最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 大人のミルクコーヒー | トップページ | グリーン島で海水浴 »

珊瑚礁でわんわん?

ケアンズに行こう! 《17
 海外子連れ旅【観光編】 
     =珊瑚礁でわんわん?=

12月23日(日) ②071223_102308
《前回の記事はこちら

蒼い海、白い砂浜!
真っ青な空に金色の太陽!sun
グリーン島に到着しました。

ところが、肝心のヒデは・・・。
おーい、ヒデ、珊瑚礁の海だよー、起きようよー。
青い海だよー、きれいだよー。
よほどよく眠っているのでしょう。呼びかけにも答えず、正体もなく眠りこけています。

071223_102259 仕方がないので、抱えて桟橋へ降り、そのままバギーに乗せて、島へ上陸。

ちなみに、航海中に船の中でアクティビティの予約を行います。
(グリーン島上陸後もシュノーケルなどの申し込みはできるそうです。)

我々の場合、グラスボート乗船か、シュノーケルセットのいずれかが料金に含まれるとのことでした。
ヒデも参加するので私たちはグラスボートにしようと決めていましたが、何時出航のボートを選ぼうか迷いました。

ヒデの起きる時間と、昼食の時間が読めなかったからです。071223_103416
とりあえず、このぐらいか?というお昼過ぎの時間に予約しました。

そして、今。
ヒデがグラスボートの時間に目を覚ますのか不安になってきました。

しかし、そこはなんとか揺り起こし、飲み物を飲ませたりしました。

ヒデ坊、ぼんやりしながらもお目目を覚まして、グラスボートに乗り込みます。

そして、グラスボートが出航すると、予想もしなかった反応が。

071223_112640_2珊瑚礁の中にお魚が現れるやいなや、いきなり興奮して、身を乗り出し、魚に向かって言ったお言葉。
「わんわん!」

・・・?
魚はわんわん(犬)?

なおも興奮071223_112801して、魚を指差しながら「わんわん!、おー、わんわん!」

眠気はどこかへ吹き飛んだようです。

一方、我々は、ガラス面に落ちてしまうのではないかと心配になるぐらいに身を乗り出すヒデをひやひやしながら押さえつつ、一緒に水中を眺めていたら気持ちが悪くなってきました。

時間とともに周りの子供達も何人か、「パパ(ママ)、気持ち悪い・・・と親に寄りかかって倒れる中、ヒデはひとり気を吐いています。

071223_112958珊瑚礁の中に魚を見つけると、「おー、わんわん!」

大興奮の中、元気いっぱいにグラスボートを満喫したヒデでした。

こんなに喜んでもらえるとは思わなかったよ、ヒデ。母は嬉しいよ。

桟橋へ帰ってきてからも興奮冷めやらぬヒデ坊。
この調子でビーチへ繰り出すよ!

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、それなりに頑張っています

« 大人のミルクコーヒー | トップページ | グリーン島で海水浴 »

コメント

グラスボート、ドブロヴニクにもあったんです。
夜に出航のもあってすごく良さげだったんですけど
私が乗り物ダメなので却下。
残念でした。。。
ヒデくん、酔わなかったんでねー。
それは旅人Jrとしては心強いですね(苦笑)。
ボートに乗っている時間はどれくらいだったんですか?

日本海もきれいだと思いますが
グリーン島の海のほうが何倍もきれいですね!!

ヒデくん、珊瑚礁の中の魚をわんわん!と叫び興奮!!
これで眠気も吹っ飛び、ほかのお子さんが倒れる中、
一番優秀だったのではないですか?
身を乗り出して・・・
こんなに可愛く興奮する姿を見られてよかったですね!!

↓きういさん中国語を・・・eye
すごい!!さすが旅人!!!
旅先の出会い、これがまたたまらないのですよ~happy01
応援☆

グラスボートは、普段酔わない人でも酔っちゃうのに、ヒデ君、偉い!!
ワンワン?が、とっても楽しかったんだね~
起こした甲斐あったね☆
子供と一緒にお魚見れるし
グラスボートは、ホント楽しいよね~
ただし、それも酔わなければの話・・(笑)
自分が酔うより、子供に酔われる方がキツイよ
って。。私がその経験者です(汗)

→ル~♪さんdog
ドブロヴニクにもグラスボートがあるんですね!
知りませんでした。いろいろ調べたつもりだったのに。
私も船系統の乗り物はあまり得意ではないのですが、次回行ったらぜひ!です。
夏のドブロヴニク・・・行きたいなあ。
あ、でも中欧の旅とどちらがいいか悩むところです。
まあ、当分は行けませんけど。

旅人Jrは乗り物系は強いようで、母としては頼もしいです。

ボート乗船時間は30分くらいですね。


→めぐめぐさんchick
グリーン島はホントにきれいでした。
ヒデが船酔いするのではないかと心配だったのですが、まったくその気配はありませんでした。

この頃は生き物の大半が「わんわん」でしたが、ここ数ヶ月でいろいろな動物名を覚えました。
ただ、魚系は大体が「きんぎょ」です。

旅先の出会い、ヒデは得意のようです。
「ハーイ」と手を振って多くに人たちからかわいがられました。
私は実は内気なのですが、日本語以外だとチャレンジャー(というか無謀)です。会話を続ける能力も無いのに話しかけてしまいました(汗)。


→くうさんfish
くうさんはお子さんに酔われたことがあるんですね。自分が酔うよりきついですね。
自分が酔うのもきついですが・・・。
今回は私は軽く酔いましたがヒデがあまりにも喜ぶので吹っ飛びました。

グラスボートは沖縄の海でちょっとはまりました。
いつもちょっと酔いそうになるのですが、楽しいです。
子連れには特にいい乗り物ですね。

そうそう、子供って動くものすべてワンワンっていう時期ありますよね~

子供たちに今年はシュノーケリングデビューさせようかな~と思ってます。

よかった、ヒデくん、起きてくれて…
こんなサンゴの海、なかなか見られないもんね。
グリーン島、美しい!!

おさかな、わんわんはカワイイ~~♪
こどもが喜んでくれると、ほんとそれだけで親はうれしいですよね。よーく分かります。
私も旅やお出かけになると、ほとんどツアコンのように、一生けんめい「これはどう?あれはおもしろい?」と仕えてしまいます…(苦笑)

→maki nさんsnail
そうですか、何でもワンワンの時期ってあるんですね。
ヒデはこのころ、生き物全般に「わんわん」と言っていました。

maki nさんのところではお子さんシュノーケリングデビュー予定ですか。
我が家ではいつになるのやら??です。


→ままりんさんpisces
子供が喜ぶと親はホント、嬉しいですよね。
私も、お出かけ先や旅行先で、ヒデは楽しんでいるだろうか?と常に気にしつつ過ごしています。完全に私設ツアコンですね。
でも嬉しそうな反応を見ると疲れも吹き飛びます。
ダンナなんかもっとそういう傾向があります。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/42182312

この記事へのトラックバック一覧です: 珊瑚礁でわんわん?:

« 大人のミルクコーヒー | トップページ | グリーン島で海水浴 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ