最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

「お姉ちゃん」

最近、車に乗ると愛読書を手にする姫さん。
P1020842

2歳4ヶ月、やんちゃ盛りです。

 

彼女の愛読書は・・・「坂の上の雲」? 

でも持っている方向が逆ですけど。
文字が逆さになっているよ。

 

実はパパが車の中に置き忘れた文庫本です。

何故かとっても気に入って必ず手に取ります。

今年に入ってから、ベビーシートを外して「お姉ちゃんシート」になったのがご機嫌。

このシートになってから、手を伸ばすといろんなものに触れられます。
イタズラも増えました。

何でも「お姉ちゃん」をつけるとうれしいお年頃。

最近はお風呂の前の30分くらい、オムツを外して「お姉ちゃんパンツ」(トレーニング用の布パンツ)をはきます。
たいていは「でちゃった~」といいますが・・・。

でも「お姉ちゃんパンツ、はいたねえ」と誇らし気。

たまに、「お姉ちゃんだから」と言いながら、兄より先にご飯を食べたり、「ヒデちゃん、○○しないとダメよ~」などと説教したりも。

少しずつ、「お姉ちゃん」になっていく娘。

でも、一生、ヒデの「妹」なんですけどね。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

旅の写真集

ちょっと前の話になりますが、妹にドリームページのモニター無料券をもらいました。

ドリームページとは、フォトブック作成サイトです。

子供のアルバムを作るところですが、実はほかのサービスを利用して作成しているので、どうしようかなと考えて、P1020872旅の写真集を作ってみることにしました。

もう○○年も前になる初めての一人旅の写真で作成しました。

無料券には作成期限があったのでものすごいスピードで作りました。

デジカメがまだなかった頃の写真です。
P1020871スキャナで取り込んでいきました。
我が家のスキャナはプリンタ兼用なので、読み取りは早いのですが画質がイマイチですが仕方ありません。
昔のアルバムからパッパッと急いで選んだ写真たち。

遠い昔の学生時代。
リュック一つで旅した1ヶ月。

フランスからイタリア、ギリシアを抜けてエジプトまで。P1020866

重いペンタックスの一眼レフカメラを担いで、フィルムは36枚撮で十数本しかもっていませんでした。

オートフォーカス機能もついていませんでした。

厳選して撮った一枚一枚。

P1020867撮影したときの光景がよみがえってきます。

懐かしいなあ・・・。

おっと、ドリームページの利用をしての感想です。

いつも利用しているマイブックと比べてサクサクと軽く動きます。

マイブックは自分のパソコンにダウンロードして操作するのですが、ドリームページはサイトにアクセスして作成P1020868するからのようです。

その代わり、無料体験版だったためか、レイアウトなどは限られます。
何パターンかあるレイアウトの中から選んで写真をはめ込みます。

ご覧いただけるようにバリエーションが限られます。

P1020870また入力できる文字数もスペースによってはちょっと少なかったです。

また、保存期間も限られてしまうので、同じものを増刷しようとしても期間が過ぎると消えてしまうようです。(お知らせのメールが来ます。)

ともあれ、ひょんなことから長年の夢だった旅の写真集を作成することができました。P1020869

散文のようなコメントも、少し気恥ずかしく思いながら当時の気持ちを思い起こしながら書いていきました。

できあがってきた写真集を見てはにんまりするワタクシです。

嬉しくなってここへも何ページも掲載してしまいました。

私の旅の原点ともなる写真たちです。

お付き合いくださいましてありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

豆まき

寒い日が続いたかと思ったら、節分からなんだか急に暖かくなりました。

でもまた週末から天気が崩れそうで、寒いのが苦手な私は、春が待ち遠しいです。

立春も過ぎたことだし、もう少しで春めいてきますよね。

さて、今年も節分に豆まきをしました。

P1020829 二人とも保育園で作ってきた鬼のお面(帽子?)をかぶって、枡を持って、元気いっぱい。

カーテンに鬼のお面をセロテープで軽く貼り付けて、それを落とすまで投げました。

ついでに先日我が家にやってきたミッフィーも豆まきの的にされました。

ヒデは大きな声で「鬼は~外!」。

姫さんのほうは、消え入りそうな声で「おには・・そと・・・」。

姫さん、気が強いくせに鬼が怖くて仕方がないのです。
保育園でも号泣したそうです。

ふふ・・まだまだチビだねえ。

そういえば、去年までは保育園で「鬼」が来ると号泣していたヒデ。
今年は涙をこらえて、必死に豆を投げたそうです。

「心の中の泣き虫鬼もやっつけたようですね」と連絡帳に書いてありました。

泣き虫ヒデ坊、ちょっぴり大人になったのかな。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

どうなる?エジプト

毎日、エジプト情勢が報道されていますね。

Pmd2エジプトが自分の旅の原点である私にとっては、心配しながらニュースを見る毎日です。

タハリール広場の写真が新聞によく載っていますが、ああ、あそこでデモが起きているんだな・・・と。

カイロ博物館の建物が妙に目だって気になりました。

やはり自分で歩いた土地は、ほかの地域とちがって身近に感じるものです。

特に、行きたくて、焦がれて、夢にまで見て訪れたエジプトは、私にとって特別な地のひとつです。
(詳しくはこちら。)

最後にエジプトに行ったのはもう10年以上も前になります。

そういえば初めて訪れたときも、再訪したときも、考えたことはなかったけれどエジプトはムバラク政権でしたね。

確かに、バクシーシ攻撃は激しかったし、ぼったくりも多かったけれど、あんなに爆発するようなものを内包していることには気づきませんでした。

先日のチュニジアも然り。

チュニジアの混乱も驚きでした。
チュニス新市街のヨーロッパのような街並みに、民衆の不満は感じられませんでした。

やはり「旅」はその土地の表面をなぞっているだけなのでしょうか?

そういえば、カルタゴの遺跡の近くにあるチュニジア大統領官邸の警備は確かに厳しくて、カメラを向けられないよう、兵士が見張っていましたね。

私にとってはチュニジアもエジプトも、比較的安定していて旅しやすいところでした。
近い将来、子供を連れて旅行するのにイスラム圏の中では比較的ハードルが低い地域だEgy_kidsと思っていました。
でも当分無理だろうなあ。

これから情勢がどうなるかは不透明ですが、報道から目を話せない日々です。

カイロ近郊で写した子供たち。

成長したであろう彼らもデモに参加しているのでしょうか?

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ