最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 絵本で沖縄の風を感じる | トップページ | エコ掃除にハマる »

さよならグリーン島

ケアンズに行こう! 《19
 海外子連れ旅【観光編】 
     =さよならグリーン島=

12月23日(日) ④

《前回の記事はこちら

グリーン島を出航するということは、今回の旅のメインイベントが終わるということ。071223_151359
そして、 我々家族のケアンズの旅が間もなく終わるということです。

桟橋からは、先ほどまで遊んでいたビーチが見えます。
またきっと来ようね・・・。

071223_152014そんな感傷に浸りつつ船を待つ我々に思いがけない試練が。
なんと、アウターリーフから到着した船がほぼ満席でグリーン島で並んだお客が全員は乗れないというのです。

そん071223_151755な・・・。
次の船が来るまでこちらに並んで待ってくださいと言われ、桟橋のさらに奥へ。

次の船って、一体何時?

でも、心配する間もなく、船が見えてきました。

今度は無事に乗り込んで席を確保。
ヒデもお疲れのようでほどなくねんねしました。

遠ざかるグリーン島、そして、船が進むにつれ青い海がだんだん普通の海の色になっていきます。

1時間もしないでケアンズに到着。
旅の終わりの瞬間が迫っていることを感じつつ、いったんホテルへ戻ったとき、なんともいえない寂しい気持ちになりました。

071223_183905 さて、せっかくのケアンズ最後の夜。気分を盛り上げるために、ちょっと贅沢しようかなあ、と街へ繰り出した我々ですが、レストランのメニュー表を見てあまりにも高いのでやめました。

そして、向かった先はナイトマーケット。
結局、ナイトマーケットのフードコートで一皿10豪ドル(約071223_1852161,000円)で盛り放題のプレートに。
私はヌードルを選びました。

ヒデ、ここでも国際交流に奮起です。
笑顔で「ハーイ」を連発し、皆さんにかまってもらいまくり。
一見コワモテのイタリア人と思しき兄ちゃんにまで「チャオ!」なんて手を振られていましたよ。

この旅でヒデが身につけたのはこの社交術?071223_124150

初体験がいっぱいの思い出は、2歳児ではたぶんほとんど忘れてしまうでしょう。
でも、心のどこか片隅にでも、碧い海の輝きや、はじめてみた動物達の記憶をそっとしまっておいてくれることを願う母でした。

明日はいよいよ帰国です。
 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、それなりに頑張っています。

« 絵本で沖縄の風を感じる | トップページ | エコ掃除にハマる »

コメント

最後のお子さんの写真は最高のワンショットですね。
表情がいいですよ。

旅行で帰国の日って確かに寂しいですね。
それだけ楽しかったということ。
私も同感ですよ。
いつも海外は楽しんでいます。
その分帰るのが辛い・・・・

産休ですよね。
頑張ってね。

おぉっ、もしや私の旅行記と同じ、第20話が最終回かしら??
旅の終わりに感じた寂しさを2回感じるようですね。

ナイトマーケット! なつかしいなぁ。
私がいたころは、食べ物はあったかなあ?
なんか、ケアンズなのに革ジャンとか暑そうな上着ばかり売っていたのを覚えています。
(でも、ほかの旅行者が言うには、安くてお買い得!とのこと)
ケアンズの海岸通りとかって、高いレストランが並んでますよねー

前回返信コメのお返事。私が行った島は、ケアンズからツアーも出ているMichaelmas Cay(ミコマスケイ)という島です。
ここは透明度が抜群で(今はどうか分からないけど…)、いっしょにシュノーケルした母は感動してました!
あと、ケアンズの南、アーリービーチから2泊3日でクルーズツアーにも参加したのですが、前にブログで書いた「ホワイトヘブンビーチ」も回ったりで最高でした!!
クルーズ以外にもヘリツアーとか短時間のものあるけど、子連れは…どうかな?
でも機会あれば、ぜひ…!

旅が終わりに近づく感傷、わかります!わかります!
日本にまでもこの感傷を引き連れて帰るんですが
この感傷がまた行きたい!!につながるのです(笑)

ヒデくん、無事お船が来てくれてよかったね!!
ナイトマーケットでは、お得なメニューがあるのね♪
ここでもモテまくったヒデくん、
美しい海・さかな・動物・鉄道・モテまくったこと・・・
忘れないでねぇ(笑)何を指差してるのかな?
ヒデくんにぽっちん☆

う~ん。わかるわかる。
旅の終わりの刹那さ・・
私も、感傷にしたって、時には、涙流す事もありますもん(爆)
船に乗って、島が遠ざかってくの見てる時って、なんとも言えない気持ちになります。
あの、気持ちが蘇ってきましたよ。

ヒデ君、2歳にして、早くも、国際人だね♪
応援ポチッ☆

→kabutoさんapple
帰国がつらいのは楽しかったからなんですよね。
kabutoさんも香港一人旅、帰国はジーンときましたか? 
台風騒ぎでそれどころではなかったでしょうか?

一人だとその土地を離れることに対する寂しさが大きいですが、家族で行くと思い出と離れる寂しさが大きいなあと感じました。

産休に入りました。
もう少しでチビさんが生まれます。
忙しくなるけど頑張ります。


→ままりんさんbanana
そうですね。20話がきりがいいかなと。
最初にきちんと章立てをしたわけではないのですが。

ナイトマーケット、お土産屋さんが多いですね。革ジャンもあったかな。
フードコートは以前は無かったのでしょうか。

海沿いの通りのレストランは高くて、しかも日本語メニューを表示しているところはトンデモナイ値段で、「ちょっと贅沢」なんてレベルではないので豪華ディナーはあきらめました。

ミコマスケイ、次回の候補地にしたいと思います。グリーン島以外もチェックしているところです。
ホワイトヘブンビーチはちょっと大人向けかしら。でもいいですよね。ままりんさんの記事で見た海と砂浜・・・。とてもきれいで本当に天国のようでした。

→めぐめぐさんcherry
そうかあ、その感傷がまた次の旅につながっているんですね。そういえば身に覚えがいっぱい。

初体験をいっぱいしたヒデに盛りだくさんの思い出を覚えていて欲しいんですけど、2歳では・・・。親の自己満足かしらとも思いつつ・・・、でも楽しんでくれたのはほんとによかったです。
ダンナはヒデが忘れないように、とビデオを時々見せています。デジカメで撮った簡単ビデオなんですが十分いけます。思い出して歓声をあげてみてくれますよ。


→くうさんtulip
くうさんは涙を流すこともあるんですか・・・。確かにそのくらい寂しいです。
島が遠ざかっていくのって、飛行機の下に街が遠ざかると同じくせつないですね。
飛行機の場合、雲の下に街が消えたとき、あ、旅が終わったって感じることがあります。船の場合は島影が消えたときかなあ。

ヒデは早くも(ある意味)国際人ですね。
子連れだと、各国の旅行者からもどんどん話しかけられるので、私もいろいろ体験できました。

ヒデくん、すごいなぁ~フレンドリーでうらやましい。
私に似たのかパパに似たのか、サラブレットか・・・
わが子たちは照れてしまって返事もできませんbearing

旅の終わりって寂しいですよね~
センチメンタル・・・

だから、旅ってやめられない。日々の活力になってるんですねhappy01

→maki nさんbud
ヒデはそういうお年頃だったようです。
今は結構恥ずかしがりやになってきました。
内弁慶になってきましたよ。

旅の終わりはいつも寂しいですね。
実は、なかなか最終回が書けないでいるんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/42256846

この記事へのトラックバック一覧です: さよならグリーン島:

« 絵本で沖縄の風を感じる | トップページ | エコ掃除にハマる »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ