最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 一升餅 | トップページ | かみのやま散策 »

生と死と

前の記事に、ここしばらく「いろいろありまして、」と書きました。

先週は、生と死と・・・本当にいろいろありました。500ka086l

実家の祖母が亡くなり、娘は満1歳を迎えました。

祖母の通夜に行って、納骨に立ち会って、告別式に出席して。
その前に子供たちにフォーマルっぽい服を買うために走り回り。

告別式の翌々日には実家にお線香をあげに行って、娘の一升餅を背負わせて。

祖母の初七日も迎えないうちにヒデの運動会があり、その晩は子供たちと中秋の名月を眺めました。

この一週間を思い起こすと、はるか以前のことのようにも思えてきます。

 

大正3年生まれの祖母は95歳でした。

大正、昭和、平成の3つの時代を生き抜いた祖母。
第一次世界大戦開戦の年に生まれ、関東大震災も(当時住んでいた会津も揺れたそうです)、第2次世界大戦も体験してきました。

華やかなことが好きで、若い頃は○○小町と言われたという祖母は95歳にはとても見えない美しい死に顔で横たわっていました。

私の父を含む祖母の5人の子供たちと、私にとっては従兄弟にあたる孫達をはじめ親戚がどっと集まりました。
20年ぶりに会う従姉妹もいました。

あんなにしっかりとしていた祖母がお骨になってしまったのが現実のものとして実感できなくて、実家に行くとひょいと顔を見せてくれそうな気がして仕方がありません。

P1040872 さて、そんな祖母の、彼らにとっては曾祖母のお葬式に出席したわが子たち。

母の期待を裏切って大騒ぎ。

おかげで私は告別式の間中、バギーを押して斎場の廊下をうろうろしていました。

ヒデまで「ママ~」と泣き出してダンナにロビーに連れ出されて静かにしなさいと説教されていました。

よく考えてみると、仕方ないですよね。

まだ何が起きたのかよく分からない子供たち。

3歳児のヒデに「おばあさんにはもう会えないんだよ。」「お星様になっちゃったんだよ」と言ってもきょとんとしています。
まして1歳目前の姫さんをや。

おばあさん、ごめんなさいね。

でも、この子達が、おばあさんの命を確かにリレーして生きていくのです。

いつか私が死んだとき、こうして集まってくれる孫や曾孫がたくさんいたらそれは幸せなことなのではないかしら。

そう思って赦してくださいね。

(合掌)

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ ←よろしかったらぽちっとお願いします。

« 一升餅 | トップページ | かみのやま散策 »

コメント

いろいろ大変だったんですね・・・
謹んでお悔やみ申し上げます。
それにしてもお祖母様、95歳!なんて大往生ですね。
たくさんの孫やひ孫に囲まれて、ワイワイガヤガヤ・・・みんなにおくられるのが、お祖母さまのいちばんの喜びだと思いますよ。
私もそんな死を迎えられたら幸せだろうけど、、、娘に子だくさん、がんばってもらわなきゃ(笑)

それから、姫ちゃん、お誕生日おめでとう!!
前回の一升餅に引きずられている?写真・・・可笑しくてかわいい~~
そっかー、あれからもう1年が経つんですね~
なんだか、子どもの成長ってあっという間!
うかうかしてられませんね・・・

忙しかったですね。
子供にとってはよくわからないだろうな、葬儀や人の生き死に。
でもきっとシンプルな何かは感じてるはず。

そうそう、ぽっと子供のフォーマルが必要になる時のバタバタ感。我が家も何度となく経験してます。
黒っぽい服って思っても、普段着では・・・ってね。

いよいよな意味で、ご苦労様でした。

謹んでお悔やみ申し上げます。
大変でしたね。私も実家にいた祖母を2年前に
亡くしました。元気だった祖母が体調を崩して一ヶ月後に亡くなりました。未だに信じられない気持ちでいっぱいで、実家に帰るとまだ祖母がいるような感じです。なので、きういさんの気持ちはよくわかります。曾孫達の成長を見守って欲しかったな~。
でも、きういさんの言われた「おばあさんの命を確かにリレーして生きていくのです。」という言葉が心に響きました。それが、本当の供養なのですよね!

姫ちゃん1歳のお誕生日おめでとうございます!
一升餅を引きずっている写真かわいいですねlovely

→ままりんさんmaple
よく考えると95歳ってすごいんですけど、元気だったから100までいくかなって思っていたんです。
たくさんの孫や曾孫が集まってにぎやかに見送ることができてよかったのかな。
少子化の時代、こんなお葬式はどんどん減っていくんでしょうね。
我が家も将来、子供たちに頑張ってもらわないと。

そうなんです。あれから1年がたちました。
子供の成長ってほんとうに早いですね。
・・・ということは、自分もトシをとるのが早くなってきているような。

→GONさんclover
子供なりに雰囲気を分かってくれるかなと思ったのですが、難しかったかもしれません。
でも何かは感じていたようです。

目が回るような一週間でした。
GONさんのところなんかは4人だから、子供の服をそろえたりするのもまた一苦労ですよね。

→けいぴ~さんbud
我が家も祖母は3週間ほどの入院で亡くなってしまいました。
心構えができていなかったというか、年が年だから仕方ないよねと自分に言い聞かせましたが、実感はなかなかわきません。
ひ孫たちの記憶に残る頃まで生きてもらいたかったなとも思いますが、ひ孫たちの顔を見てもらえただけでもよかったのかな・・・。

きういさん、こんにちは。

悲しいお別れがありましたね。
大変だったでしょう・・。
でも、おばぁさま沢山のご親戚に見守られておよろこびになっているのではないでしょうか?
小さなヒデくん達には確かに理解できないでしょうけど、きっと感じていますね。
まさに命のリレー、感慨深いものがあります。
遅ればせながら ご冥福お祈り申し上げます・・

→まるにじこさんtulip
悲しい別れでしたけど、集まった孫や曾孫たちにきっと喜んでくれたはず・・・と思いたいです。
でも、ウチの曾孫、もう少しおとなしくしていて欲しかったなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/46413050

この記事へのトラックバック一覧です: 生と死と:

« 一升餅 | トップページ | かみのやま散策 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ