最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 39.8℃! | トップページ | ハッピー・バースデイ »

ジェゴク ~バリ島5~

~子連れバリ島旅行 5~ 4歳児と1歳9ヶ月児を連れて

子供たちはプールで遊んで心地よく疲れたのか、ホテル内でお昼ごはんを食べている途中で眠ってしまいました。
昨晩の入国審査で寝不足になった疲れもあったのでしょう。

お昼寝の後は、今回の旅のハイライトのひとつ、ジェゴクショーのためにプラザバリへと出発です。

タクシーは、プラザバリで支払いをしてくれるので無料です。
ここで、ダンナ、ちょっといいとこ見せようとインドネシア語をカタカナでメモしてきて、行き先を伝えます。
ヒデの尊敬のまなざし。
しかし、それ以降の会話はほとんど続かないのでした。付け焼刃だからね。

ジェゴクはインドネシアの伝統音楽ショーで、H.I.S.のプランです。(H.I.S.のコースによっては無料で聴けます。)

ショーがはじまるのは夜になってから。P1010450_3
その前にお食事です。

これもH.I.S.のサービスプランのひとつでプラザバリで無料で飲茶。
飲み物は別料金ですが、料理のおかわりは無料。

でも、正直言って味がイマイチ。
なので、結局おかわりしませんでした。

食事中に外を見ると、ジェゴクの会場に人が集まりはじめました。座席の確保のようです。

P1010453オープンステージなので会場の様子が見えます。

そろそろ行きますか?

席をとった後も会場への出入りは自由です。
手首にカラーゴムをつけてくれて、これが目印のようです。

ヒデのトイレが心配だったので子供たちをトイレに連れて行ってから陣取ります。

さあ、始まります。

ジェゴクは竹製の打楽器です。

先ほども書いたように伝統なショーです。
ガムランのように古~い歴史はないようですが、最近、日本公演などもあるのでかなり認知されてきましたね。

もともとはヌガラでしか聴けなかったようですが、最近はH.I.S.のプランでプラザバリ免税店でショーを行っているようです。
そんなわけで、気軽に聴けるようになり、我が家のような子連れでも公演を見ることができるんですよね。

演奏は、うん、いい感じです。P1010457
バリっぽいというか、なんかエキゾチックですね。

天から響いてくるような感じがいいです。
子供たちが怖がらないかなと思いましたが、なんと、姫さん、いきなり寝てるし。

演奏だけでなく伝統的な舞踊も。
団長さんの孫娘たちの踊りが一番人気(?)でした。
(下に写真があります。)

途中でお客が交代でジェゴクの下に入って響きを聴くプログラムもありました。
ヒデと一緒にジェゴクの下にうずくまって目を瞑って聴いていたら、不思議な感じでした。

ヒデは音楽好きなので楽しんでいるかと思いきや、所詮、幼児です。
時間とともにだんだん飽きてきました。

しばらくすると、「もう、帰る。」と駄々をこね始めたヒデ様。
おーい、この後楽しい体験もあるそうですよ。

「いやだ、帰る~」周りの迷惑にもなるので、仕方ないなあ、とダンナが帰りのバスの時間を変更しにヒデを連れ出すことにしました。

公演が終わるのが8時ごろの予定。
帰りは8時40分のバスを予約していました。ホテルまで無料のシャトルバスが1時間に1本ぐらいの間隔で出ています。
これを7時40分のバスに変更するというのです。

最後まで楽しみたいけど、子連れの宿命か?あきらめて早めに帰るしかないかなあ。

と、その時、姫さんが目覚めました。

げっ、コイツも騒ぎ出すのか?

ところが、姫さん、寝ぼけながらも手拍子を始めたのです。
拍手もするし。
P1010469おっ、いい反応。

そして、体験の時間。

先ほど踊った少女達が、竹の楽器を客席に配り始めたら、姫さん、手を出して受け取り、ポコポコと嬉しそうに叩き始めました。

そこへ戻ってきたヒデ坊。

俄然、参加したくなり、同じく楽器を手に取ります。

二人とも嬉しそうに楽器をパコポコ叩きます。

さあ、みんなで、と叩くとポコッとずれる我が娘・・。

姫さんは周りのお客さんたちから「かわいいわぁ」なんて言われて、ますますごきげん。

ヒデも楽器を叩いているうち、なんだか楽しくなってきたようです。

しかし、シャトルバスはすでに7時40分に変更してしまいました。

もう少しで終わりなんだけどな、残念だな。
ヒデももう帰りたいなんて言わなくなって残念そうにしています。

名残惜しいけど、我々は、ジェゴクの響きを背に聴きながら、会場を去ることにしました。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

« 39.8℃! | トップページ | ハッピー・バースデイ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/49473221

この記事へのトラックバック一覧です: ジェゴク ~バリ島5~:

« 39.8℃! | トップページ | ハッピー・バースデイ »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ