最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« ベビーダノン、当選! | トップページ | お祭り娘 »

おむつかぶれじゃなくて

我が家のチビ姫、夏風邪で熱を出していたときのことです。

P1040008
(「え、あたし?何か?」)

なんだか、お尻の上のほう(オムツが当たる腰の辺り)が赤いなあと思い、オムツかぶれ用の軟膏を塗りました。

ところが、どんどん広がります。
真っ赤になって、ぷつぷつと水泡状のものも。

軟膏はすぐにやめて皮膚科へ連れて行きました。
とびひのときもお世話になった例の厳しいお医者様です。

お医者は一目見るなり、「あ、カンジダですね。」

で、例によって厳しい指導。
「冷房かけて、お母さんが長袖でいるくらいに冷やしてね。」
「おしりはこまめに洗って。オムツ換えるたびにきれいにして薬をつけること。」

お、オムツ換えるたびに洗うんですかぁ~。

「風邪ひいているんですけど、熱があってもお風呂に入れたほうがいいですか?」ときくと、
「38.5度くらいあるんなら、そっちのほうが優先だけど、まあ、常識の範囲内で。」

そ、そうですか。

さらに「うん、三日、三日間、集中して治そう!」と仰いました。
なんか気合が入っているように感じました。

さて、家に帰って皮膚カンジダ症についていろいろ調べました。

カンジダ菌はカビの一種で、通常から口内や陰部、皮膚などにいる常在菌で、健康なときは病気になることはないそうです。
抵抗力が落ちたときなどに症状が出てくるんですね。

なんと私はやってはいけないことをしていました。
おむつかぶれ用の軟膏などステロイド入り軟膏を塗ると悪化するんだそうです。coldsweats02
カンジダ症用の抗真菌剤を塗らなくてはならないので、皮膚科に行きましょうとのことでした。

清潔と乾燥を心がけて薬を塗ると通常は1~2週間で治る、とどのサイトにも書いてあります。

え?あの先生、「三日」って言ったよな。
三日後に来いってこと?

まあ、今日で二日目。
かなりよくなってきていますが・・・まずは明日まで様子を見てみましょう。

それにしても赤ちゃんってよく次から次へといろんな病気をしますね。
育休を取っていなかったら、とおもうとぞっとします。

 
にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
よろしかったらぽちっとお願いします。

« ベビーダノン、当選! | トップページ | お祭り娘 »

コメント

カンジタって?子供でもなるんですね~
知らなかったです。
それに、軟膏が悪化の原因だったなんて!!
確かに、肌のお薬は、逆に悪化させちゃう薬もあるとは聞くけど
おむつかぶれなら、そんなに強い薬でもなさそうだし
何も塗らないよりはいいかな~とか、私も思っちゃうかも。
とにかく、よくなってきてるみたいで良かったですね☆
育休中じゃなかったらと思うと。。。って
うん、わかるなぁ~
仕事を遅刻や早退、もしくは最悪休まないと病院にも連れていけないものね。

こんばんわ~♪
姫ちゃんの写真(表情)から、カンジダ菌など想像もできませんが。。。
ケアの方法は、オムツ換えのたびに。。た、大変ですね><
今頃はかなりよくなったでしょうねぇ。

私もきっとその辺にある軟膏を塗ってしまいそうです(汗)
とにかく症状を抑えなきゃってね。。。

育休中のきういさん、いつか復帰されるんですよね~
本当にエライです!!!!

ぽち☆

カンジタって子供でもなるんですね~
抵抗力が落ちてて出てきちゃったんですね、かわいそうに。
意外と家に居るより保育園の方が手厚いので、病気にならなかったなぁ~もちろん、感染病は別としてね♪
(2人とも3ヶ月の頃から行ってるので・・・)

早く良くなるといいですね!!

→くうさんring
カンジダってあやしい病気みたいですが、赤ちゃんにとても多い病気らしいです。菌がどこにでもあるので、おむつかぶれの延長みたいな感じでなっちゃうらしいです。
私も今回調べて初めて知りました。
この皮膚科っていつも混んでて半日がかりなので、仕事していたらほんと大変だなあ><と思います。
復帰後はこんなイレギュラーな病気にならないでねって祈るばかりです。

→めぐめぐさんcrown
大変でした~。でも、オムツ換えのたびにお尻を洗うのは断念して、ウンチのたびに洗うことにしました。
もうほとんど治りましたよ。さすがに3日では完治しませんでしたが、一週間はかからないみたいです。

来年は仕事です。
でもエラくなんかないです。
子供二人が家にいると、絶対に専業主婦のほうが大変って思いました。だって、仕事中は昼休みにランチも昼寝も読書も(時間制限はあるけど)できるんですよ!

→maki nさんbell
子供でもなるというより、赤ちゃんに結構多い病気らしいです。私も今回まで知りませんでしたが。
子供っていろんな病気になりますね。

保育園は確かにいろんな意味でいいですよね。
上の子は通い始めてすぐに水疱瘡をもらってきましたが、それ以降はもらってくるのは風邪ぐらいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/45987852

この記事へのトラックバック一覧です: おむつかぶれじゃなくて:

« ベビーダノン、当選! | トップページ | お祭り娘 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ