最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 遥かなるホテル ~バリ島3~ | トップページ | 39.8℃! »

ニッコーバリでリゾートライフ ~バリ島4~

~子連れバリ島旅行 4~ 4歳児と1歳9ヶ月児を連れて

昨晩あんなに遅かったのに、早起きできるものです、旅先では。
朝、目覚めた我々を迎えてくれたのは、P1010367 一匹の猫。バルコニーの椅子の上にちょこんと座っていました。

おはよう。

「ほら、にゃんこがいるよ。」
チビたちにそう声をかけると意外にすんなりお目覚めです。

窓に張り付いて、「にゃーにゃーね。」「ネコさんだぁ。」と喜ぶ子供たち。
さあ、起きたからには朝ごはんに行くよ!

P1010374今回のプランには朝食がついています。

ホテル内のビュッフェ朝食。

室内ではなく、外の席に陣取りますが、眺めはいいけど暑かったです。
ジュースやパンを取りにいくのも遠かったし。
(翌日は反省して冷房の効いた室内の席にしました。)

メニューはなかなか豊富ですが、なにしろこのお子様達が言うことをききません。
なんだか食べた気分はしなかったけどしっかり頂きました。

いよいよリゾートライフの始まりです。P1010432

さあ、プールに行くよ!

子供たちのトイレを済ませて水着に着替えさせて、浮き輪を持ったらホテルのプールへGO!

クリフタワーへ行って、エレベーターで下まで降りると目の前がプール入り口。

タオルもパラソルもチェアも宿泊者はみんな無料です。
でも、プールサイドのパラソルもチェアもほとんど荷物がおいてあります。

かろうじて空いていたところへ荷物を置いて、 まずは人工砂浜のあるプールへ。

P1010390ムチムチ姫さん、従姉妹のおゆずり水着デビューです。

ヒデがピンクの浮き輪を使っているのは従姉妹ちゃんのモノを借りてきたため、ご愛嬌。

なんだか、従姉妹たちの借り物ばかりですが、まあ、P1010418節約できるところは・・・。

ヒデは「ワニさん歩き~。」と人工砂浜プールで楽しそう。

1歳9ヶ月の姫様は滑り台から降りたときバシャーッと水がかかって怖くなってしP1010414まったようです。

一泣きして、それ以降、パパに抱っこしているか、こうして気だるげなリゾートの女をしているかになってしまいました。

でも、「ゴックンのむ?」ときいたらご機嫌回復。

ちょっと高い(390Rp)けど、P1010424プールサイドで注文できます。
フルーツジュースを飲む姿が様になっています。

ああ、こんなリゾートライフ、母は30歳くらいで初めて(沖縄に行ったときに)体験したのに、アンタ、。初めての海外がこんな高級ホテルでいいのか?

ちなみに、ニッコーバリは、私が今まで泊まった中で一番高級なホテルです。
P1010376かつてはパッカーだったのでリゾートライフとは程遠い旅をしていましたから。

余談ですがニッコーバリは沖縄の日航アリビラに外観が似ているなあと思いました。南欧風のオレンジの屋根とか。
アリビラは私が過去に宿泊した唯一のリゾートらしいホテルかも。

さて、話が大幅に逸れました。

このニッコーバリのプールからはビーチへ出られるようになっています。

ヒデに「海に行ってみる?」ときくと「うん。」、手をつないで行って見ます。

海は・・・うーん、蒼い海ではありません。

コーラルリーフではないので、波がザーンと打ち寄せます。

波打ち際まで行って、足の下の砂が波にさらわれているのを楽しんだり、綺麗な貝殻を拾ったり、していたヒデ。
ところが、少し大きな波が来たとき、体を持っていかれそうな感触が怖かったようで、「もう帰る。」。
P1010429足しか海に入っていないんですけど、そんなに怖かった?

姫様に至っては、パパに抱っこして浜辺まで来ただけで、「うみ、こわい。」とパパの胸にギューッとしがみついて離れなくなってしまいました。
波打ち際から数メートル以内に行くとべそをかきます。

こんなに気が強い娘なのに、海が怖いのかい。
波の感じかなあ。

確かに、ヒデが初めて海水浴したオーストラリアのグリーン島は珊瑚礁で、波は来ないし、真っ青だったなあ。

と、いうわけで、姫さんの初海水浴はおあずけになりました。

プールでリゾート気分を味わう間も無く、お昼ご飯の時間が近づいてきました。
そして子供たちのお昼寝タイムも。

夕方からはお楽しみのショーが待っているので出かけなくちゃ。
そろそろプールから引き上げないといけません。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←のんびり更新ですが・・・よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

« 遥かなるホテル ~バリ島3~ | トップページ | 39.8℃! »

コメント

はじめまして。

一人旅が好きってママさんのブログ!!
うれしいです!!

私も一人旅すきで
結婚してからは二人旅で
息子が産まれても
海外旅行行きたいなー
って思っているところです^^

いいですねー
バリ。
読んでいるだけで
癒されます^^

朝起きてネコちゃんがいるっていうだけで可愛くって、その日一日HAPPYな日になりそう(≧∇≦)

<アンタ、。初めての海外がこんな高級ホテルでいいのか?
↑分かります~(笑)親の好きなとこへ色々連れて行ってるけど、それが普通と思われるとちょっとね^^;。
そういうのをしっかり覚えちゃって、中級クラスに泊まった時に「ここのホテル、よくないね~」なんて言われたりしたら、かなり生意気な子どもですね(笑)

長い入国審査(2時間以上かかるのがすごいbearing)でクタクタになったのも忘れるぐらいステキなホテルですね。
子供にとって初めての海ってやっぱり怖いのかな…。
初めての海水浴の時、はるるは1歳でワイキキビーチで大泣き。ゆうくんは9ヶ月の時カイルアビーチで大泣き。ゆうくんは3歳になっても海は怖がってます。今度は大丈夫かな~(^_^;)

→あいさんsun
コメントありがとうございます。
息子ちゃんとのラブラブライフ中のようですね~。
あいさんも旅行がお好きなんですね。またひとり旅行好きママとお知り合いになれて嬉しいです。
息子ちゃんが2歳になる前にぜひ海外へ行ってみてください。
子連れも楽しいですよ。

→ぎゅうまおママさんsun
ははは・・・そうですね。
ぎゅうまおくんも結構ステキなホテルを満喫しているようで。マカオの『ポウサダ デ サンチャゴ』なんか、私も泊まったことないくらいすごいグレードですよ~。bearing
我が家は、もう少し大きくなったら、たまにはビンボー旅行でもさせようかな、なんて思います。

→けいぴ~さんsun
そうですね。子供にとって海って怖いのかもしれませんね。
波が怖いのかな。
ワイキキも少し波がありますよね。
ゆうくんはそろそろ大丈夫かしら?
今度のハワイ、楽しみですね。

うんうん。
確かに、自分が子供の頃は、リゾートなんてあり得なかったものね(汗)
海外に初めて行ったのも自力だったし(苦笑)
ウチの子供たちは、高級ホテルには泊まった事ないけど
浅瀬でも熱帯魚がわんさかいるような海にしか入った事がないかも(爆)
一度、房総とか連れて行って現実見せないとダメかも(苦笑)
姫さんは、ちょうど水が怖いお年頃なのかもね・・
宮古島での従兄弟を思い出しました。

人工砂浜のあるプール!
そりゃあ、姫ちゃんたちゼータクだわね(笑)
うちも生まれて何年かは高級ホテル泊まりましたよ。
でも、大丈夫。
物心ついて記憶が残る頃には、子連れパッカーとなって安宿ばかりになってるかも…だし(笑)

ニッコーバリはヌサドゥア地区でしたっけ?
東海岸は西海岸に比べて、波はまだマシと聞いていたけど、けっこう高いんですね。
そうそう、バリってすんごく好きなんだけど、唯一の欠点が海なのよね~
サーファーには人気なんだろうけど、小さい子には波高すぎ!
海の色も大してキレイじゃないし。。。

“気だるげなリゾートの女”、ウケました!!
姫ちゃん、オ・ト・ナ~~(爆)

→くうさんsun
時代ですね。初海外が自力でない子供はどんどん増えていきますよね。
リゾートなんか確かに自分が子供の頃はなかったですね。
くうさん家のお子さんは熱帯魚のいる海しか知らないというのも笑えますね。将来、友達と海水浴に行ったらがっかりするんじゃないかしら。
ウチの子も現実を見せておかないとなあ・・(笑)

→ままりんさんsun
ニッコーバリはヌサドゥアのどん詰まりです。
街からはちょっと遠いです。
そうでうね。バリは波が高いですね。サーファーに人気なんだから想像はついたはずなのに、思ったより海が荒かったです。
やっぱり次回は珊瑚礁の海かなあ。

もの心がつく頃には子連れパッカーに・・というのは私の夢ですね。安宿に慣れてもらって、リーズナブルな旅をしつつたくましく育って欲しいものです。

こんにちは。楽しく読ませてもらいました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/49118617

この記事へのトラックバック一覧です: ニッコーバリでリゾートライフ ~バリ島4~:

« 遥かなるホテル ~バリ島3~ | トップページ | 39.8℃! »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ