最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

悪すぎる!自転車のマナー

昨日、とってもショックな出来事がありました。coldsweats02
ヒデが自転車事故で怪我をしたのです。

パパの自転車の前に専用のかごをつけて乗っていたヒデ。

前から来た高校生に衝突され、パパと二人で転倒。
ヒデは頭から倒れて顔をすりむきました。

P1050207
▲「ぶっぷー。じてんしゃもじどうしゃもうんてんはちゅういしようね。」
写真と本文は関係ありませんhappy01

ダンナからの電話で急いで駆けつけると、ヒデは顔中血まみれで泣き叫んでいました。
最寄の医者に(まだ診察前でしたが)ダンナがヒデを担ぎ込んでいました。

幸い、擦り傷ですみましたが、ヘルメットをかぶっていなかったらと思うとぞっとします。

事故の原因は高校生の自転車のマナーの悪さにあるようです。

横に並んで走ってくる高校生を、さらに後ろから抜いて出てきた生徒がダンナと正面から衝突したそうです。
もともと車道寄りの縁石ぎりぎりを走っていたダンナ側は避けようがない状態です。

我が家は学校の多い地域にあります。
朝は高校生が自転車で群れになるようにして走っています。

彼らの自転車走行のマナーの悪さは、以前から気にはなっていました。

横に何列にも並んで歩道(自転車通行可)を走ってくる生徒が多いのです。

ダンナをはじめ通勤する流れとは逆方向。
対向して走ってくる形になりますが、なかなかよけません。
一方通行ではないのです!

友人達と話しながらまともに前を見ない生徒も結構います。
中にはヘッドホンで音楽に気をとられてぼーっと来たり、甚だしいのは携帯をいじっている場合もあります。

日ごろから「危ないなあ」と漠然と思っていましたが、ついにこんな事故が起こってしまいました。

調べてみると、中高生が加害者となり、歩行者(多くは高齢者)が転倒して死亡する事故が全国でかなり起こっているようです。
幸い、幼児が被害者になったケースはそれほどないようですが。
でも、ヒデだってヘルメットをかぶっていたから軽症ですんだのです。

自転車のマナー、もう少し考えて走行してもらわないと。
ちなみに自転車事故は高校生でも責任能力は問われますよ。

毎朝パパの自転車に乗って保育園に行くのが楽しみだったヒデが、昨晩「自転車、乗らない・・・。こわい。」とつぶやきました。

今朝は車で送っていきましたが、このまま自転車恐怖症になったらかわいそうだな。

ところで、ダンナは高校へ電話して、生徒の自転車走行のマナー改善を指導するよう申し入れました。

通常、こういうケースだとものすごく罵倒されるんでしょうね。
校長先生から「冷静に話していただいてありがとうございます」と言われたんですって。

ダンナ、えらいな・・・。
私だったら生徒を呼び出して、相手がごめんなさいと泣き叫ぶぐらい怒鳴りつけるな。
ヒデの具合によっては、相手を殴ってしまうかも。

生徒達の自転車マナーに改善が見られない場合は、私が罵倒するかもよ、気をつけなさいね。

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ ←よろしかったらぽちっとお願いします。

※ちなみに自転車の「並進」だけでも罰金2万円以下等に当たるそうです。

今のところ順調

姫さん、ちょうど1歳になりましたので、先日麻疹風疹(MRワクチン)の予防接種を受けてきました。P1050212

ほんとは1歳になると同時の週ぐらいに受けたかったのですが、9月下旬にポリオの予防接種を受けていたので私が目論んでいたよりも3週間ほど遅めのペースです。

なぜ予防接種を急ぐかと言えば、

1 新型インフルの予防接種の前にできれば季節性インフルの予防接種を受けさせたいから

2 仕事に復帰する前にできる限り予防接種をクリアしたいから

です。

ヒデのときは、何度も中耳炎になって三種混合が延期に次ぐ延期で復帰にはぎりぎりセーフ。
麻疹風疹は仕事復帰後に激務を縫って駆け込んだ感じ。
ポリオに至っては耳鼻科の先生に「今ならなんとか調子がいいから、これを逃さないように、今日か明日、接種日の設定があったら行ってください」と言われて、仕事を休んでちょっと遠くの接種会場まで車を走らせました。

そんなわけで予防接種というと、なんだかえらく苦労をするイメージがありました。

で、姫さんはというとなかなか優秀。今のところ順調です。

BCG三種混合Hibワクチンポリオ1回目までを夏前にこなして、今回ポリオ2回目麻疹風疹
ここまで完璧・・・。

でも想定外の新型インフルエンザの予防接種が出てきたので、おたふく水疱瘡などの任意接種は復帰まで間に合いそうもありません。

いや~自分で子供を持つまで、赤ちゃんがこんなにたくさんの予防接種を受けなくちゃならないなんて知りませんでした。

育休がなかったら大変だっただろうなあ。
ほんと有給なんてあっというまに吹っ飛んでしまいますね。

そういえば復帰まで2ヶ月余りとなりました。
カウントダウンが始まった感じで、やることはいっぱいあるのに・・・と、あせっています。
今日はアルバム整理・・・できるかな?

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ ←よろしかったらぽちっとお願いします。

赤ちゃんがやってきた?

ヒデに今度は弟誕生?

P1050271

いえいえ、違いますよ。

先週、ヒデの従兄弟が誕生したのです。

P1050272

私にとってはじめての「甥」です。

妹の子供は女の子2人、ダンナのお兄さんのところも女の子、というわけで今まで「姪」しかいなかったんです。

そう。今までヒデは従兄弟達の中で唯一の男の子でした。

ついに甥っ子が生まれて、なんだか楽しみな私です。

姫さんも赤ちゃんを見に行きました。

それ以来、なんだかおっぱいにくっつく時間が長くなったような・・・。

え?赤ちゃんがえりしたの?

まさかね。

P1030301

こちら(↑)は友人のなんと四女が生まれたので会いに行ったときの写真です。

こちらは初夏の頃のお話です。
アラフォー出産で頑張った高校時代の同級生。

女の子4人なんて「まるで若草物語ね」と言ってきました。

姫さん、複雑な顔をしてみていましたよ。

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ ←よろしかったらぽちっとお願いします。

最近なんだか気合が入りません。
喝を入れてくださいな。

ふれあいの旅

かみのやまふれあい紀行 その4
《ふれあいの旅》

ヒデはかみのやま温泉旅行から1ヶ月以上もたった今でも「温泉楽しかったねえ、また行きたいねえ」とよく言います。

P1040342

新幹線に乗ったのも、旅館の鯉を見たのも、貸切風呂も、みんな楽しかったと言います。

そして、旅で出会った「おじちゃん」や「おばちゃん」のことも楽しそうに時々話します。

こんな短い旅なのにいっぱい「ふれあい」を体験したヒデ。
旅の楽しみをまたひとつ覚えたのかもしれません。

まずは朝市をご紹介しましょう。
翌日、朝食前に、旅館街の谷間のような駐車場の隅で開催されていた朝市にみんなで出かけました。

P1040484_2

お店の方にすすめられた試食のぶどう。
一粒いただいたら、「おいしいねえ。」と、ヒデ、どんどん食べます。
おーい、試食なんだから、せめて2、3粒にしてよ。

だめよ、と言ってもどんどん食べて、皮を見ると10粒くらい?食べた模様。しかも大粒の巨峰・・・、だわよね。

それを見ていたお店のおじさん、叱るどころか、「これ、もっていきな。いたんでるからもう売れないんだ。」とぶどうを一房、くださいました。

いたんでいるのはほんの2粒くらい。立派な大粒のぶどうです。
もう、びっくり。
「ヒデ、ほら、おじちゃんにありがとうは?」
「ありがとうhappy01

なんだか申し訳なくて、でもその温かさがものすごく嬉しくなって足取りも軽く旅館へ戻るその帰り道。

今度はヒデが「ジュースのみたい。」というので自動販売機でジュースを買おうと立ち止まりました。

姫さんが抱っこしたのでちゃっかりバギーに乗っているヒデ様です。

P1040485

と、お散歩していた近所のおばあちゃんがいきなり、「かわいいこと~。お駄賃上げるからジュース買ってもらいな。」とヒデの手にお金を握らせたのです。

へ?

またまたびっくりcoldsweats02

あわてて、「いいです~。」と断ったのに、「いいからいいから。」と言ってヒデと姫さんに手を振ってまた歩き去りました。

ヒデの手には120円が。
100円でなくて120円というのがなんとも泣かせます。
この自販機のジュースの値段と一致します。

いろいろもらってしまうヒデ様。

朝食時には、配膳していた方からふりかけとふりかけに入っているアンパンマンシールをいただきました。
ふりかけはサービスに含まれるかもしれませんが、シールはふりかけ20個に1枚しか入っていないものです。ラッキーだったのでしょうね。

さて、チェックアウトの後は駅まで散策しながらの帰り道。

まずは武家屋敷通りに行きましたが、こちらは紹介済みなので次に行きます。

次に行ったのがここ。

P1040538_2 

最初にもちょっと紹介しましたが「おくりびと」のロケ地です。
看板もあります。

この手前の台にカメラを載せて家の前にあるじょうろで花に水遣りするポーズをとるとヒロスエ気分になれるそうです。
最後のほうにそんなシーンがあったなあ。

P1040544_2

中は実はかなり狭いです。
外観のみのロケだったそうです。

家の中にはチェロがあります。
「1800万円もしませんよ。」とのことです。

のんびり歩いていたら、そろそろお昼です。

P1040569お昼ごはんは、子連れなので座敷があるところがいいなと、旅館の方に2軒ほど教えていただいたのですが、そこへ行く途中、気になる看板があったのでふらりと入ってみました。

中はこじんまりとしていて、こあがりは我々家族でいっぱいになってしまうくらい。

私たち以外はみんな近所の常連のオバちゃんたちといった客層で、お店のママさんと一緒にみんなで井戸端会議しながP1040571らお昼ごはんといった感じ。後からカウンター席に年配の男性がひとり来ましたがこちらも常連さんのようです。

最初は声をかけられても固まっていたヒデですが、そのうち「おーばーちゃんhappy01」「はあいhappy01」と何度もおば様方と声を掛け合いはじめました。

ヒデさん、だんだん楽しくなってきたようです。

「おーばーちゃん!」
「なあに?」
「えへへっ」
この繰り返し。

「かわいいからお菓子をあげよう」とお菓子をもらったり、「何にもあげるものないなあ、そうだ、これをあげる」と何故かキュウリをもらったり。
なんだかどんどんハイテンションになっていくヒデ。

そのうちカウンター席にいた男性も加わります。
「赤ちゃん(姫さんのこと)かわいいね。おじちゃんがもらっちゃってもいい?」とヒデにきくと、「だめ~bearing」ヒデがむきになって答えます。
男性は、先ほどの「おくりびと」ロケ地の案内ボランティアをしているとのことです。
私たちが「おくりびと」を見て感動したと言ったら、ダンナを相手に熱く語り始めました。

思いがけず長居したランチタイム。
時間はあっという間に過ぎて、予定の新幹線を1本遅らせたほどです。

リフレッシュのためのプチ旅行だったはずのかみのやま温泉、思いがけず思い出いっぱいの楽しい旅になりました。

ヒデだけでなくダンナ様も「楽しかったなあ・・・」と時々つぶやいています。

《終わり》


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ←最後まで読んでいただいてありがとうございます。よろしかったらぽちっとお願いします。

かみのやま散策

かみのやまふれあい紀行 その3
《かみのやま散策》

ちょっと間が空いてしまいましたが、先日のかみのやま温泉の続きです。

駆け足でかみのやまを観光してみましょう。
お子様連れなので、正直言って観光は予定していなかったし、期待もしていませんでした。ので、リサーチもしていなかったため、却って素直に楽しめました。

旅館には早めに入りましたが、貸切り温泉の予約時間は16時ですので、その前にかみのやまの街を少し散策しました。
姫様はバギー、ヒデ様は徒歩(あれ?ときどき、というかかなりの部分、抱っこ)です。

P1040409

最初に訪れたのはここ、かみのやま城
入場料大人400円。旅館のフロントなどに割引券があり350円になりますが、帰ってから気づきました。しまったbearing

中は博物館です。
エレベーターで昇ると展望台。
ふもとには足湯が見えます。

P1040392

ヒデが展示コーナーが暗いからと怖がるので、私は早々に出てきました。

で、足湯でダンナと待ち合わせ。

続いてもう1箇所だけ別の足湯に行ってみます。
地図を見るとコンパクトな街中に5箇所の足湯があります。

こちら(↓)は、「足湯カフェ」のある足湯。
旅館街のど真ん中にあります。

P1040431

足湯のとなりで飲み物を買って、足湯に入ってのんびりする足湯カフェ

ヒデが「ジュース飲む」と言うのでオレンジジュース購入。
300円なり。

P1040420

パパは足湯。
足湯は「熱い」というヒデ。

私は待機。
すぐ脇が道路なのです。ヒデが飛び出したりしたときにダッシュできるように靴は脱ぎません。

姫さんは「つまんない」というお顔。

P1040426

「わたしも足湯にはいりたいなあ・・・」

毎度のことながら旅先ではいろいろ付き合わされるばかりです。

ここで、貸切風呂タイムになったのでお宿に戻りました。

徒歩で1時間あまり。

武家屋敷通りはこの日は時間切れで飛ばしましたが、翌日、旅館から駅に向かう時に散策しました。
ついでにここでご紹介しましょう。

P1040518

ほんの数軒ですが、なんともいい感じの武家屋敷というか古民家が軒を連ねます。
ヒデ様はかなりお気に召した様子。

P1040524

ヒデが一番気に入ったのはこれ(↓)。
水琴窟(すいきんくつ)です。

P1040516_2

こうして水を流すと、琴のような音色を奏でます。 

「もっとすいきんくつ~」と言って走り回りましたが、設置されていたのを見つけたのは2軒でした。

さてさて、駆け足かみのやま散策 、いかがでしたでしょうか。
もう少しだけおつきあいくださいね。

次回はヒデとかみのやまの方々のふれあい編に突入です。

《つづく》


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ←よろしかったらぽちっとお願いします。

生と死と

前の記事に、ここしばらく「いろいろありまして、」と書きました。

先週は、生と死と・・・本当にいろいろありました。500ka086l

実家の祖母が亡くなり、娘は満1歳を迎えました。

祖母の通夜に行って、納骨に立ち会って、告別式に出席して。
その前に子供たちにフォーマルっぽい服を買うために走り回り。

告別式の翌々日には実家にお線香をあげに行って、娘の一升餅を背負わせて。

祖母の初七日も迎えないうちにヒデの運動会があり、その晩は子供たちと中秋の名月を眺めました。

この一週間を思い起こすと、はるか以前のことのようにも思えてきます。

 

大正3年生まれの祖母は95歳でした。

大正、昭和、平成の3つの時代を生き抜いた祖母。
第一次世界大戦開戦の年に生まれ、関東大震災も(当時住んでいた会津も揺れたそうです)、第2次世界大戦も体験してきました。

華やかなことが好きで、若い頃は○○小町と言われたという祖母は95歳にはとても見えない美しい死に顔で横たわっていました。

私の父を含む祖母の5人の子供たちと、私にとっては従兄弟にあたる孫達をはじめ親戚がどっと集まりました。
20年ぶりに会う従姉妹もいました。

あんなにしっかりとしていた祖母がお骨になってしまったのが現実のものとして実感できなくて、実家に行くとひょいと顔を見せてくれそうな気がして仕方がありません。

P1040872 さて、そんな祖母の、彼らにとっては曾祖母のお葬式に出席したわが子たち。

母の期待を裏切って大騒ぎ。

おかげで私は告別式の間中、バギーを押して斎場の廊下をうろうろしていました。

ヒデまで「ママ~」と泣き出してダンナにロビーに連れ出されて静かにしなさいと説教されていました。

よく考えてみると、仕方ないですよね。

まだ何が起きたのかよく分からない子供たち。

3歳児のヒデに「おばあさんにはもう会えないんだよ。」「お星様になっちゃったんだよ」と言ってもきょとんとしています。
まして1歳目前の姫さんをや。

おばあさん、ごめんなさいね。

でも、この子達が、おばあさんの命を確かにリレーして生きていくのです。

いつか私が死んだとき、こうして集まってくれる孫や曾孫がたくさんいたらそれは幸せなことなのではないかしら。

そう思って赦してくださいね。

(合掌)

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ ←よろしかったらぽちっとお願いします。

一升餅

冒頭から、なんだこれは?の泣き顔ですが・・・。

P1040892

我が家の姫さん、一升餅を背負っているところです。

そうなんです。
我が家の娘も1歳になりました。

10月2日のことです。

P1040897

ここしばらく、我が家ではいろいろありまして・・・。
(ご無沙汰いたしました。)

実家で一升餅を用意してあげると言われていたのですが、バタバタしていて間に合わず、もち米を一升分包んで背負わせました。

なかなか起き上がれずに苦闘しています。

P1040902 「ひどいよ、ママ!」

やっと起き上がった娘。
まだ号泣しています。

・・・大きくなったね。

この1年、思い起こすといろいろあったなあ。

もうすっかりあんよも上手になって、意思表示もはっきりしてきたおチビさん。

去年の今頃は、ほにゃほにゃの赤ちゃんだったP1000821んだよ。

真っ青に輝く秋晴れの下、親孝行なあなたは、ぽんっ!と超安産で生まれてきたの。

私が切迫流産で2回も入院したから、赤ちゃん大丈夫かなって心配したけど、元気に生まれてくれてほんとにほっとしました。

かわいかったなあ。

いえいえ、過去形ではなくて・・・ますますかわいいよ。

P1050115_3

これからもすくすく元気に成長してね。

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ ←よろしかったらぽちっとお祝いしてくださいね。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ