最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 札幌出張~! | トップページ | ニッコーバリでリゾートライフ ~バリ島4~ »

遥かなるホテル ~バリ島3~

~子連れバリ島旅行 3~ 4歳児と1歳9ヶ月児を連れて

アイスクリームを食べ終わると、いよいよ着陸態勢です。
久々の海外。ワクワクします。

ほぼ予定通りの22時ごろバリのデンパサールに到着。
半分眠った姫さんを抱えて入国審査会場へ。P1010357

ものすごい長蛇の列です。
まずはビザ代金を払って、レシートをもらってから、この列に並びます。
短期の安いビザの設定がなくなったとのことで、一人25USドル×4人でなんと100USドル。
いきなり痛い出費です。

それにしても大混雑。
まあ、このぐらいの列は想定の範囲内でしたが・・・。

想像を超えたのは、その手続きの遅さ。

ひとり分進むのに何分かかるんだ!?
あまりの遅さにぐったりしてきました。

1時間経過。
子供たちはばっちり目を覚まして、この中を駆け回ります。

1時間半経過。
少ーし進んだ?
次も便の人たちも怒涛のようになだれ込んできたのはこの頃でしょうか。

2時間経過。
ようやくあと数人という順番に。

カウンターにたどり着く頃には、もうよれよれでした。
なぜこんなに遅いのか?
ビザの内容を一人分ずつ入国カウンターで細々と入力しているのです。

汗だくになって空港の外に出たのは12時15分ぐらいだったでしょうか。

H.I.S.の係員が数人、ほかにもかなりの係員がずらっと並んで待っています。

やっと来た~!
しかしここからがまた試練でした。

一緒のホテルに行くはずのお客がまだ出てこないのです。
また待たされます。
我々は最後のほうに並んだと思ったのに、一体何をしているんでしょう。

ホテルに早く行って子供たちを寝せたい。
真夜中のデンパサール空港前でまた汗だくになって待たされます。
見切り発車をしようという頃、ようやく2名のお客がやってきました。
やっとホテルに向かいます。

P1010358宿泊先はニッコーバリ。
ヌサドゥアの端のほうになるのでちょっと遠いのです。
空港からは30分くらいでしょうか。

ホテルに到着したのは結局1時を大幅にまわった頃でした。

遥かなるホテル・・・。

子供たちは送迎車に乗るとすぐに眠ってしまいました。

長い一日。
バカンスの1日目は何もしないままクタクタのまま終わってしまいました。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

« 札幌出張~! | トップページ | ニッコーバリでリゾートライフ ~バリ島4~ »

コメント

え~~、バリの入国審査でこんなに待たされたんですか!?
私のときは少なかったのかな?
でもクチコミか何かで、バリも子連れにやさしくて優先で並ばせてくれた、と聞いたことがあったような気がしたんだけど…
う~ん、それにしてもお疲れさまです(涙)
子連れ(しかもべビー)で2時間待ちなんて、みんなよくがんばった!!
そうそう、JALだと夜中に着いちゃうんだよね~

ちなみに前記事のキッズ機内食、マレーシア線とほぼいっしょですね~(笑)
4人いてみんながみんなバラバラな機内食って、なんかおもしろい☆

→ままりんさんairplane
そうなんです~。ままりんさんのバリ旅行記では入国はさらっと書いてあったのでこんなにひどいとは予想外でした。この程度の列は何度も経験していますが、処理の遅さは世界一でした。
子連れ優先にしてくれるかどうかは係員の気分しだいでしょうね。ケアンズのときはX線検査で別に通してもらったので、確かにそういうのもちょっぴり期待しましたけどね。
機内食、みんなちがって面白かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/49206128

この記事へのトラックバック一覧です: 遥かなるホテル ~バリ島3~:

« 札幌出張~! | トップページ | ニッコーバリでリゾートライフ ~バリ島4~ »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ