最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 復帰しました、が・・・。 | トップページ | 田村さんに勝ったよ »

共働きで共倒れ・・・?

イキナリなタイトルですが・・・。
今、我が家では共働きではなくて、共倒れしそうな気分です。sad

P1000358

この子供たちがいるから頑張れるのですが、それでもかなり疲れてしまいました。

仕事に復帰してまもなく一ヶ月が過ぎようとしています。
この一ヶ月、怒涛のように過ぎました。bearing

姫さんは、ならし保育を十分にできなかったためか、預けるときに毎朝号泣。
最初の数日は一日中泣いていて、お昼ごはんもあまり食べなかったようです。
ヒデのときはそんなに激しくなかったけど。

仕事は、はっきりいって量が倍以上に増えていました。
これを子供のお迎えに行くまでの時間に片付けるのはもう、不可能!という量です。wobbly

ダンナは「今日」のうちに帰ってくるようにはなりましたが、やっぱり忙しいです。

どうやって乗り切ったか?

乗り切れません。gawk
自分だけでは。

実家の世話になりました。sad

毎日のようにじいじかばあばにチビさんたち二人を迎えに行ってもらって、お風呂とご飯を済ませて仕上げてもらいました。

ありがたいです。

ありがたくて涙が出ます。
ほんと。

そうでなかったらほんとうに今頃は共倒れでした。

でも、こんな生活をいつまでも続けるわけには行きません。
実家の両親だってそんなに暇ではありません。

どうしたらいいのか、本気で悩むこの頃です。

困ったのは、上司がその辺のところ、よく分かってはいないのではないかということ。
配慮がほとんどありません。

子どもがいるからと甘えるつもりでは・・・いや、ちょっとはそんなつもりもありますが、それにしても・・・です。

同じ課の中でも6時に帰る人たちはいます。
私の係だけが毎日夜中まで残業です。日付が変わることもしばしばだそうです。
私はさすがに実家に子供を引き取りに行かなくてはならないので9時過ぎまではいませんが。
同僚にも申し訳なく思うので、自分として精一杯のところでやっています。

でも、これって、組織としていかがなものでしょう?

ちょっと不満を述べてしましました。
でも、一月頑張ってみて、精一杯頑張ってみて、そう思ったのです。

こんなときどうしたらいいのでしょう?

辞めるという選択肢は私の中にはありません。

だけど、これでは・・・共倒れしそうです。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←せめてぽちっと応援してくださいね。

« 復帰しました、が・・・。 | トップページ | 田村さんに勝ったよ »

コメント

はじめまして。
姫ちゃんと2週間違いの娘がおり、
いつも共感しながら読ませていただいてます。

今、どこの会社も似たり寄ったりです・・・
私は、面談の際に異動を希望したら、
配慮どころか「うちの会社じゃなくても
自宅の近くで、生活スタイルと合う仕事を
選べばいいんじゃない?」と言われました。

でも、タイミングよく異動できた子もいます。

6時に帰れるところに異動を希望して、
叶えてもらえたらラッキーだと思います。

子供にとっては、お母さんが元気なことが
一番だと思うので、是非あらゆる選択肢を
考えてみてください。

思いがあっても現実、条件が許さないこともありますよね。
使える手は最大限使って。
今が大変。でも、今だけだから。

そう、うまく事が回り始めるとどうにかなるから、
子供だって日に日に大きくなる。

無理せず、前を向いてご一緒にがんばろッ♪

→michikaさん
ありがとうございます。
我が家のムスメと2週間違いの娘さんがいるんですね。happy01

仕事は、今週に入って先月よりは少し落ち着いてきました。と、いうより3月になるともっと忙しくなるので小休止といったところでしょうか。
一応、私を戦力と考えてこういう配置をしているということもあり、いらない人材と判断されるよりはずっとありがたいのですが・・・と考えてなんとか頑張っています。
今度の春で異動できればラッキーなんですけどね。

確かに子供に元気な姿を見せることが大事ですね。心がけます。

これからもよろしくお願いします。
michikaさんもブログをお持ちでしたら、URL教えてくださいね。遊びに行きます。

→GONさん
ありがとうございます。
そう、今だけだから、と思いなんとかやっています。
今週はちょっぴりうまく回ったりすることもありました。うん、そうですね。
GONさんのコトバはいつも前向きで励まされます。
4人もお子さんがいて、しかも私のような9to6の仕事でもないから決して楽ではないはずなのに、ちいさなウレシイことを上手に見つけて素敵な言葉で表現しているGONさん、見習いたいなと思うことがしばしばです。
「無理せず、前を向いて一緒に」頑張ります。

少し元気を取り戻されたようで
良かったですshine

娘は、0歳の頃、姫ちゃんとよく似ていて、
初めてこちらのブログで写真を見たとき、
主人と一緒に盛り上がってしまいましたhappy01

それからちょこちょこ見に来ていたのですが、
昨年、会津(祖父の故郷)と那須に行く機会があり、
両方ともちょうど旅行の予定を考えている時期に
旅行記がアップされたので、旅館やレストランなど
参考にさせていただき、とても楽しく過ごすことが
できました。(特に庄助の宿)
ありがとうございましたclover

これからも、影ながら応援してますsign01

p.s ブログは持っていません、ごめんなさいsweat02

→michikaさん
ありがとうございます。

昨年、会津と那須に行かれたんですね。
奇遇ですね!
参考になってよかったです。そう言っていただけるとうれしいです。

これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/47145195

この記事へのトラックバック一覧です: 共働きで共倒れ・・・?:

« 復帰しました、が・・・。 | トップページ | 田村さんに勝ったよ »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ