最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« ネットなし生活って | トップページ | 大人のミルクコーヒー »

出航! グリーン島へ

ネットの接続が復旧したので、久々に旅行記アップです。
産休に入ったので一気にいけるかな?

ケアンズに行こう! 《16
 海外子連れ旅【観光編】 
     =出航! グリーン島へ=

12月23日(日) ①
《前回の記事はこちら

今回の旅もいよいよ大詰めを迎えました。
今日はこの旅の最大のイベント、グリーン島行きです。

グリーン島へはオプショナルツアーが安くて便利なので、出発前に現地ツアーにネットで申し込んでおきました。
出発時間を8:30か10:30から選べるので、どちらにしようかと悩んだのですが、10:30出航の船にして正解。
ヒデ、快調です。

071223_162827 ホテルを出て、バギーに乗せたヒデを連れて、リーフフリートターミナルへ。
パシフィックインターナショナルから、ほんの数分でターミナル到着。
オプショナルツアーと言ってもほとんど往復のチケットのみのプランです。
チェックインは自分で行います。雰囲気はローカルな空港のカウンターみたいです。

071223_090116キュランダも香港や韓国からのツアー客がいっぱいでしたが、ここでもアジア系の団体さんが多かったです。
お話ししてみたら、中国からの団体さんでした。

余談ですが、昔、中国語をかじっていた私、ちょっとトライ。
中国語で挨拶をしたら、「あら、中国語話せるの?」とおばさん。「ええ、ちょっとだけ。」「中国へ来たことは?」「上海に2回行きました。」「あら私は北京からよ。北京へは?」「いえ、まだ。」
昔取った杵柄(?)、おお、ここまでは何とかなっているぞ。
「今年はオリンピックがあるのよ。ぜひ北京へも来てね。」
「はい、行きたいです。」
しかし、ここで撃沈・・・。
定型文以外はあまり話せないのでした。
(上記の会話に英語などを当てはめてみるとどんな程度か想像がつくと思いますcoldsweats01。)

ここで母のピンチに、ヒデ坊が活躍!
またしても、「ハーイ!」とスマイル攻撃で、体制を立て直しました。

071223_085705 話がそれましたが、そんな間に出発の時間が近づいてきました。
港の写真を撮ったり、あの船かなあ?と眺めたり、ちょっと散策。

乗り場に人が並びはじめたので、我々も船の近くへ。

ほどなく案内されて中へ入ります。出航予定の20分ほど前です。
ちなみに全席、自由席です。
結構広いけど、えっ、もう混み合ってる?
いえ、階段をのぼって上の階に行くとまだすいていました。

2階は屋内部分と、潮風に吹かれるデッキ部分がありました。
夫婦2人ならデッキにという選択肢もあります。でも、ヒデが海に落ちないかとはらはらして過ごすのもいやだし、ねんねされてものんびりできる船内で過ごす方を選びました。
これが、正解でした。

乗船すると、セルフで運ばなくてはなりませんが、コーヒーか紅茶のサービスがあります。071223_091524
席を確保したあと、1階のカウンターまで行って紅茶をもらってきました。
冷房が効いているので熱い紅茶が意外においしいです。

ちなみにトリニティ湾の海の色はあまりきれいではありません。
昔行った松島の遊覧船のような海の風景だぞ、などと思いました。

エンジンがうなりだして出航すると、あれ?ヒデ坊・・・一瞬でねんねしちゃいました。coldsweats02
おーい、これからお船に乗っていく体験をさせようと思ったのに。
これって、キュランダ鉄道のときと同じ?
乗り物系はねんねする場所だと思っていないかい。

出航して約40~50分。
さっきまでは、グレートバリアリーフって一体どこよ?という感じの海の色でしたが、グリーン島が近づいてると、さすがです。
紺碧の海が私たちを迎えてくれました。

071223_102305 蒼い海、白い砂浜!
これぞ、南の島!という風景が目の前に広がっています。
天気も最高。sun
真っ青な空に輝く太陽がまぶしいです。

さて、到着。
アウターリーフに行く人々はそのまま船に留まり、グリーン島に上陸するお客だけが下船します。

ところが、肝心のヒデ様はというと・・・。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、結構頑張っています

« ネットなし生活って | トップページ | 大人のミルクコーヒー »

コメント

こんにちは~。 産休突入おめでとうございます。いよいよだね♪
こういうツアーってやっぱり現地ツアーの方が安いですよね。 事前情報収集のたまものですね。

えぇ~。きういさん 中国語もできるの!!スゴイデスネー!!
ヒデくん移動中に寝てくれるのは親孝行だよ!!
(毎度まとまりのないコメントですみません。)

→旅ゴハンさんcake
いよいよ産休に入りました。happy01
あれもやろう、これもやろうと思いつつ、まだまだ家の片づけで終わっています。

中国語、いや、ほんの少しです。
本文にも書いたけど、会話に英語を当てはめてみてください。そんなものです。coldsweats01

ヒデは乗り物系は大体ねんねのようです。
そして、旅先ではパワー全開です。
どうやら旅人の素質があるようですね。

いよいよ産休ですかぁー! よかったですね。
と同時に、いよいよ迫ってきた出産…!
私も昔を思い出して、なんだかドキドキしてきました。
生まれるまでに旅行記書き終わるかしら…?? 楽しみです。

グリーン島、超有名なのに、そういえば私行ってないかも…
すごくキレイだと聞きますが、どんなところかしら?
ヒデくん、まさかずーっと寝ないよね?
でも、乗り物で寝てくれると、親としては残念半分、うれしさ半分ですよね。
中国語で会話できるなんて、きういさんスゴイ!
私はせいぜい筆談です…

→ままりんさんribbon
産休、嬉しいです。
でも日ごろサボっていた家事が山積。意外に忙しいです。
出産までに旅行記終わりそうです。もう残すところわずかですので。

グリーン島、ケアンズから一番お手軽にいけるのでもっとごちゃごちゃしているのかと思ったら、そうでもなくて、充分に南の島のリゾートって感じですね。

中国語は、ホントに初級会話です。
あちこち旅するのにいろんな言語を覚えたいと思いつつ、ほかはどれも挨拶がせいぜいですね。
リタイア後のパッカー生活のためにもう少し身につけたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/42179832

この記事へのトラックバック一覧です: 出航! グリーン島へ:

« ネットなし生活って | トップページ | 大人のミルクコーヒー »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ