最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« とりかえっこ | トップページ | シアワセって »

本当に大切なもの

3月31日、正確には4月1日の真夜中、エイプリル・フールの冗談かと思いたいような大事件が発生しました。

夜中の1時30分ごろ、電話が鳴りました。

なんだか嫌な予感がして電話に出ると、「救急隊員です。○○さん(ダンナ)を○○病院に搬送します。」と言うのです。

一瞬、頭の中が真っ白になるとはこういうことなのか、という感じになりました。

ダンナは毎日のように日付が変わるまで働いていたので、ついに来たかという気もしました。

でも、すぐに気を取り直して、どういう状況かと救急隊員の方にたずねると、命に別状はないとのことなので、少しは落ち着きました。

病院に駆けつけたいけど、子供たちはすやすやと眠っています。
どうしよう。

夜中ですが、実家に電話してじいじばあばに来てもらいました。

病院に行ってみると、点滴をしているダンナは思ったよりはしっかりしていて、少し安心しました。
まだ少し胸が苦しいけれど、お腹が減った、なんても言いました。

cherryblossom cherryblossom cherryblossom

真夜中ですが、上司も駆けつけてきて、申し訳ない、と謝りました。

私は思わず苦言を呈しました。

主人はもう2年間も毎日のように日付が変わってから帰宅する日々で、3時4時になることもある。
このままではいずれ倒れるだろうと危惧していた。
主人の話によると、一部の人に負担が偏っているのではないか。
今回の人事異動でさらに負担が増したのではないか。
組織としてどうなのか、課長さんは把握していらっしゃったのか。
ご配慮いただけないとまた倒れるのではないかと心配だ。

ダンナ様は点滴に繋がれつつ、気の強い妻が上司をボコボコにやっつけているのではないかと気が気ではなかったそうです。

大丈夫ですよ。内容はともかく、一応、社会人として失礼のない態度と言葉遣いで申し上げましたよ。

cherryblossom cherryblossom cherryblossom

結果的には、過労で倒れただけなので、大事に至りませんでしたが、今回の件ではいろいろと考えさせられました。

本当に大事なものは何か。

ダンナは、倒れたとき、言葉が出なくなりながらも、必死に子供たちの名前を叫んだそうです。
こんなところで、死ねない、と。

倒れながら、ダンナは、「俺、このまま死んでしまうのかな、生きて帰れても身体障害かな」と頭の片隅で恐怖に震えたそうです。

cherryblossom cherryblossom cherryblossom

本当です。仕事なんかで、死んではいけません。

上司に嫌われてもいいし、同僚に憎まれてもいいし、出世なんか考えなくてもいいから、元気でいてほしいです。
もう、これからは、仕事は割り切って帰ってきなさいよ。
仕事なんかいくらでもかわりがきくけど、子供たちのパパはかわりがきかないんだよ。

ダンナに語りかけながら、自分の仕事のスタイルについても考えました。

何のために働くのか?

本当に大切なものは何か?

人それぞれなのでしょうが、私にとっては、ダンナにとってはどうなのか。

cherryblossom cherryblossom cherryblossom 

今回の件で、年度初めの一番忙しい時期だけど、私自身もあえて休みを取りました。
病院の支払いに行ったりするためですが、それだけではありません。

私の同僚達も毎日夜中まで働いています。

これを機会に、自分の上司や同僚にも考えて欲しかったのですが、どうでしょうか。

人があっての仕事です。

人材の大切さをいつも説いているはずの上司達に、考えてもらう機会にはならなかったでしょうか。

ダンナのいる課では、事務分担の大幅な見直しを考えているそうです。
ダンナの上司の方は結構ショックを受けていたようです。

来週からは人間らしい生活ができるようになるといいなと、夫婦で語り合っています。

とりあえず自宅で木金と2日間静養したダンナです。
子供たちはママが早くお迎えに来て、パパがお家にいるので大喜び。

久々に、ささやかなあたりまえのような小さなシアワセを実感しました。

気がついたら4月になっていました。  

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしかったらお見舞いのポチを。
にほんブログ村

« とりかえっこ | トップページ | シアワセって »

コメント

大変でしたね。よく若い子が結婚で職場を離れるのを悩むとき、「仕事は生活のためのもの、自分の人生のすべてにならないように。いま大切なものを選んで。」ってアドバイスをするの。
仕事も大切だけど、そこには生活あってこそのもの。健康に害を来したし、生活が円滑に行えない仕事は駄目だと思う。
うん、奥さん、よく言った!!
でもでも、お大事にね。ゆっくり休んで。

大事に至らなくて本当に良かったです。
真夜中にそんな電話が来たら
それだけで取り乱してしまいそうだけど
落ち着いて対処したきういさん
すごいです。
ご主人、倒れるほどの過酷な勤務・・
これを機にピリオドが打てる事を祈ってます。
実は、私の友達のご主人も、過酷な労働が原因で亡くなってるの・・。
そんな友達が身近にいながらも
毎日バタバタと過ごしてると
本当に大切なものを見失ってしまってる自分・・
本当に大切なものって失ってみて初めてわかると言うけど・・
それじゃ遅いものね。
私も、今回の記事読んで、改めて大切なものを考える良い機会になりました。きういさんも、休みながら無理せずにね。
子供さんたちのママも変わりはきかないのですから・・

ご主人、大事に至らなくて本当に良かったです。
読んでいて自分のことのようにドキドキしてしまいました。
労働条件を見直してくれるようになるといいですね。何が一番大切なものなのか…、何のために仕事をしているのか…きういさんの今回の件で、私も主人も改めて考えるいい機会を与えてもらえました。
朝、行ってきま~す…と何気なく出かけていく家族みんなと、夜に顔を合わせられる事が当たり前だと思わないように、常に感謝の気持ちも忘れないようにしたいと思います。
きういさんも無理しないでね。

なにはともあれ、ご無事でよかったと胸をなでおろします。
しばらくは心配な時が続くと思いますが、どうかきういさんも無理をなさいませんように。
私も、年度末と年度初めの慌しさで気持ちに余裕のない日々を送っておりました。
気をつけます。

→みなさん、コメント本当にありがとうございます!!
まだちょっとバタバタしていますので、また後ほどお礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/47796573

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に大切なもの:

« とりかえっこ | トップページ | シアワセって »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ