんいる一方で、そんなひどい話が出てきています。

風評被害が広がっているのです。

 

みなさんにお願いしたいこと。

口先だけでの「がんばろう」のキャッチフレーズは、いりません。 

勝手な思いこみや偏見で、いわれのない差別をしないでください。

被災者は、もう、被災したというだけで傷ついているのです。

そんな人たちを突き放すような、傷つけるような言動はしないでください。

どうか、お願いです。

・・・被災者を本当に応援したいのなら。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←ポチっと応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村

異常な日常

昨今の福島での会話です。

A「今、(放射能)何マイクロシーベルトだと思う?」

B「3.5?」

C「3.8?」

A(ケータイで情報をみながら)「正解、3.6。」

B「まだ高いね・・・。」

C「今日は3(マイクロシーベルト)切るかなあ・・・?」

  

・・・マジです。

同僚間でこんな会話をしています。

異常事態が日常になっています。

  

まあ、こんな会話をできるだけ、以前よりは落ち着いたのかもしれません。

もっと環境放射能の値が高かったときは、それはそれは悲壮感が漂っていました。

子供だけでも逃がしたい・・・。

みな口々にそう言っていました。

 

さて、ガソリン。

今日も手に入りませんでした。

街に少しずつは入り始めてはいますが、私には3時間も並ぶ暇などないのです。

いつになったら普通の状態になるのでしょう?

一部の人々の間には、放射能をそんなに気にしない雰囲気もあります。

帽子もマスクもせずに歩いている人が増えてきました。

でも、小さい子供がいる家庭ではものすごく神経質になっています。

エアコンもつけないし、外に洗濯物も干せません。

 

放射能対策って、どんなふうなのか、ご存じですか?

すっかり詳しくなった福島人。

基本は花粉症対策と一緒なんです。

家に入る前に、外で放射能をはたき落として、玄関でマスクや上着をとり、家の中に持ち込まないようにする。

家に入ったら、手洗いうがい、そして洗顔。
できればそのままシャワーで流すと効果的。

ほんとです。
ほんとに毎日そうしているんです。
どのくらいの効果があるかは実のところわかりませんが。
専門家の意見に従っております。

その効果はいかに?

完璧にガードしていたら、なんと今年は現時点で花粉症を発症していないというおまけつき、という知り合いがいました。

 

ところで、被爆した人の放射能を落とすために行う「除染」。
どんな薬品を使うのだろう?と思ったら、水でじゃーーーっと流すだけなんだって。

ほんとだそうです。

  

さて、今日は久々に、コンビニが開いているのを見ました。

居酒屋などの飲食店もいくつかオープンしていますが、この状況の中、飲みに行く人って一体・・・?

でも、一歩ずつ普通の生活が近づいてきた兆し。

だけど、まだ肝心の原発の処理は全く進展なし。

一日も早く、ほんとうに安心して暮らせる日が来るように・・・祈る毎日です。

  

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村

福島から

再び福島からの発信です。

福島では、変にこの異常事態になれてきたのか、生活するためなのか、外出する人が少しずつ増えています。

でも、外出する人の多くはマスク、帽子、手袋を着用。
リュックを背負って歩いています。

インフルエンザの大流行の時ですら、このような異常さは感じませんでした。

この異様な雰囲気、何かでみたような気がして、ふと思いました。

まるで、そう・・・「風の谷のナウシカ」の世界です。

腐海=福島第一原発、です。

いい風(陸から海に抜ける風)が吹きますように、と人々は祈りながら、暮らしています。

ここはまるで「風の谷」のようです。

そして、大きなリュックを背負って食料を買い出しする人々・・。

これもどこかで聞いたことがあるような光景だなと思い、ああ、そうか、戦時中や戦後の物資不足ににているなと。

自分自身も、数日前に「お一人様1個限定」などといって売っているパンを、子供にぜひ食べさせたいと思って買い、リュックにしまいながら、ああ、本で読んだ戦時中の親のようだと感じていました。
(ちなみに今日現在は、そこまでひどい食糧事情ではなくなっています。)

・・・そんなことを思うことができるようになったのは、少しは落ち着いてきたためでしょうか?

いや、やはり、変にこの異常事態になれてきてしまったからのような気がします。

なれてきたとはいえ、原発の処理に進展がないので、我々はかなり苛立っています。

ガソリンもまだ手に入りません。

少しずつ地域には入ってきたようですが、ガソリンスタンドに並んで3時間待ったとかいう話も聞きます。

灯油は少しずつ届き始めました。

我が家では寒さに震える恐怖からはなんとか逃れられそうです。

なにしろ放射能から身を守るためエアコンは使わない方がいいというのです。
灯油がないと寒さに震えることになります。
しかも季節はずれの雪が降るこのごろ。

雪にや雨に当たるのも危険だというので、雪が降るたびに寒さよりもむしろ放射能の恐怖に震えるのです。

 

想像ができますか?

こんな暮らしを。

報道されるのはほんの一部。
津波に家を流されなかった一般の市民は普通に暮らしていると思われているのではないでしょうか?

恨み辛みを言いたいのではありません。

少しでも福島の実態を発信していきたくて、パソコンに向かいました。

それでも明日を信じて懸命に暮らしている私たちの声に、どうか少しだけ耳を傾けてください。

また、折を見て発信し続けたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村

我々は何も失ってはいないのだから

@福島からの発信です。

毎日放射能の恐怖と戦いながら、でも生活しなくてはいけない私たちです。

タイトルは、ダンナの言葉です。

放射能は不安です。

ほんとうは、毎日、気が変になりそうなくらい、不安なんです。

でも、私たち家族は何も失ってはいないんです。

津波で家を流された知り合いもいます。

家族を失った人も。

原発周辺の人たちは、故郷を失うかもしれないんです。
帰る家も、街すらもなくしてしまった人たちがたくさんいるんです。

私たちはまだアパートに帰れず、実家に住んでいます。
でも幸せなんです。

避難所を転々としなくてはならない人たちもたくさんいるんです。

暖かい布団で眠れる私たちは幸せなんです。

災害にあって、小さな幸せをかみしめることを知りました。

何も失ってはいない、けれど、恐怖に震えています。

希望を失わないよう、頑張っています。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←ポチっと応援してくださいね。
にほんブログ村

無事です

東北関東大震災で被災しましたが、我が家はみんな無事です。

実は私は福島に住んでいるんです。

地震当時は10階にいたので、ロッカーはみんなスローモーションのように倒れていくし、天井はギシギシするし、何より、机の下に隠れたのに、その机ごとフロアの上をまるで遊園地のコーヒーカップのように振り回され、一時は本気で死を覚悟しました。

建物が倒壊するかとおびえ、瓦礫の中から生還するにはどうしたらいいだろうと瞬間的に考え、とっさに机をあけてケータイをがしっとつかみました。

P1060759

・・・でも、なんとか家族全員怪我もなく再会できました。

アパートはこんな風なので、実家に非難しています。

実家でも断水、停電になり、今は回復しましたが、市内は物資不足です。

実家の被害が小さかったから避難所生活にならずにすみました。

でも今は放射能におびえる毎日。

原発の爆発以来、子供たちは外に一切出していません。

続報はいつお届けできるかわかりませんが、またきっと。

明日を信じて生きています。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

うれしいひなまつり

なんだか、予定している記事がぜんぜん進まないのですが、また日常の話題。P1020911

ひなまつりです。

昨年好評だった「まあるいケーキ」、今年は注文しました。

子供たちは大喜び。

イチゴとお雛様の飾りを取り合い、ちょっとした騒動。

ちょっとずるいお兄ちゃん、お雛様と引き換えに桃の花の飾りを妹に上げたら、「これ食べられないよ」と返されP1020912ました。

2歳児、なかなかやります。
バカにできないものですね。

写真撮影は仲良くそろいますが、娘さんのほうは笑顔を見せてくれないし、お兄ちゃんは不自然な笑顔を作ります。

なかなか・・・ね。

このあと、ろうそくに火をつけて「うれしいひなまつり」を4番まで熱唱する二人でした。

P1020931「写真はもういいから食べようよ~。」とヒデ。

さあいくよ~。

大口を開けて豪快に食べるのは娘さん。

P1020950

ヒデは大好きなイチゴを大事そうに食べています。

ところで、、我が家には住宅事情によりお雛様はありません。

週末に実家に行って、私のお雛様を見てきました。

P1020970 従姉妹たちが集合して、うれしくなった子供たち。

お雛様よりみんなで遊ぶことに夢中です。

子供たちにとってとても楽しいひなまつりだったようです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ