最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 1.37って | トップページ | ヒデ語録 »

3針縫いました

ヒデ、2歳11ヶ月にして、3針縫う怪我をしました。

090612_171612 しかも、顔。
あごの下がパックリ切れてしまいました。

一週間前の金曜日の夜でした。
歯磨きの後にうがいをしようとして、洗面台の前に置いた踏み台を踏み外して転倒。

子供の事故ってほんと思いがけずに起こるものですね。
(以前こんな転落事故もありました。)

今だからこんなことを書いていられますが、怪我したときは私もパニック寸前でした。

泣き叫ぶ血まみれのヒデを抱えて、止血しながら、我が子のかけがえのなさを再認識した次第です。代われるものなら代わってあげたいと本気で思いました。

もうすぐ3歳のチビですから、傷をさわったり暴れたりしないように説得するのも大変。
しばらく抱えて傷を押さえていたら涙を流しながらもこちらの言うことに「うんうん」と返事をする姿がまた哀れでした。

翌日、外科に連れて行ったら、「ああ、縫わなくちゃ」とあっさり言う先生。ええっ、やっぱり縫うの!?こんなチビなのに・・・。

ヒデをその場で診察台に転がして、私が馬乗りになって体を押さえて、看護婦さんが頭を押さえてすぐに麻酔の注射。

麻酔の注射だけでぎゃんぎゃんと大泣きして大暴れ。
押さえていたにもかかわれず、手を振りほどいて、注射器を払いのけようとしてまた注射針でちょっとあごを切ってしまい、また大泣き。

そして、ホッチキスのようなものでザクッと針をあごに通されて縫われて(麻酔が効いているんですが)またまた大泣き。

ザクッと針を刺すたびに私の胸も痛みました。

終わってからも「ママ抱っこ~」と嗚咽しながらしばらく私の胸にしがみついていました。

この一部始終をダンナに話すと、「俺、行かなくてよかった。行ったら耐えられなかっただろうな。」と。

男のほうがこういうのって弱いようです。
母は強し?

ところで、ダンナは「ごめんな、ヒデ、パパがこんな踏み台買ってきたばかりに・・・」とヒデに謝っていました。

ダンナがホームセンターで花をのせたりする台を買ってきて子供用の踏み台にしていたのです。
私が「これ、不安定で危ないよ」と注意していたのに「大丈夫」とそのままにしていました。

そうでなかったら、私がちょっと目を話した隙に「大事な子供に怪我させて!」とダンナに叱られたても仕方がなかったよなあ、と思いました。

一週間、毎日、消毒のために医者に通うように言われ、最初は恐怖のあまり「いやだいやだ」と抵抗したヒデ。
「ちょこっとお薬塗るだけだから」と説得して、一度行ったらそのとおりだったので安心して毎日きちんと通いました。

月曜は抱っこのまま診察して全く歩きませんでした。
火曜からは「えほんよむ」とちょこんと待合の椅子に座りました。
水曜からは「スリッパはく」と自分で歩いて診察室へ。
木曜からは自分から診察台に座りました。
水木金と毎日違う種類の子供用スリッパをさがして「きょうはこれはくか」。

小児科と違って子供全く見かけませんでした。
看護婦さんたちに「こんにちは」したり「バイバイ」したりして微笑を誘ったヒデ。
ちょっとコワモテ(というか厳しいと評判)の先生も、ヒデの言動にはちょっと頬をゆるませていました。

そして昨日、土曜日はようやく抜糸でした。

抜糸のときもまた馬乗りになって押さえ込んで大騒ぎでしたが、さすがに縫ったときと違い、すぐに泣きやみました。

傷跡がまだ痛々しいけど、「傷はほとんどのこりませんよ」と先生に言われたのでほっとしました。

イケメン候補(?)の息子の将来に傷をつけてしまったかと、母は心配しましたよ。

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
よろしかったらぽちっとお願いします。

« 1.37って | トップページ | ヒデ語録 »

コメント

久しぶりにお邪魔いたしました♪

ひぇ~~~~!!!!!!
イケメンヒデくんに、こんな事態が起こってたとは(悲)
読みながら胸が締め付けられました><
きういさんのお気持ちも手に取るように分かります!
辛かったですね!!(もちろんヒデくんも)
普段の生活では体験できない治療の一週間、
ヒデくん自身吸収することがいっぱいありましたね~
傷はほとんど残らない!とのことで安心しました♪

いつ起こるか分からない怪我!
うまく予測して行動していきたいものですconfident

ぽち★

ヒデ君、痛かっただろうね・・
それに、きういさんも辛かったね(泣)

どんなに注意してたって、事故って起きる時は起こっちゃうもの。
下の子いると、四六時中、監視してるなんて、絶対無理だし、仕方ないと思うよ。

傷がほとんど残らないとの事、安心しました。

うわ~~ 読みながら私も泣きそうになりました。
子どもの馬乗りになって・・・
目の前でホッチキスのようなものがザクっ、ザクっ・・・
想像するだけでも恐ろしいです。
踏み台を踏み外しただけでそんな大きな事故になるんですね…
最近、こどもの事故ってほとんどなくなってたので気がゆるんでいましたが、改めて身の引き締まる思いです。
未来のイケメン・ヒデくん、よくがんばった!!
そしてきういさん、おつかれさま~~

→めぐめぐさんcherry
お久しぶりです。
子供の怪我って、ほんとにいつ起きるかわからないですね。
今となっては貴重な体験(?)の1週間でしたが、怪我をした当初はもうパニックでした。
傷が残らないのがなによりです。
これからも気をつけなくてはと思います。

→くうさんfish
そうですね。下の子もいると24時間監視体制はとても無理ですね。
でも防げる部分はできるかぎり対処したいので、まずは踏み台を安全なものに買い換えました。
ヒデも新しい踏み台に「ひでちゃんの台~」と喜んでいます。

→ままりんさんclover
この光景は、思い出すだけでもつらいです。
ヒデもよく耐えたなと思います。
踏み台ぐらいでこんな大怪我をするとは想像できませんでした。ほんと気を引き締めないと・・・です。
りんりんちゃんも気をつけてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/45333546

この記事へのトラックバック一覧です: 3針縫いました:

« 1.37って | トップページ | ヒデ語録 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ