最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« クラムチャウダーに挑戦 | トップページ | 今日のランチは »

おくりびと

出産まで秒読み態勢に入ったのですが、イキナリ映画を見に行くことにしました。
館内で産気づいたらどうする?とも思いましたが、出産したらまた当分映画にいけないbearingと、意を決してGO。

そういうわけで、もと映画オタクの私が厳選して見に行った作品は?

今公開中のものでは、これでしょう!happy01

本木雅弘主演おくりびとです。

ネタバレになると困るので詳しくは書きませんが、前評判を裏切らない佳品です。
納棺の仕事、というか人の死をこんなにもやさしい視線で描いているのには感動。
コミカルな場面も多いのですが、最後には館内がすすり泣きでいっぱいでした。weep

もっくん、いい味出しています。
毎度のことながら体当たり演技です。チェロも納棺師の所作もかなり特訓したとか。
この主人公のキャラを上手く表現しています。戸惑いながら不器用に生きていく様が自然でとてもよかったなあ。
今年の主演男優賞は決まりだな(ってほかの映画をほとんど見ていないけど・・・)と思いました。
山崎努も相変わらず上手い。こんなおっちゃんいるよね、という飄々とした感じがいい。助演男優賞もかたいな。

ちょっと気になったのがヒロスエ。上手いという声も多いですが、なんとなくこの作品の中では浮いていたように感じました。かわいい妻を演じているんだろうけど、ブッているような感じがして。まあ、頑張っていたけどね。
脚本の関係もあるのかなあ。タコにキャーという女が、つぶした鶏を嬉々として食卓に並べるか?
もうすこし落ち着いた感じの妻がよかったんだけど。でも、そういう人は出て行ったりしないか・・・。

余貴美子の事務員も、吉行和子のお風呂屋のおばちゃんも、笹野高史のおっちゃんもじつにしっくりといい世界を作り上げていました。

全編山形ロケだそうで、風景も統一感がありました。
水田の白鳥や、お葬式のある田舎家の感じがなんともいいです。

映画を見るのは今年はもう最後でしょう。もしかしたら来年も無理?
というわけで、いい作品を見ることができてラッキーでした。wink

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、それなりに頑張っています。

もう、いつ出産かわかりませんが、書きたいネタがいっぱいです。
またもうひとつモラタメさんから届いたし~。coldsweats01
怒涛のごとく、書けるところまで更新をしていきたいと思います。

« クラムチャウダーに挑戦 | トップページ | 今日のランチは »

コメント

おくりびと、私もぜひ見てみたい~~と思ってたんです!
なんかの映画祭でグランプリ?とってましたよね~
ダンナの知り合いの映画通(自称)はみなほめてたらしいです。
きういさんの太鼓判で、ますます見てみたくなっちゃった!
子どもの映画館デビューはおいといて、見に行ってみようかしら…

私も、個人的にヒロスエはあまり…なんで、どうかなー
離婚してもブリっこ(死語?)なんですね~

もしかして今頃お生まれになってるかしら??

語学オタク・映画オタクのきういさん、
おくりびとを観に行かれたんですね♪
これ、良さそうだわ~!
ふむふむときういさんの感想を読ませていただき
やはりヒロスエに私も・・・(笑)
全山形ロケなんですね、地方出身の私、
田舎の風景いっぱいの映画が合いそうです(汗)

ところでヒデくんはご一緒じゃなかったのかな?
応援☆

→ままりんさんmovie
「おくりびと」ぜひ、見てください!
私も自称(もと)映画通なので、評価は結構うるさいほうです。
ネタバレになるので書きませんでしたが、ほかにも多少の突っ込みどころはあるんです。でも、それを差し引いても十分にいい作品なんですよ。
日本アカデミー賞は決まりだなと勝手に思っているくらいです。ヒロスエの女優賞は無理だとおもいますけどね。

→めぐめぐさんcamera
今日は検診に行ってきたけどまだうまれていません。もうドキドキですけど。
これはおススメですよ~。
若様がいっしょでは難しいと思いますが(笑)。
ヒデは保育園です。産休中は預かってもらえるんです。

私は田舎育ちなので山形の風景に心が妙に落ち着きました。基本的に地方ロケの映画って好きなんです。

ヒロスエについては、見ていただくと浮いているのが感覚的にわかると思います。ほかの人もやはりヒロスエが気になったという意見が多いようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/42514306

この記事へのトラックバック一覧です: おくりびと:

« クラムチャウダーに挑戦 | トップページ | 今日のランチは »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ