最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

なんとか・・・

先日、姫さんに泣かれながら撮ってきた七五三の写真ができてきました。

感想。
あら、なんとかなったじゃないのwink

6167010011335_a_20101023_153941_0_2

姫様、むっつり怒ったような顔をしていますが、かろうじて涙はこぼれていません。

でも、この後、泣いてしまったので写真の選択肢はほとんどありませんでした。

姫さん一人で撮った写真もありません。

まあ、仕方ないですね。

6167010011335_a_20101023_154524_002

一方、ヒデ兄ちゃんはめずらしくお利口にして写真を撮りました。

スタジオ○リ○のお姉ちゃんに言われるままに次から次へと調子よくポーズをとって、笑顔で写っています。

おかげでヒデのほうは、どの写真を購入しようか迷いました。

親バカですcoldsweats01

6167010011335_a_20101023_154807_002

大抵のスタジオで広告をうっている「衣装は何枚でも無料、撮影も何枚でも無料」というのは親心をうまくついた方法だなあ、と感心させられました。

なるほど、わが子の色々な衣装での様々なポーズの写真を何枚も見せられたら目移りするでしょうね。
ついついあれもこれもほしくなって、何枚も購入することになりそうです。

幸い(?)我が家では、娘に泣かれて、二人とも衣装は一着ずつ。
娘の単独写真もナシ。

というわけでセットプランの中では一番写真の枚数が少ないものにしましたが、それでもヒデの写真を選ぶ時は迷いました。

将来「どうして私の写真はこれしかないの?」と娘に言われそうですが、仕方ないですね。

七歳のときにはまさか笑顔を見せてくれるんでしょうね。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←ヒデさんの笑顔に。よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

憧れのウブドへ ~バリ島6~

なんだか忘れた頃に、夏のバリ島旅行の続きです。
前の旅行記はこちら

~子連れバリ島旅行 6~ 4歳児と1歳9ヶ月児を連れて

バリ島旅行3日目。滞在2日目。
1日フリーなのは今日だけです。

車をチャーターしてウブドへ行くことにしました。

ヌサドゥアのホテル滞在パッケージだし、小さい子供二人連れだし、滞在日数は短いし、当初、ウブドは無理だろうなあと思っていましたが、なんとか行ける所まで行ってみようということに。

H.I.S.でもチャーターできるけど、明日、ちょこっと滞在する予定のヴィラに頼むと格安なのでこちらで手配。

ホテルまで迎えに来たストツさんという青年は「すみません。日本語あまりできないです。」と遠慮がちに言いました。でもずっと日本語で話してくれました。
予定していた人がこられなくなったようで急に手配されたようです。

でも、小さな子供のパパだというストツさん、誠実そうで感じのいい人です。この後、ヒデが「おにいちゃん」と呼んでとてもなつきました。

さあ、出発。
ダンナとヒデはさっそく車窓の風景が面白いようです。

「うわあ、バイクに三人で乗っている~」とかいちいち驚きます。
そんなに珍しいかなあ?
よく見る典型的なアジアの風景じゃない?

「日本とぜんぜんちがう、アジアだ~」とダンナさん。

そうかあ、ダンナはアジア初体験?
アジアは韓国のソウルしか行ったことがなかったのです。
なるほど。

ところが、デンパサールに入ったあたりからものすごい雨。

今日は一日、観光してまわるのに雨ではがっかり。
でも、スコールっぽいし、やむかも。

私たちの願いが通じたのか、ウブドの街に近づく頃にはほP1010530とんど雨はあがっていました。

さて、最初の観光スポットは、こちら。

象の洞窟があるゴアガジャです。

入場料(大人1人150,000Rs、高っ!そのほかに駐車料も1台5,000Rsでした。)を払って階段をおりて行きます。

半ズボンのダンナは腰に布を巻くように言われました。布は無料で貸してくれます。
洞窟は谷の下のほうにあります。

洞窟のそばにはお坊さん(?)がいて「無料でガイドしますよ」と近寄ってきました。
「ほんとに無料なの?」問い詰めると、「終わってから寄付してください」て。やっぱり。
タダは高くつきます。

洞窟は思ったより小さくて、ヒデはつまらなそう。

感想。うーんthink
こんなもん?

洞窟よりもっと下に谷を下っていけるのですが、途中で引き返しました。

実は、雨がまたパラパラと降ってきたし、姫さんだけでなくヒデまで抱っこ~としがみついてくるし、短時間で撤収を余儀なくされたのです。

えーい、気を取り直して、次へ行こう。あれ、もうすぐお昼?

と、いうわけでライステラスを見ながら早めのランチをとることに。

ライステラスに着く頃には雨はすっかりあがって、晴れ間ものぞくようになってきました。
P1010538よし、いいぞ。

おおっ、こんなロケーションで食事をとれるのね、という場所にお店が連なっています。
その中の1件に連れて行ってもらいました。

でも、テラスに近いいい席はH.I.S.で予約済みのようで・・・weep。谷側の席に案内されました。直後にサマードレスを来たリゾートライフ満喫スタイルのおねーちゃんたちがやってきました。
そういえば、我々もH.I.S.でバリに来たけど、オプショナルツアーは使わなかったのよね・・・。P1010541

我々は、ナシゴレンとサンドイッチを注文。

眠くて壊れかけたチビどもに、 先に出てきたジュースを飲ませて、ビスケットをかじらせつつ、サンドイッチを口に放り込んで、せっかくの風景を堪能する間も無い子連れ旅の悲しさ・・・。

さて、ライステラスの次はいよいよ憧れのウブドに行くことにしました。

ところが、おおっウブドの市場が車窓から見えた、という頃に・・・寝ました、4歳児。

王宮の前で車を降りたのはいいけど、眠ってもらう予定だった姫さんは起きています。
かわりに眠ってしまったお兄ちゃん。
仕方なく、4歳児のヒデのほうを、「3歳児まで使用可」のバギーにくくりつけて、姫さんは抱っ こして、歩き始めました、ウブド。

王宮では姫さんが石の彫像を見てP1010562、こわい・・と固まりました。
気が強いようで臆病なのね。

さて、次に目指すは市場。
旅先では市場は外せません。

でも、バギーに規格外の大きさのヒデを乗せてウブドのメインストリート(?)を行くのは一苦労でした。
おまけに姫さP1010566んを抱えて汗だくになってきます。
つらいぞ、ウブド。
ああ、ウブド散策の夢が・・・。

なんとか市場にたどり着いたはいいものの、バギーで市場の中を行くのはまた大変。
狭い路地やせり出した店の間を行くのはなかなか根性がいりました。
買い物もろくにできません。

市場の外回りの店を見ればいいんだ、と気づいた頃にはストツさんとの待ち合わせの時間が迫ってきました。
車を1日チャーターしているとはいえ、待ち合わせタイムは守らなくてはいけません。

それでも駆け足で、おみやげをいくつか交渉して値切って買いました。
旅人根性です。

王宮前に戻った頃には夫婦ともぐっしょり汗だくでした。

そこでヒデ様、お目覚め。
あ~あ、よく寝た、という顔つきで何事もなかったかのように伸びをします。
彼の思い出の中に「ウブドの街」は欠落ですね。

我々夫婦の思い出の中にはウブドは汗だくになって歩いた街として残るのでしょうね。

さあ、この日の後半戦に突入です。
え?もう、いっぱい歩き回ったのではないかって?
いえいえ、まだまだ続きます。

後半はなかなか珍道中になって行く予感・・・。 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ