最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« ついに来た!? 新型インフル疑惑 | トップページ | 生と死と »

一升餅

冒頭から、なんだこれは?の泣き顔ですが・・・。

P1040892

我が家の姫さん、一升餅を背負っているところです。

そうなんです。
我が家の娘も1歳になりました。

10月2日のことです。

P1040897

ここしばらく、我が家ではいろいろありまして・・・。
(ご無沙汰いたしました。)

実家で一升餅を用意してあげると言われていたのですが、バタバタしていて間に合わず、もち米を一升分包んで背負わせました。

なかなか起き上がれずに苦闘しています。

P1040902 「ひどいよ、ママ!」

やっと起き上がった娘。
まだ号泣しています。

・・・大きくなったね。

この1年、思い起こすといろいろあったなあ。

もうすっかりあんよも上手になって、意思表示もはっきりしてきたおチビさん。

去年の今頃は、ほにゃほにゃの赤ちゃんだったP1000821んだよ。

真っ青に輝く秋晴れの下、親孝行なあなたは、ぽんっ!と超安産で生まれてきたの。

私が切迫流産で2回も入院したから、赤ちゃん大丈夫かなって心配したけど、元気に生まれてくれてほんとにほっとしました。

かわいかったなあ。

いえいえ、過去形ではなくて・・・ますますかわいいよ。

P1050115_3

これからもすくすく元気に成長してね。

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ ←よろしかったらぽちっとお祝いしてくださいね。

« ついに来た!? 新型インフル疑惑 | トップページ | 生と死と »

コメント

お誕生日、おめでとう♪
ふふっ、一升餅(米)本人は迷惑そう(笑
でも、ホント、子供の成長ってすごいよね。
泣くし、笑うし、私たちを幸せにしてくれる♪

かわいいよ♪どんどん、おおきくなぁ~れ♪

重そう^_^;
でも、元気な子にそだつよね~

子供が生まれるまでそういう風習があるのを知りませんでした。
私が(なぜか)不在の中、義両親が持ってきてお姉ちゃんにしょわせたようですが・・・
現場は目撃していません。
妹ちゃんのときもなぜかはすでに切り刻まれていたので、このときも見てないの。
う~む、不思議だ。

お誕生日おめでとう♪
そうそう、一升餅背負わせると
大概、こうなるのよね(笑)
子供にとっては
いつも優しいパパ、ママが、何故こんな事を・・
しかも何で笑ってるの~?って感じだよね(笑)
姫さん、元気そうで何より☆
一番下のオスマシ姫さん、何だか凄く大人びて見えるわ~☆
上の写真と、同一人物とは思えない感じ(笑)
これからの成長、ますます楽しみだね~

→GONさんchick
ありがとうございます。
そうですね。子供たちの成長って私たちを幸せにしてくれます。
笑顔だけでなくて、泣き顔でも。
どんどん大きくなってねと願っているけど、大きくなったらそれはそれでちょっぴり寂しいんだろうなあ。

→maki nさんpenguin
私も姪が生まれて初めて一升餅の風習を見たような気がします。
maki nさん、わが子たちの一升餅姿を見ていないんですね。なんか不思議ですね。happy01
では、将来、孫に背負わせて見ますか?それとももうひとり?

→くうさんfish
ふふふ。泣いているんだけど、笑ってしまうんですよね。
本人は「ひどいよ~」って思っているかなあ。
おすまし顔はなかなか見せてくれません。
髪の毛がいっぱいあるからちょっと大人っぽく見られがちですが、まだまだオッパイ星人です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/46399915

この記事へのトラックバック一覧です: 一升餅:

« ついに来た!? 新型インフル疑惑 | トップページ | 生と死と »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ