最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 新春大当たり? | トップページ | 豆まき »

どうなる?エジプト

毎日、エジプト情勢が報道されていますね。

Pmd2エジプトが自分の旅の原点である私にとっては、心配しながらニュースを見る毎日です。

タハリール広場の写真が新聞によく載っていますが、ああ、あそこでデモが起きているんだな・・・と。

カイロ博物館の建物が妙に目だって気になりました。

やはり自分で歩いた土地は、ほかの地域とちがって身近に感じるものです。

特に、行きたくて、焦がれて、夢にまで見て訪れたエジプトは、私にとって特別な地のひとつです。
(詳しくはこちら。)

最後にエジプトに行ったのはもう10年以上も前になります。

そういえば初めて訪れたときも、再訪したときも、考えたことはなかったけれどエジプトはムバラク政権でしたね。

確かに、バクシーシ攻撃は激しかったし、ぼったくりも多かったけれど、あんなに爆発するようなものを内包していることには気づきませんでした。

先日のチュニジアも然り。

チュニジアの混乱も驚きでした。
チュニス新市街のヨーロッパのような街並みに、民衆の不満は感じられませんでした。

やはり「旅」はその土地の表面をなぞっているだけなのでしょうか?

そういえば、カルタゴの遺跡の近くにあるチュニジア大統領官邸の警備は確かに厳しくて、カメラを向けられないよう、兵士が見張っていましたね。

私にとってはチュニジアもエジプトも、比較的安定していて旅しやすいところでした。
近い将来、子供を連れて旅行するのにイスラム圏の中では比較的ハードルが低い地域だEgy_kidsと思っていました。
でも当分無理だろうなあ。

これから情勢がどうなるかは不透明ですが、報道から目を話せない日々です。

カイロ近郊で写した子供たち。

成長したであろう彼らもデモに参加しているのでしょうか?

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

« 新春大当たり? | トップページ | 豆まき »

コメント

こんばんは。

エジプトもチュニジアも行かれたのですね。
いいな~。

私は行ってみたいとずっと思いながら、まだ行けてないのですが、今回の混乱はほんと悲しかったです。
エジプト博物館の展示品を国民が壊してるのをみて、何とも言えない無念さを感じました。
そうせざるを得なかった国民の気持ちもつらいですね・・・。

こういった文化遺産や自然遺産もすべて、結局守るのは人であって、人の手で守り抜くことの難しさを痛感します。
少し前に読んだ本で「結局人は争うことを止められない、でも争いがない世界を夢見て希望を持って進んでいくしかない」といったようなことが書かれてました。日本にいると普段そういうことを感じることがないのだけど、争いが無くならない現実をちゃんと胸にとどめておいて、自分に何ができるのか考えていかないといけないなーと思ってます。

なんて硬いことを書きましたが、現実日々の生活に追われて何もできないのですが(汗)

祈ることしかできないけど、早く混乱が収まって落ち着いた国になれるといいですね。

→yuyuさんapple
コメントありがとうございます。
yuyuさんのコメントと同じようなことはクロアチアのドブロヴニクを訪れたときにもひしひしと感じました。内戦により危機に瀕した世界遺産の街を復興したのもまた人の手です。ぜひ将来、行ってみてくださいね。
日常何もできないのは私も同じです。
そうですね。祈ることしかできませんが、早く混乱が収まるといいなと思います。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/50643215

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる?エジプト:

« 新春大当たり? | トップページ | 豆まき »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ