最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

札幌出張~!

またバリ島旅行記をちょっとお休みしてしまいました。

来週はなんと札幌出張なんですhappy02ヤッター。

育休を取って以来、なんとなく配慮してもらっているのかどうか、出張自体がほとんどなかったので、久々に遠方への出張です。

飛行機airplaneに乗る出張は2006年以来?

ほかの課にいた頃はがんがん飛び回っていたんですけどね。
いまの仕事になってからは滅多に遠くへは行きません。

というわけで密かにワクワクしております。
(「仕事しろ!」と叱られそうですが、きちんと仕事はしてきます、モチロン。)

とはいえ、4歳児とやんちゃざかりの1歳10ヶ月児をどうするか。
ダンナは息子と二人で過ごしたことは結構あるのですが、娘も加わるとなるとかなり強烈。

「ママ、お出かけだからじいじのお家にお泊りできる?」とヒデに聞いたら、「ママ、どこかに行かないで」と言われました。

「パパもいっしょならいい?」とたずねると「うん。」

と、いうわけで子供たち(とダンナ)は実家に預けようかなと思っています。

1泊2日なのでなんとかなるでしょう。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

「旅行人」休刊に思う

先週、昼休みに日経新聞を読んでいたら「バックパッカー誌 終着点」という見出しに目がとまりました。

サブタイトルは◇若者の海外旅行離れで「旅行人」休刊へ◇

最初に、ええーっcoldsweats02と驚き、次になんだかさびしくなりましたdespair

蔵前仁一編集長が顔写真入りで記事を書いていました。
あの『ゴーゴー・インド』の著者の蔵前さんです。

ところで、みなさんは『旅行人』という雑誌をご存知でしょうか。

バックパッカーのための情報誌です。

旅人の間ではちょっとメジャーだと思いますが、世間ではほとんど知られていないかも知れません。

実は私もかつては定期購読者でした。

息子の出産とその後のドタバタのうちに更新の振込みを忘れてなんとなく定期購読をやめてしまっていました。

当分バックパッカーはできないなあと思いつつ。

そんな自分も、休刊に追い込んだ原因の小さな小さな積み重ねのひとつになったのではないかという思いでなんとなくさびしくなったのです。

 

休刊の理由にある「若者の海外旅行離れ」が世間で言われるようになって久しいですが、そうなのでしょうか。

あまりにも情報があふれ、見知らぬ国への憧れの想いや好奇心が起こらなくなってしまったのでしょうか。

そんな流れがあるのだとしたらまたさびしいことだなと思います。

 

私が「旅行人」を購読していたのは、情報が欲しいからというよりもむしろ旅の仲間が欲しいからだったような気がします。

『旅行人』を読むと、みんなそれぞれ語るべき旅をしていて、私なんてまだまだひよっこだなあ、なんて圧倒されたり。
仕事の合間を縫って短期間でちまちまとパッカーをする自分が悲しく思ったこともありましたが、『旅行人』で「リーマンパッカー」の特集があったときには仲間がたくさんいることを知って嬉しく思ったりもしました。

内気な(?)私は積極的に投稿して発信することもキャンプ大会に参加することもありませんでした。

旅の仲間、と言っても一緒に旅をしたいとかではなく、そういうバックパッカーがたくさんいて、みんなそれぞれいろいろな思いを持って旅しているんだということの確認。
ただ、それだけでした。

今、そういうことはブログで満たされているような気がします。

そういう流れもあるのではないでしょうか。

 

「ふらりと復活する可能性もある」と蔵前氏がいう「旅行人」。

いつかまた、手に取ることができる日が来るといいなあと思います。

旅行人 ←リンクは自由だそうなので貼らせて頂きました。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

機内食あれこれ  ~バリ島2~

~子連れバリ島旅行 2~ 4歳児と1歳9ヶ月児を連れて

バシネットからはみ出して姫さんが眠っている間に、うまい具合に機内食が運ばれてきました。

ラッキーhappy02
子どもが眠っている間に食べられる!P1010348

私はお肉がダメなのでベジミールをリクエストしておきました。 狙い通り、ほかの機内食より先に運ばれてきました。

こちらです。

ちなみに、肉嫌いのため海外では(好き嫌いの説明が面倒なので)にわかベジタリアンになる私ですが、ベジタリアンにもいろいろな定義があるんですよ。
いつばんゆるいのがお肉だけ食べないベジです。卵やチーズはOK。私はこれに属します。
しかし、厳格なベジは牛乳もダメだしバターも植物性でなくてはいけません。

JALのベジミールは、この厳格なベジタリアン用の設定のようで、P1010349正直なところイマイチおいしくありませんでした。

ダンナさまはこちらの普通の機内食です。
もちろん、ビールもいただきます。

ところで、機内食のメニューですが、個別に配布しなくなったんですね。
大きな紙に2種類のメニューの写真が書いてあるものをCAがお客に提示して選ばせて、また次の人へ見せて、という形。
これも経費削減の一つなのでしょう。

我々両親が食べ終わる頃、ちょうど子供たちが目をP1010351覚ましました。
そこで、CAにお願いしてリクエストしていた機内食を運んできてもらいました。

4歳のヒデのキッズミールはこちら。
なんだか大人の機内食よりもおいしそうです。

1歳9ヶ月(当時)の姫さんのベビーミールはこちら。P1010352

月齢にあわせた食事ですが、なんでも食べる姫さんにはもの足りなかったかもしれません。

ちなみにこのひじきせんべいはお持ち帰りしておやつP1010353_2としてとても重宝しました。

機内ではミネラルウォーターも配られました。
これもとても重宝でした。
機内は乾燥しますからね。
子供たちの分もいただきました。
喜んで飲んでいましたよ。

P1010355 到着前にデザートもいただきました。

アイスクリームです。

ところが、ベジメニューの私はバナナ1本despair

アイスクリームは乳製品ですから、ベジタリアンにはダメなんですね。

一家4人全員がそれぞれちがう機内食。
これだけでいっぱい書いてしまいました。

なかなかバリに到着しませんが、もうすぐです。
 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらポチっとしてくださいね。
にほんブログ村

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ