最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 夏カレー | トップページ | 3針縫いました »

1.37って

日本の2008年の合計特殊出生率1.37になって、3年連続上昇とのニュースを耳にしました。

ふむふむ。
まあ、とりあえずよかったんじゃないですか?

090508_17241 この数字の中に2008年10月生まれの我が娘も含まれるんですね。
(←娘。8ヶ月になりました。)

でも、出生率の上昇は「少子化対策」の効果だとは全く思えませんね。

数字の押し上げには30代の出産が増加しているのが大きいとのことですが、確かに。
周りの友人達もアラフォー出産目白押しですから。

アラフォーとそれに引き続く世代の女性達が、「産めなくなる」前に産もうという流れがあるのではないでしょうか?
私を含め、周囲の友人達を見ているとそんな気がしてきます。

また、早く結婚した友人達は子育てに余裕が出てきて、「もう一人」というのも増えているような気がします。

いずれも分析したわけではなく、あくまでも「気がする」レベルですが。

均等法世代より少し若い我々の世代は、仕事に遊びに自分磨きに(私の場合、旅に)忙しい時代をすごしてきました。
そして、はっと気づくともう高齢出産のお年頃。
なんでも欲しいこの世代。子供も欲しいなあと思ったら、もうリミットが近いから当然本気で考えるでしょう。

外部から「手当金を増やすから産んでね」なんて言われたって産みません。
でも、子供の生きていく未来に希望が持てるようになればもしかするともっと産む人が増えるかもしれません。

って、思うのは私だけ?

少なくとも実体験に基づいている分、厚生労働省の分析よりも真実味があるような気がしませんか?

あくまでも「気がする」ってレベルですけどね。
 


私ったら自分の年齢をほとんどばらしてしまったじゃないですか・・・。

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
よろしかったらぽちっとお願いします。

« 夏カレー | トップページ | 3針縫いました »

コメント

おそらく同世代だわ~(笑)
きういさんの周りでは出産ラッシュなんですね。
私の周りは、まだ2人目にストップかかっている友達が多いですが、
通っている水泳教室には次々と赤ちゃん連れが増えてきましたよ。
私も結婚前は、「こんな世の中に生まれてきたって、子どもがかわいそう」と思ってたことがあります。
社会がなんとなく停滞して先々に希望がみえない状態が続くと、
「産んでもなんとかなるさ」って思えなくなっちゃいますよね~
わが家の場合、私以上にダンナがかなりトシいってるので、
定年後にかかる教育費やらなんやら考えると1人が精いっぱいかな・・・
このご時勢だし、2人は最初からあきらめてるんですが、
3人兄弟で育った私としては、やっぱりさみしーです。

子供を生むのもそうだけど
育てるのも体力いりますよね~
それに、子供が小さい時は、行きたいトコにも行けなかったりするし・・
長男を育ててた時は、あまりの大変さと
行きたい場所に旅行にも行けないストレスで、
子供は、1人でいいや~なんて思った時期もありました。
でも、今では、自分も旦那も、後10歳若かったら
絶対、三人目チャレンジしてただろうな~と思います。
次男が小学生にあがった途端、やけに自立しちゃって・・・
それって、喜ばしいことなんだけど、かなり寂しい私(泣)
子供に手がかかる時期が、実は、一番幸せなのかも~って、最近思います。
その時は、気づかなかったんですけどね(汗)
だから、今、産んだら、きっと、育児が
大変~じゃなくて、
育児って、なんて楽しいの~♪って思えるような気がするんです。
もっと、育児を楽しみたかったな~


→ままりんさんclover
私も、「こんな世の中~かわいそう」ってやっぱり思っていましたが、今は「こんな世の中でもなんとかなるようにわが子にはできる限りのことはしてやろう」と思います。
そうですね。このご時勢だからあきらめるっていう人も多いはずですよね。我が家も定年後の教育費を考えると3人目はないだろうなあ。
少子化対策ってなんかずれているんですよね~。

→くうさんwave
そうですね。子育ては体力要りますよね。
長男は大変、ってわかります。
我が家でも娘のほうがなんか、病気も少ないし、楽です。
手抜きしているわけではないつもりですが・・・。結構楽しんでいます。
それなりに手がかかるけど一番かわいくて一番楽しい時期なんだよね、と自分に言い聞かせています。

仮に3人目を産んだら育てるのはもっと楽かもって思いますが、それはないですね。あと5歳若かったら考えるけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/45229985

この記事へのトラックバック一覧です: 1.37って:

« 夏カレー | トップページ | 3針縫いました »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ