最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

私の2008年

師走ですね。
ただでさえ、何かと忙しいこの季節ですが、今の私にとってはもう・・・wobbly

071223_131135 昨年の今頃はちょうどケアンズに初の子連れ旅に行っていたなあ・・・などとしみじみと思い出し、一年間の過ぎ去るはやさに驚いています。
昨年ケアンズに行ったころには今の状況は想像がつかなかったです。

で、ちょっと早いのですが、私の2008年を振り返ってみました。

今年は、ほんとにあっという間に過ぎた一年でした。

何しろ、節分の前日に妊娠が判明。
翌日、節分には出血して夜間に産婦人科に駆け込み切迫流産と診断されそのまま入院。
立春は産婦人科のベッドの上で過ごしました。

退院して落ち着いたかな、と油断したら約1ヵ月後にまた入院。
気がついたら季節はになっていました。

退院後も仕事は忙しいし、血腫が残っていたので毎週注射のため通院しなくてはならないし、綱渡りのようにして過ごした妊娠初~中期。
ヒデがお腹にいたときは体重管理のためにお散歩したりマタニティ・ヨガをやったりしましたが、今回はそんな余裕なし。

P1000157になると、切迫早産を恐れてハラハラしながら産休まで毎日カウントダウン。お盆前に産休に入った時のほっとしたことといったら。
それでも7月にはヒデを連れて鴨川シーワールドにプチ旅行しました。旅人の意地です。

そして、残暑が続く中、になり、10月には出産。
赤ちゃんと過ごす日々に突入。Maki1
育児ってこんなに大変だっけ?と忘れていました。寝不足との闘い。

秋からへの移り変わりは一体いつだったのだろう?というくらい無我夢中で、気づいたらもう年の瀬でした。

ああ、年賀状も出さなくちゃ。coldsweats02

さて、来年はどんな年になるのでしょう?

しばらく仕事は育休しますが、チビ姫様に振り回される一年になるのは間違いないでしょう。
近場の温泉でもいいので子連れ旅行もしたいなあ、と早くも旅人の血が騒いでおります。

とにかく普通の生活に戻ってから考えましょう。
まだまだチビ姫様のお世話でよれよれの私です。

またいつ更新できるかわからないので、よいお年を

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、頑張っています。

2か月

お久しぶりです。

081207_09512我が家の姫君は生後2ヵ月になりました。

出産直前の週にはまだ残暑という感じでしたが、もうすっかり冬ですね。
この2ヵ月間は私にとって、怒涛の日々でした。bearing

実家で予定をオーバーして約1ヶ月半過ごしました。ダンナが残業であまりにも遅いので・・・。

自宅アパートに戻ったとき、部屋の中をちょこちょこ片付けながら、ふと、自分の時間が止まっていたような錯覚を覚えました。

あの日は、家中をすっかりきれいにして妊婦検診にでかけました。
そして、検診の結果、子宮口が開いているというのでそのまま入院。その日の夕方には出産しました。

そこで、この家での私の時間が止まっている感じ・・・。

あの時に帰りたいかというとそうではないのですが、なんとはなく懐かしいのです。

この2ヶ月間、ふり返ればあっという間でしたが、毎日が闘いでした。
ヒデの時よりいろいろな意味で大変でした。
第2子を育てている先輩ママたちを心から尊敬するこのごろです。

最近、ようやく落ち着いてきたのかなあ。
でも、ここまで書くのにも3日がかりです。
元の生活ペースを取り戻すまでにはまだまだかかりそうです。

留守中にコメントいただいた皆様、ありがとうございます。
皆さんのところもたまにはのぞいてみているのですが、なかなかゆっりコメントするまでには至っていません。

書きたいことはいっぱいあるのになかなか書けません。
ブログは当面、また書ける時に少しずつやっていくしかないようです。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、頑張っています。

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ