最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« ポケモン新幹線で出発 | トップページ | 貸切風呂はひのきの香り »

ちり紙交換とさお竹屋

我が家のチビ姫すやすやお昼寝中のことです。

P1040033

閑静な住宅街の沈黙を破るスピーカーの声。

「え”~毎度ぉおなじみのちり紙交換車でございます。」

その途端「ギャー」。
チビ姫の悲鳴が響き渡りました。
ころんと転がり起きて、た、助けてぇ~と言う表情で泣きながら私の胸に飛びつく娘。

姫さん、ちり紙交換が大嫌いなんです。

なぜなのかは、謎です。
姫さん、どうしてこんなにちり紙交換が嫌いなのかしら?

近くの学校から部活のブラスバンドの大音響が聞こえてきても起きないのに。

ただ、さおだけ屋も同じくらい嫌い。

ところで、ちり紙交換さお竹屋って、昭和の遺物かと思っていたら、今でもたまに来るんですね~。
育休をとって初めて気づきました。

育休生活で初めて知ったこと、気づいたことって結構いろいろあります。

一番ガツンと思い知ったのは「主婦って実はめっちゃ忙しい」ということでした。
いろいろなことをマネジメントする能力がないと主婦ってやっていけないんですね。

時には仕事のほうが楽だぞと思うことも多々あります。

育休の経験、そのうち意外なところで仕事に活かせたりして・・・なんて思うのは甘いですかね?。wink

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ

« ポケモン新幹線で出発 | トップページ | 貸切風呂はひのきの香り »

コメント

ははは… 姫ちゃん、ちり紙交換苦手なのね。
私も子どもが赤ちゃんのころは、寝ているときにスピーカーの車が来たら、あわてて窓閉めてたなぁ。
基本、起きない子だったんですが・・・(苦笑)

それにしても、ちり紙交換なんて! なつかしい~~
さお竹やはたまーに来ますが、ちり紙交換はないです。
(家電とかの不用品引取業者はしょっちゅう来るけど)
うちのエリアでは「資源ごみ(古紙)」で区がやっているからかな?
ちり紙に交換してくれるほうがいいな~

確かに、ちり紙交換の声って響くよね~
ウチの場合は、生協の車だったよ(笑)
決まった曜日ではあるんだけど
マンション前に到着したお知らせに
大音量で何かのメロディーが流れるの・・
すると、チビが「ウギャー」って(苦笑)
今から思うと懐かしいけど
当時は、生協の人に、もう少し音量下げてと
言いに行こうかと思っちゃったよ(爆)
最近、ちり紙交換の車は見たことないな~
廃品回収の車なら結構通ってるけど・・
何だか、昭和って感じだね~

ふふっ、かわいい寝姿♪
仕事復帰をはたした私ですが、やはり我が家も
癒しが欲しくって、シルバーウイークはさすがに休みは取れませんが、10月に癒しの温泉旅行検討中。
ふふっ。だからなおさら、きういさんのブログ、気になるぅ~~♪

→ままりんさんmaple
ウチの娘も基本的には起きないんですけどね。
衆院選も被害はそれほどありませんでした。
家電引き取り業者はよく来ますね。これではあまり起きないんです。
でもチリ紙交換とさお竹やがどうも・・・。
我が家のほうも古紙は自治体で資源物として回収しているのですが、チリ紙交換ってやっていけるのでしょうか?そういえば数回来ただけでまた聞こえなくなりました。チリ紙交換車、全国を旅しているのかしら?

→くうさんmoon1
くうさん家のチビ君は生協の車でしたか(笑)
そうそう、衆院選の選挙カーが来たときは「うちの娘起こしたら投票しないぞー」って言ってやろうかと・・・。
言いたくなりますね。
チリ紙交換、なんか懐かしい言い回しでした。自分が育った昭和の雰囲気です。最近珍しいですよね。

→GONさんsun
お仕事復帰、お疲れ様です。
癒しの温泉、どちらに行かれるのかしら?
ぜひリフレッシュされて、仕事に子育てに、マイペースでほどほどに頑張ってくださいね。
私も残りの育休を満喫すべく、ラストスパートに向かっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/46181279

この記事へのトラックバック一覧です: ちり紙交換とさお竹屋:

« ポケモン新幹線で出発 | トップページ | 貸切風呂はひのきの香り »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ