最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« もうすぐ、かな? | トップページ | ケアンズに行こう! 目次 »

さよならケアンズ

ケアンズに行こう! 《20
 海外子連れ旅【観光編】 
     =さよならケアンズ=

12月24日(月) 

《前回の記事はこちら071224_060332

いよいよ最終日の朝を迎えました。
朝食後はすぐにチェックアウトし、帰国の途につきます。

朝食のため、今日もエスプラネード通りに繰り出しました。が、少し早い時間のためか、お気に入りになったDriftin’はまだ開店していません。その数071224_062929軒先で通りの向こうにラグーンを眺めながら朝食を とることにしました。

通りを眺めていると、ケアンズを去るのがつらくなってきます。
旅の終わりにはいつもそういう感傷が湧いてきます。

さて、感傷に浸っているわけにもいきません。出発の準備をしなくては。

071224_061626スーツケースの、ヒデの紙おむつが入っていたスペースが空いたのでお土産を詰め込みました。
前の晩にだいたい準備しておいたので、余裕です。

ツアーのピックアップの後はお約束の免税店に立ち寄りますが、これが宿泊先のパシフィック・インターナショナル・ケアンズのすぐ隣です。
ワゴン車にわざわざ乗るのもおかしいくらいです。

実は、ここで、時間が多少あったのでエスプラネード通りのおみやげ屋さんへ逃げ出して、ちょっとお土産を買い足してきました。
免税店は最後にひとまわり。
ここでも、ヒデは店員さん達にハーイ。「きゃー、カワイイ、つれて帰りたいわっ!」とオージーのお姉ちゃんを悩殺。ヒデ、出発間際まで国際交流に励みました。

免税店から空港へ向かうワゴン車の中では係員の方からいろいろな説明がありました。
最近の航空機搭乗って、規制が面倒になりましたね。

液体は持ち込み制限があって、機内に持ち込むモノは透明な袋に入れてすぐに見せられるように用意するというのが特に面倒でした。
手持ちの紙パックジュースがあったので車内でダンナと飲みました。
歯磨き粉や、日焼け止めクリームまで「液体」なのはまだ分かりますが、チョコレートが「液体」なのには???
チョコは全てだめなのではなくて、マカダミアナッツが入っているチョコはいいけど、チョコだけの場合は溶けたときに全て液体になるからとか・・・??
071224_091340うーん、難しい。

さて、空港。
係員方の配慮で早めに空港へ到着したため、チェックインも余裕で、帰りの便もバシネットをゲットできました。一安心。B767の機材ではバシネットが1カ所しかないようだったので、ちょっとハラハラしていたんです。
(往路のバシネットに関する記事はこちら

ところで、今日はクリスマス・イブ。空港もクリスマスのディスプレイでした。

071224_114347 いざ、搭乗するとなんとも言えない寂しい気持ちになりました。
ヒデはお膝の上でおとなしく外を眺めています。
離陸したとき、耳が痛いと泣かないかと心配でのぞき込むと、ヒデがいきなり「おおっ!」と窓の外を指さして歓声をあげました。

島が見えたのです。

広がる海と島を眺めながら歓声をあげ続けるヒデ。
昨日のグリーン島でも思い出したのでしょうか。
旅の終わりの寂しさがちょっと吹き飛んで、そんなヒデの様子に思わず笑ってしまいました。071224_170243 071225_004415
(←写真:上はヒデ用のベビーミール、下は子供用に配布のエアラインオリジナルのおもちゃです。)

バシネットに移ってからもご機嫌なヒデ、しばらくの間はねんねしてくれませんでした。

旅人の息子だね、とダンナに言われましたが、ヒデは本当に旅に強いようです。
中耳炎の心配をしながら出発してきたのが嘘のように元気に過ごしたヒデ坊、(当時)1歳半。
ケアンズの旅はとても楽しかったようです。

071224_165352 またオーストラリアに来ようね。
それとも他のところに旅に行く?
これから世界中に連れて行ってあげるね。

ヒデの旅は始まったばかりです。

《完》

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、それなりに頑張っています。

« もうすぐ、かな? | トップページ | ケアンズに行こう! 目次 »

コメント

わぁ〜♪素敵な旅ブログでしたぁ〜shine
ヒデ坊くん、1歳半にして海外でデビューいいですね☆★中耳炎にもならなくてよかったぁwink
私ももう6年前に海外行ったきり、なかなか行けませんが次は子連れ旅になると思うのでその時はゼヒきういさんにいろいろアドバイスお願いしたいですnote

ご苦労サマでした~
ケアンズは、いつか行きたい場所なので
しっかり、参考にさせて貰いました~
1歳半で赤道越えてしまったヒデ君・・
次は、何処かしら?
今度行く時は4人ですね。。
我が家も赤道越えたいな~

→まるにじこさんchick
息子には1歳半で海外デビューをさせてしまいました。2歳過ぎると飛行機代やツアー代が高いんです!
まるにじこさんもいつか子連れで海外の旅をぜひ!
楽しいですよ。

→くうさんpenguin
南の島好きのくうさんにはケアンズ(よりその周辺の島ですね)は超オススメです!
くうさん家もぜひ赤道越えしてください。
私も世界のあちこちを旅していたつもりだったのに今回が初めての南半球でした。そういう意味では我が息子、スゴイことをしましたね。
次は4人でどこにいこうかな~と今から密かに楽しみです。

帰国ギリギリまでおみやげ選びたくなる気持ち、分かります~
にこにこでお店の人と交流してくれるなんて、ヒデくん、いい子!

そうそう、最近は液体にうるさいですよねー
(こないだの成田でもすっかり忘れてて、一気飲みしましたよ)
でも、チョコは… なぜ?
あと、オーストラリアはとくに、食べ物の持込や持ち帰りにうるさかったような覚えがあります。

ついにオーストラリア編、完結ですね~!
お疲れ様です! ぽちっ☆
書き終わると、また次の旅に出たくなりますよね。
しばらくは赤ちゃんのお世話で大変だろうけど、ヒデくん、次はもっとにぎやかな旅になるだろうね~♪


ヒデくん、ケアンズ旅行ではず~っとおりこうさんだったんだね♪
こんなにおりこうさんなら、どこへでもOKだわ~!!

ラグーンを眺めながらの贅沢な朝食、とってもステキ☆
想像していてキュンってなっています(笑)

液体の持ち込み制限、ややこしいや~♪
お土産も直前まで選ばれて・・
お土産あれこれ見るのって楽しいですよね!

カンタス航空のおもちゃ・・質がUPしてるわ!!
完結編を迎えて寂しいですけど、
きういさんご一家が再び旅立たれるのも
楽しみにしています!!
今度は4人で、さぁ行き先はどこかな?

応援☆

→ままりんさんpisces
今回の旅では、液体の機内持ち込みがこんなに厳しいなんてびっくりしました。チョコは現地係員の方が説明されましたが、謎です。
オーストラリアは食品の持込等がほんと厳しくて、離乳食を全く持っていかなったので実のところ食事がちょっと心配でした。
何事も無く過ごす息子を見て、よしっ!イケルぞ、とほくそ笑んだ私です。wink

勿論、次の旅に行きたいですよ~。まだ赤ちゃんも出てこないのに・・・。

→めぐめぐさんcancer
ほんとに予想外にずっとおりこうにしていたので助かりました。これで、どこでも行けるぞ!と調子付いている母です。

カンタスの玩具はお絵かきセットでした。
エアラインの玩具をいろいろゲットするのも今後の楽しみです。

めぐめぐさん家は次の計画はどこですか?
我が家では当分お預けなので、ブログは国内お出かけ編と海外の旅の思い出編になりそうです。
でも、もういつか行く次の旅に思いをはせています。

確かに旅の最終日って何とも言えない気持ちになりますよね。
(あ、でもドブロヴニクでは何の感慨もなかったです。苦笑)
ウィーンだとたいていオペラ座前からDで南駅に行って・・・
ってパターンなので最後にオペラ座見ると複雑な気持ちになります。

え?次の旅行地?
それはもうヒデくんにシュトラウスで指揮をしてもらいましょう!(笑)

ひとまず旅行記が終わって出産に向けてひと段落つきましたね♪

→ル~♪さんdog
ル~♪さんはドブロヴニクでは感慨が無かったですか~。「国内」旅行だから?
やっぱりウィーンだとぐっと来るんですね。

次はオーストラリアでなく、オーストリア(とチェコ)に行きたいのですが、チビも生まれるし、難しいかな~。
ヒデは最近ニューイヤーコンサートはあまり見ていないのですが、クラシックの曲が流れると指揮をすることがあります。これを忘れないうちにぜひ連れて行きたいです。happy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/42420506

この記事へのトラックバック一覧です: さよならケアンズ:

« もうすぐ、かな? | トップページ | ケアンズに行こう! 目次 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ