最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 兄妹で | トップページ | トーマスの思わぬ効用 »

ライオンバスに乗って    那須にお出かけ【7】

那須にお出かけ【7】
 ライオンバスに乗って

今回の那須旅行、ヒデに何が一番楽しみかと聞くと決まって「ライオンバス!」と答えていました。

そんなわけで、メインイベントのひとつ、ライオンバスに乗りに那須サファリパークへ向かいました。
動物を見るよりもむしろバスが主目的です。

サファリパークへ入ると、いました。ライオンバス

P1030604

いぇい!
喜んでポーズをとるヒデ。

ほんとは虎の外装のトラバス(?)が待機していたのですが間もなく出発の満員状態。
ヒデは「ライオンバス!」と喜んでいるので、次回発車予定のライオンバスに乗ることに。

乗車のときに記念写真を撮られます。
そういえばりんどう湖ファミリー牧場でも撮られました。
帰りに販売していたけど、とても高いんですよね。
どのくらい買う人がいるのか、観光地に行くたびに疑問に思います。
買わないのは廃棄するんですよね・・・。
もっと安くしたら買う人も増えて無駄が出ないのではないでしょうか?

さて、ライオンバスも程なく満員に近くなり、告げられていた予定時間より早めに出発しました。

ちなみに「座席の右側も左側も同じように動物が見られます」とアナウンスされますが、絶対に進行方向に向かって右側がいいです!
私はラッキーなことにたまたま右側に乗りました。

さあ、園内です。バスはゆっくりと進みます。P1030607
サファリパークの看板動物のばずが、当のライオンは例によって寝ています。
夜行性だから仕方ないんですけどね。

草食系の動物のほうがものすごい勢いでバスの窓に迫ってきます。
餌をもらうためです。
(餌は一袋1,000円。車内でも買えます。ヒデが怖がるので我が家では買いませんでした。)

バスに寄り添うように餌をもらいに来るのは、キリン、シカ、ロバなど。
ヤクもバスのそばにきました。もののけ姫のアシタカがのっていたアレです。

ヒデはパパかママの膝にのって、「キリン! あ、シマウマだねえ! バイソンだ!」と動物図鑑で覚えた動物を見つけるたびに叫びます。

一番の迫力はゾウでした。

P1030638

バスの中にハナを突っ込んできます。
「おおっ」と車内がどよめきました。

ヒデは少し怖がっていました。
が、チビ姫は平気の平左。
まだよく分からないからか、肝が据わっているのか?謎です。

珍しいところでは孔雀が羽を広げていました。ダンナは初めて見たそうです。

バスが園内を巡ったのは小一時間くらいだったでしょうか?

実のところ、私はサファリパークって入場料が高いばかりだなあと思い、そんなに期待していなかったのですが、意外に面白かったです。
ヒデもちょっと怖かったようですが興奮気味。
ダンナも「ある意味、動物園より面白かったかも。」とのこと。
ちなみにヒデだけでなくダンナさまもサファリパーク初体験でした。

時計を見るとまだお昼前です。
さて、どこでランチにしましょうか?

ヒデが喜びそうなSLランドに行こうか?と出発したのですが、ドライブしているうちに状況が変わり、思いがけずのんびりしたランチタイムを過ごすことになります。
それは?

つづく


にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ←よろしかったらぽちっとお願いします。
            更新の励みになります。

■INFORMATION■(2009年7月4日現在)
那須サファリパーク

入場料 大人       2,600円
     子供(3歳以上) 2,100円
※HPに10%割引券があるのでプリントアウトして持参

ライオンバス  大人1,000円
          子供 500円

○オムツ交換台のあるトイレがありました。

« 兄妹で | トップページ | トーマスの思わぬ効用 »

コメント

おはようございま~す♪
那須サファリパークですねぇ^^
なんて子どもウケする迫力あるライオンバスなんでしょう!!
いや、大人にも十分ウケます!
ラッキーな右側に座れてよかったですが、
肝心なライオンさんは。。。
サファリパークの看板を背負ってるのにね(笑)
暑かったのもあるのかしら?
昨年秋に行った多摩動物園のライオンはそうでもなかったです♪

SLランドですかぁ、それは楽しそうですねぇ^^
我が子と廻る動物園や遊戯施設ってどうしてこんなに楽しいのでしょう!!!
我が子パワーはすごいぃぃ♪

ぽち☆

サファリバスってけっこう長い時間乗っているんですね~
やっぱ相当広いのかな。
1時間、座ったままいろんな動物に会えるのなら、
暑い中、動物園を歩き回るよりもいいかも。

私も↑めぐめぐさんと同じく、多摩動物園のライオンサファリしましたが、ライオンはみんな起きて肉の骨しゃぶってましたよ。
え、夜行性だったの! 知らなかった~~
ゾウは正面間近で見ると、すごい迫力ですよね!
やっぱ女性のほうが肝っ玉据わってる!?

→めぐめぐさんleo
ライオンバス、ヒデが絵本で見てずっと楽しみにしていたのでサファリパークに連れて行きました。
そのうち多摩動物公園にも連れて行こうと思います。
我が子と巡るといろいろなところが楽しいですよね。
サファリパークもりんどう湖も夫婦だけで行ったらいまひとつの施設なのではないかという感じですが、子連れだととっても楽しいです。
子連れになって旅行の行き先や計画もがらっと変わりました。
これからも子供の成長に合わせてどんどん変わるんだろうなあと思います。

→ままりんさんleo
サファリパークは広いし、バスは実にゆっくり走りますから、気がついたら時間が経っていました。
草食動物に餌をやる時間が以外にかかっているかもしれませんね。一袋1000円もする餌を売るには餌やりタイムは大事ですからね。
ライオンは夜行性です。ナイトサファリのほうがよく活動していると一般に言われます。が、見たことないですけど。
ゾウはものすごい迫力でした。もっとすごいです。でも再接近したときはヒデがビビッていたので写真撮れませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/45831360

この記事へのトラックバック一覧です: ライオンバスに乗って    那須にお出かけ【7】:

« 兄妹で | トップページ | トーマスの思わぬ効用 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ