最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

「子連れ出勤」と福袋

モーハウスってご存知ですか?

子連れ出勤を実施している授乳服のお店ということで話題になっていたので、ちょっと前(この冬頃かな)に知りました。

どんな商品を売っているのだろう?とネットで調べたてみら、素敵な授乳服がいっぱい。だけど正直なところ「ちょっと高い・・・」と、最初は思いました。

でも「他にない素敵な授乳服だし、自分へのご褒美ということで、買っちゃおう」と、フンパツして購入してみました。

これが、予想していた以上にいいんです。happy01

1 何より授乳服っぽくない
  スカートにもパンツにもコーディネートできます。
  いかにも~って感じだと着回しが限られるんですよね。
  でもこれなら素敵!って感じです。

2 授乳するとき、見えにくい
  (デザインしか考えていないと着用したときや授乳のとき使い勝手が悪いんですよね。大手の某通販会社で購入して失敗したことがあります。)
  ケープなどがなくても大丈夫です。
  よく考慮されているなと感じました。
  とても授乳しやすいです。

3 質がいい
  繰り返し洗濯してみても(少なくとも今のところ)痛みにくいです。
  (安物はすぐにのびちゃったりしますよね。)
    はじめて購入してから2ヶ月近いですがもうヘビーローテーションです。
  

実は先日の友人のお祝い会の時にはじめて着ていったんです。
いきなりチビ姫に授乳始めたら、みんなに「えー、授乳服なの!?」とびっくりされて、評判も上々。

最初は「ちょっと高い」と思ったけど、コストパフォーマンスを考えたり、こういう企業を応援しよう!ということも考慮すると、「買い」です。

こりゃいいや、もっと買おう、と思っていたところへモーハウスさんからメールが。

モーハウス代表のミツハタさんの『働くママが日本を救う!』(光畑由佳)090603_1000の出版記念ということでその本が入っている授乳服の福袋を販売するとのことでした。

ちょうどこの本、買おうかな、と思っていたところだったし・・・私、実は福袋にヨワイんです。

と、いうわけで買っちゃいました。coldsweats01

授乳服は3枚入っています。

もちろん本も。(本にはミツハタさんのサインが!)090624_1416

なかなかいい感じです。

福袋って一般的に、「とても着られませーん」という色やデザインの品が入っていたりというのがありがちですが、そんなことは全然ありませんでした。
090603_1001ベーシックな色合いなのでアラフォーの私でも十分着こなせそうです。

特にノースリーブのワンピースがこれからの季節、重宝しそうです。しかもこのワンピース、定価が14000円くらいの品のようでこれ1枚でもうすでにペイした気分。とってもお買い得でした。

これらの服は今度の那須旅行に活躍しそうです。
着用レポートは旅行記と一緒でしょうかね。

ちなみにこの福袋は限定品なので今は売っていません。
もう即完売だったようです。
ちょっと古いネタで恐縮です。think

ところで、『働くママが日本を救う!』、すぐに読みましたよ。

これを読むと「あのアグネス論争って一体なんだったんだ?」って思うくらいモーハウスさんは自然体での子連れ出勤を実施しています。

え?「アグネス論争」って知りません!?
という方ははっきりいって若い・・・かも。
アグネス・チャンと林真理子が子連れ出勤の是非について大論争を巻き起こしたアレです。
アラフォー以上の年代なら分かるネタかもしれません。

子連れ出勤はどこの会社でもできるというわけではないですが、選択肢の一つとして、そういうカタチが社会に存在するのはいいことだと思います。

ゆるく働くひとつの方法、また育児中でも社会とのつながりを断ち切らない方策、そういう観点から子連れ出勤という手法はこれからの働き方のひとつの可能性を示しているのではないでしょうか。

ついでに、長い目で見ると、子連れ出勤にやさしい社会って、子連れ旅行者にもやさしい社会になるんじゃないか!?などと、自分勝手な妄想もする旅人でした。


ちなみにかなりほめまくっていますが、別にアフィリ記事などではありません。
自分的にかなりヒットだったもので・・・。


 
にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ←よろしかったらぽちっとお願いします

追伸:ところで、先週、モーハウス代表の光畑さんが内閣府の「女性のチャレンジ賞(男女共同参画担当大臣賞)」(起業・NPO等での活動や地域活動等にチャレンジすることで輝いている女性個人、団体に贈られる賞)を受賞されたそうです。
おめでとうございます。

こんどは「とびひ」

ヒデの3針事件が一段落したと思ったら、今度は姫様(8ヶ月)のわきの下がかぶれてしまいました。
赤いポツポツができて、その一つ一つがじくじくとしていたのです。

090526_1000これはただの「あせも」ではないな、と皮膚科に連れて行ったら「ああ、とびひですね」と一瞥しただけで言うお医者。
今度は「とびひ」・・・。

子供って、次から次へとよくいろんな病気になりますね。
これでも娘はこの当時のヒデに比べるとお医者通いが少ないほうです。

中耳炎と風邪くらいですからね。

しかも中耳炎は軽くて済んだし。
毎度、耳から黄色い液体をだしては大騒ぎして耳鼻科へ駆け込んだヒデ(こんな感じ)に比べるとかなり丈夫です。

「とびひ」も数日で治りました。

今回はとびひとあせもが併発。
「毎日5回沐浴させて、エアコン20度くらいでかけて涼しいところにいること!」というひじょーに厳しい指導をされました。

そりゃー無理だよ・・・。
だけど、言う事をきかないと「だから治らないんですよっ!」と厳しいお医者だしなあ。

なので・・・5回は無理だけどお風呂以外にも沐浴させましたよ。

エアコンは、かけたらなんだかホコリっぽいので、フィルターを見たら「ぎゃあ~」っていうくらい汚いので掃除・・・したら涼しくなりました。
ほっ。

梅雨のおかげか数日間涼しい日が続いたのが幸いしました。

ところで、夏の旅行。

ヒデの誕生日プレゼントということで、7月の上旬に小旅行をすることにしました。

行き先は、那須です。

ヒデの希望の「ライオンバス」に乗るためにサファリパークに行こうと思います。
入園料etc.高いんですけど、どうしてもライオンバスに乗りたいそうです。

あとは、りんどう湖ファミリー牧場かな。
こちらは、ヒデが喜びそうなトーマスのミニ列車があるし。
動物とのふれあいもできます。

お宿は、いろいろ調べたら、那須って子連れ天国なんですね。
子連れにやさしいペンションがいっぱい!
どこに泊まろうか迷ってしまうくらいです。

旅行の手配を始めたらなんだかいきいきしてきた私です。

お天気になるといいなsun
と、それよりも子供達の体調管理ですね。

 
にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
よろしかったらぽちっとお願いします。

ヒデ語録

ヒデ語録といっても、「人生とは旅であり、旅とは人生である」の中田英寿氏の語録ではありません。
ウチのヒデのおもしろコトバです。

(※ちなみに「ウチのヒデ」と「中田ヒデ」の浅からぬ関係についてはこちら

間もなく3歳になるヒデ坊、かなりぺらぺら小僧。

P1030134

「ブーブー」や「わんわん」などのいわゆる幼児語のなかにヒデ独自と思われる語彙も多数あります。

面白いので記録してみようかなと、いくつか書き出してみました。

ベストスリーはこれでしょうか?

さて、問題です。
次の語は何を示す名詞でしょうか?

1 もんにゃ

2 ちっちも

3 にょんにょん

最初は何をさしている言葉なのか大人にはなかなかわかりません。
(これって、他の子も使う言葉なのでしょうか?)

答えです。

1 もんにゃ = バックホウなどの工事車輌
   
もんにゃー、もんにゃーと土を掘り返しているのだそうです。
   (動作つきで解説してもらいました。)

2 ちっちも = てんとう虫 
   これが一番難しいのではないかと思います。
   なかなか分かりませんでした。
   なぜこういうのか、全く不明です。

3 にょんにょん = お参りすること
   神社やお寺で手を合わせてお参りすることを「にょんにょんする」と言っています。
   応用として神社のことや神様のことを「にょんにょんさま」とも言うようです。

さて、いくつ分かりましたか?

このほかにも
○ ぴこたんぴこたん = バッタ
○ おんに = おんなじ
なども多用していました。

一部をひっくり返して言う
○ ばんがれ = がんばれ
○ ぱんかい = 乾杯
などは、子どもが共通語的によく使いますよね。

日ごろ、面白いなあと思いつつもなんとなく聞き流していましたが、最近、あらためて幼児語の面白さに気づきました。

だんだんとヒデが普通に話すようになってきたからです。
あれ、この前まで「ブーブ」って言っていたのに今日は「車」って言ってる、なんて思うことが増えたのです。

もう少しすると今度はチビ姫がお話しするようになります。
今度はどんな独自語を発明するのでしょうか?
こちらも楽しみです。

にほんブログ村 子育てブログへ←よろしかったらぽちっとお願いします。
にほんブログ村

3針縫いました

ヒデ、2歳11ヶ月にして、3針縫う怪我をしました。

090612_171612 しかも、顔。
あごの下がパックリ切れてしまいました。

一週間前の金曜日の夜でした。
歯磨きの後にうがいをしようとして、洗面台の前に置いた踏み台を踏み外して転倒。

子供の事故ってほんと思いがけずに起こるものですね。
(以前こんな転落事故もありました。)

今だからこんなことを書いていられますが、怪我したときは私もパニック寸前でした。

泣き叫ぶ血まみれのヒデを抱えて、止血しながら、我が子のかけがえのなさを再認識した次第です。代われるものなら代わってあげたいと本気で思いました。

もうすぐ3歳のチビですから、傷をさわったり暴れたりしないように説得するのも大変。
しばらく抱えて傷を押さえていたら涙を流しながらもこちらの言うことに「うんうん」と返事をする姿がまた哀れでした。

翌日、外科に連れて行ったら、「ああ、縫わなくちゃ」とあっさり言う先生。ええっ、やっぱり縫うの!?こんなチビなのに・・・。

ヒデをその場で診察台に転がして、私が馬乗りになって体を押さえて、看護婦さんが頭を押さえてすぐに麻酔の注射。

麻酔の注射だけでぎゃんぎゃんと大泣きして大暴れ。
押さえていたにもかかわれず、手を振りほどいて、注射器を払いのけようとしてまた注射針でちょっとあごを切ってしまい、また大泣き。

そして、ホッチキスのようなものでザクッと針をあごに通されて縫われて(麻酔が効いているんですが)またまた大泣き。

ザクッと針を刺すたびに私の胸も痛みました。

終わってからも「ママ抱っこ~」と嗚咽しながらしばらく私の胸にしがみついていました。

この一部始終をダンナに話すと、「俺、行かなくてよかった。行ったら耐えられなかっただろうな。」と。

男のほうがこういうのって弱いようです。
母は強し?

ところで、ダンナは「ごめんな、ヒデ、パパがこんな踏み台買ってきたばかりに・・・」とヒデに謝っていました。

ダンナがホームセンターで花をのせたりする台を買ってきて子供用の踏み台にしていたのです。
私が「これ、不安定で危ないよ」と注意していたのに「大丈夫」とそのままにしていました。

そうでなかったら、私がちょっと目を話した隙に「大事な子供に怪我させて!」とダンナに叱られたても仕方がなかったよなあ、と思いました。

一週間、毎日、消毒のために医者に通うように言われ、最初は恐怖のあまり「いやだいやだ」と抵抗したヒデ。
「ちょこっとお薬塗るだけだから」と説得して、一度行ったらそのとおりだったので安心して毎日きちんと通いました。

月曜は抱っこのまま診察して全く歩きませんでした。
火曜からは「えほんよむ」とちょこんと待合の椅子に座りました。
水曜からは「スリッパはく」と自分で歩いて診察室へ。
木曜からは自分から診察台に座りました。
水木金と毎日違う種類の子供用スリッパをさがして「きょうはこれはくか」。

小児科と違って子供全く見かけませんでした。
看護婦さんたちに「こんにちは」したり「バイバイ」したりして微笑を誘ったヒデ。
ちょっとコワモテ(というか厳しいと評判)の先生も、ヒデの言動にはちょっと頬をゆるませていました。

そして昨日、土曜日はようやく抜糸でした。

抜糸のときもまた馬乗りになって押さえ込んで大騒ぎでしたが、さすがに縫ったときと違い、すぐに泣きやみました。

傷跡がまだ痛々しいけど、「傷はほとんどのこりませんよ」と先生に言われたのでほっとしました。

イケメン候補(?)の息子の将来に傷をつけてしまったかと、母は心配しましたよ。

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
よろしかったらぽちっとお願いします。

1.37って

日本の2008年の合計特殊出生率1.37になって、3年連続上昇とのニュースを耳にしました。

ふむふむ。
まあ、とりあえずよかったんじゃないですか?

090508_17241 この数字の中に2008年10月生まれの我が娘も含まれるんですね。
(←娘。8ヶ月になりました。)

でも、出生率の上昇は「少子化対策」の効果だとは全く思えませんね。

数字の押し上げには30代の出産が増加しているのが大きいとのことですが、確かに。
周りの友人達もアラフォー出産目白押しですから。

アラフォーとそれに引き続く世代の女性達が、「産めなくなる」前に産もうという流れがあるのではないでしょうか?
私を含め、周囲の友人達を見ているとそんな気がしてきます。

また、早く結婚した友人達は子育てに余裕が出てきて、「もう一人」というのも増えているような気がします。

いずれも分析したわけではなく、あくまでも「気がする」レベルですが。

均等法世代より少し若い我々の世代は、仕事に遊びに自分磨きに(私の場合、旅に)忙しい時代をすごしてきました。
そして、はっと気づくともう高齢出産のお年頃。
なんでも欲しいこの世代。子供も欲しいなあと思ったら、もうリミットが近いから当然本気で考えるでしょう。

外部から「手当金を増やすから産んでね」なんて言われたって産みません。
でも、子供の生きていく未来に希望が持てるようになればもしかするともっと産む人が増えるかもしれません。

って、思うのは私だけ?

少なくとも実体験に基づいている分、厚生労働省の分析よりも真実味があるような気がしませんか?

あくまでも「気がする」ってレベルですけどね。
 


私ったら自分の年齢をほとんどばらしてしまったじゃないですか・・・。

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
よろしかったらぽちっとお願いします。

夏カレー

090522_2136 モラタメさんから久々のモラです。

ヱスビー食品株式会社さんの「カレーハーフ ディナーカレー」と「混ぜるだけで 十穀ごはん」が届きました。

090523_1850

久々の当選なのでとても嬉しいです。

ディナーカレーはこんなふうに小袋になって入っています。

ヒデはまだお子様カレーなので、夫婦二人だと2袋で十分。
使い勝手がいいですね。

早速、夏野菜を使った夏カレーを作りました。

090530_1844ナスとグリーンピースを入れました。
ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎももちろんたっぷり。

野菜たっぷりの具だくさんカレーのできあがり。

炊き上がりのご飯には混ぜるだけで十穀ごはんを混ぜました。

ぽろぽろとした具をご飯に混ぜると・・・あら不思議。
ちゃんとふわふわした十穀ごはんになりました。

カレーに十穀ごはんって、はじめてですが、いけますね。
栄養もたっぷりありそうだし。

十穀ごはんはお子様カレーのヒデ坊(2歳11ヶ月)ももりもり食べていました。
美味しいそうです。

ディナーカレー、これでカロリーが50パーセントオフとのことなので、メタボ予備軍のダンナにとてもいいですね。

夏カレー、これからの季節の定番になりそうです。

 

モラタメって?》
新商品を抽選で
モラったり、先着で(送料等一部費用を払います)タメしたりするサイトです。感想をコメントしたり、トラックバックしたりするとポイントももらえます。
今回はモラのほうです。
詳しくはこちら▼をご覧ください。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ