最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 生と死と | トップページ | ふれあいの旅 »

かみのやま散策

かみのやまふれあい紀行 その3
《かみのやま散策》

ちょっと間が空いてしまいましたが、先日のかみのやま温泉の続きです。

駆け足でかみのやまを観光してみましょう。
お子様連れなので、正直言って観光は予定していなかったし、期待もしていませんでした。ので、リサーチもしていなかったため、却って素直に楽しめました。

旅館には早めに入りましたが、貸切り温泉の予約時間は16時ですので、その前にかみのやまの街を少し散策しました。
姫様はバギー、ヒデ様は徒歩(あれ?ときどき、というかかなりの部分、抱っこ)です。

P1040409

最初に訪れたのはここ、かみのやま城
入場料大人400円。旅館のフロントなどに割引券があり350円になりますが、帰ってから気づきました。しまったbearing

中は博物館です。
エレベーターで昇ると展望台。
ふもとには足湯が見えます。

P1040392

ヒデが展示コーナーが暗いからと怖がるので、私は早々に出てきました。

で、足湯でダンナと待ち合わせ。

続いてもう1箇所だけ別の足湯に行ってみます。
地図を見るとコンパクトな街中に5箇所の足湯があります。

こちら(↓)は、「足湯カフェ」のある足湯。
旅館街のど真ん中にあります。

P1040431

足湯のとなりで飲み物を買って、足湯に入ってのんびりする足湯カフェ

ヒデが「ジュース飲む」と言うのでオレンジジュース購入。
300円なり。

P1040420

パパは足湯。
足湯は「熱い」というヒデ。

私は待機。
すぐ脇が道路なのです。ヒデが飛び出したりしたときにダッシュできるように靴は脱ぎません。

姫さんは「つまんない」というお顔。

P1040426

「わたしも足湯にはいりたいなあ・・・」

毎度のことながら旅先ではいろいろ付き合わされるばかりです。

ここで、貸切風呂タイムになったのでお宿に戻りました。

徒歩で1時間あまり。

武家屋敷通りはこの日は時間切れで飛ばしましたが、翌日、旅館から駅に向かう時に散策しました。
ついでにここでご紹介しましょう。

P1040518

ほんの数軒ですが、なんともいい感じの武家屋敷というか古民家が軒を連ねます。
ヒデ様はかなりお気に召した様子。

P1040524

ヒデが一番気に入ったのはこれ(↓)。
水琴窟(すいきんくつ)です。

P1040516_2

こうして水を流すと、琴のような音色を奏でます。 

「もっとすいきんくつ~」と言って走り回りましたが、設置されていたのを見つけたのは2軒でした。

さてさて、駆け足かみのやま散策 、いかがでしたでしょうか。
もう少しだけおつきあいくださいね。

次回はヒデとかみのやまの方々のふれあい編に突入です。

《つづく》


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ←よろしかったらぽちっとお願いします。

« 生と死と | トップページ | ふれあいの旅 »

コメント

お城やら足湯カフェやら、いろいろあるんですね~
せっかくの足湯も、子どものために靴も脱げないのはかなしーけど・・・
姫ちゃん、「つまんない~」という顔をしながらも、ちゃんとバギーで待っているなんてお利口さん♪
早くみんなに交じって楽しめるようになるといいね。
武者屋敷通りも、すっごくいい雰囲気!
散策が楽しそうですね~

→ままりんさん(^^)
ほんの1時間あまりの散策にしては盛りだくさんでした。
姫さんはもう少し大きくならないといろいろ参加できなくてかわいそうですが・・・。
足湯カフェって初めて見ました。
簡単だけどなかなかいいアイディアですよね。
ほかの温泉地にもあるのかしら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/46257183

この記事へのトラックバック一覧です: かみのやま散策:

« 生と死と | トップページ | ふれあいの旅 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ