最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

さよならグリーン島

ケアンズに行こう! 《19
 海外子連れ旅【観光編】 
     =さよならグリーン島=

12月23日(日) ④

《前回の記事はこちら

グリーン島を出航するということは、今回の旅のメインイベントが終わるということ。071223_151359
そして、 我々家族のケアンズの旅が間もなく終わるということです。

桟橋からは、先ほどまで遊んでいたビーチが見えます。
またきっと来ようね・・・。

071223_152014そんな感傷に浸りつつ船を待つ我々に思いがけない試練が。
なんと、アウターリーフから到着した船がほぼ満席でグリーン島で並んだお客が全員は乗れないというのです。

そん071223_151755な・・・。
次の船が来るまでこちらに並んで待ってくださいと言われ、桟橋のさらに奥へ。

次の船って、一体何時?

でも、心配する間もなく、船が見えてきました。

今度は無事に乗り込んで席を確保。
ヒデもお疲れのようでほどなくねんねしました。

遠ざかるグリーン島、そして、船が進むにつれ青い海がだんだん普通の海の色になっていきます。

1時間もしないでケアンズに到着。
旅の終わりの瞬間が迫っていることを感じつつ、いったんホテルへ戻ったとき、なんともいえない寂しい気持ちになりました。

071223_183905 さて、せっかくのケアンズ最後の夜。気分を盛り上げるために、ちょっと贅沢しようかなあ、と街へ繰り出した我々ですが、レストランのメニュー表を見てあまりにも高いのでやめました。

そして、向かった先はナイトマーケット。
結局、ナイトマーケットのフードコートで一皿10豪ドル(約071223_1852161,000円)で盛り放題のプレートに。
私はヌードルを選びました。

ヒデ、ここでも国際交流に奮起です。
笑顔で「ハーイ」を連発し、皆さんにかまってもらいまくり。
一見コワモテのイタリア人と思しき兄ちゃんにまで「チャオ!」なんて手を振られていましたよ。

この旅でヒデが身につけたのはこの社交術?071223_124150

初体験がいっぱいの思い出は、2歳児ではたぶんほとんど忘れてしまうでしょう。
でも、心のどこか片隅にでも、碧い海の輝きや、はじめてみた動物達の記憶をそっとしまっておいてくれることを願う母でした。

明日はいよいよ帰国です。
 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、それなりに頑張っています。

絵本で沖縄の風を感じる

ヒデ坊2歳。
絵本大好きです。

毎日毎日、お膝に抱っこで絵本です。
疲れているときでも、パパは嬉しそうに読んでくれます。

←サイドでも紹介していますが、お気に入りのひとつがふくだとしおさんの『みんなにこにこ』そして勿論、『うしろにいるのだあれ』も大好き、ヒデ・ライブラリーの定番です。
Usironiiruno『うしろに・・・』は愛子様のお気に入り絵本としても有名ですよね。

そのシリーズの最新刊がなんと、モラタメさんで紹介されていました。
表紙は、どうみてもヤンバルクイナ!
タイトルからしてぐっと来る、「みなみのしま」・・・。

『うしろにいるのだあれ みなみのしまのなかまたち』(幻冬舎)です。
著者はふくだとしおさんとあきこさんご夫妻。

そうです。
沖縄の動物達がでてくるらしいのです。

これは、欲しい。
ヒデ坊じゃなくて、ママが、欲しいかも。

旅人のワタクシ、沖縄には何回も行っているけど、ヒデが生まれてからは一度も行っていないのよね。

最近、絵本で見た生き物の本物を、動物園や水族館に行って見て大興奮のヒデ。
今度は、この絵本で覚えて、沖縄に行くのは、どう?
(・・・って、チビちゃんが生まれた後の話ですけれどね。)
 

モラタメって?》
新商品を抽選で
モラったり、先着で(送料等一部費用を払います)タメしたりするサイトです。感想をコメントしたり、トラックバックしたりするとポイントももらえます。
今回はモラのほうです。
詳しくはこちら▼をご覧ください。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、それなりに頑張っています。

グリーン島で海水浴

ケアンズに行こう! 《18
 海外子連れ旅【観光編】 
     =グリーン島で海水浴=

12月23日(日) ③
《前回の記事はこちら

グラスボートでご機嫌になったヒデ。 071223_121325
いよいよ、初めての海水浴に挑戦です。

ヒデ、当時1歳5か月。初めての海が世界遺産のグレートバリアリーフかい。
なんて贅沢な我が息子。

夫婦2人なら節約しようかと考えるのですが、子071223_124856_2連れで日陰なしは厳しいです。
迷わずパラソルとチェアを借りました。

これですよ。
南の島で、リゾート満喫の図。
(となりにあったパラソルです。)

ちなみにこのセットで借りて30豪ドル(約3,000円/1日)です。

ビーチも、日本の芋洗いと違ってゆったり。071223_131135

ああ、天国。
波の音を聞きながらのんびりと過ごしたいなあ。

しかし、我々にはそれは許されないことなのでした。

ヒデがねんねしている脇で、ひとりずつ横になって休んで、交替でシュノーケルでもしようかな・・・なんて甘い考えでした。

071223_122644昼前にヒデがお昼寝をしたのは大きな誤算でした。
すっかりよく寝て充電完了の息子様、パワー全開です。

まずは、例のビーチボール。

ボール大好きなヒデ、楽しい。happy02

071223_122653 ひたすら、楽しい、って感じで大はしゃぎ。

少々風があるので、ボールが海に向かって勢いよく転がって行きます。ヒデがボールを投げるたびに汗だくになって拾いに行く両親です。

ヒデ、この辺で、海に入ってみよう。

071223_125948初海水浴です。

初めての海が珊瑚礁の島、グリーン島か・・・。
我が子ながら、なんか、すごいなあ。

海の水が透明です。

水をパシャパシャさせて、大喜びのヒデ。顔に水071223_131159 がかかっても泣かないで平気なのにはびっくりしました。
水がかかるのは苦手なはずでしたが。

ヒデ坊、ついに午後のお昼寝をすることなく、海に入ったり、パラソルの下で休憩したりを繰り返しながら過ごしました。

071223_132328疲れたら、ミネラルウォーターをごくごくと一気飲みです。

楽しい時間はあっという間です。

いくらいても名残惜しいのですが、ヒデのご機嫌がいいうちに早めに帰り支度をすることにして、島内のプールサイドに引き上げました。

プールサイドにはシャワー室があります。
パパと二人でシャワーを浴びたヒデ、すっきりして登場です。071223_151836

南の島を満喫したヒデ坊、心地よく疲れて、帰りのお船ではねんねでしょうか。

グリーン島だけでなくケアンズを去る時間が近づいていることを思い、ふと寂しくなったのは両親のほうでした。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、それなりに頑張っています。

珊瑚礁でわんわん?

ケアンズに行こう! 《17
 海外子連れ旅【観光編】 
     =珊瑚礁でわんわん?=

12月23日(日) ②071223_102308
《前回の記事はこちら

蒼い海、白い砂浜!
真っ青な空に金色の太陽!sun
グリーン島に到着しました。

ところが、肝心のヒデは・・・。
おーい、ヒデ、珊瑚礁の海だよー、起きようよー。
青い海だよー、きれいだよー。
よほどよく眠っているのでしょう。呼びかけにも答えず、正体もなく眠りこけています。

071223_102259 仕方がないので、抱えて桟橋へ降り、そのままバギーに乗せて、島へ上陸。

ちなみに、航海中に船の中でアクティビティの予約を行います。
(グリーン島上陸後もシュノーケルなどの申し込みはできるそうです。)

我々の場合、グラスボート乗船か、シュノーケルセットのいずれかが料金に含まれるとのことでした。
ヒデも参加するので私たちはグラスボートにしようと決めていましたが、何時出航のボートを選ぼうか迷いました。

ヒデの起きる時間と、昼食の時間が読めなかったからです。071223_103416
とりあえず、このぐらいか?というお昼過ぎの時間に予約しました。

そして、今。
ヒデがグラスボートの時間に目を覚ますのか不安になってきました。

しかし、そこはなんとか揺り起こし、飲み物を飲ませたりしました。

ヒデ坊、ぼんやりしながらもお目目を覚まして、グラスボートに乗り込みます。

そして、グラスボートが出航すると、予想もしなかった反応が。

071223_112640_2珊瑚礁の中にお魚が現れるやいなや、いきなり興奮して、身を乗り出し、魚に向かって言ったお言葉。
「わんわん!」

・・・?
魚はわんわん(犬)?

なおも興奮071223_112801して、魚を指差しながら「わんわん!、おー、わんわん!」

眠気はどこかへ吹き飛んだようです。

一方、我々は、ガラス面に落ちてしまうのではないかと心配になるぐらいに身を乗り出すヒデをひやひやしながら押さえつつ、一緒に水中を眺めていたら気持ちが悪くなってきました。

時間とともに周りの子供達も何人か、「パパ(ママ)、気持ち悪い・・・と親に寄りかかって倒れる中、ヒデはひとり気を吐いています。

071223_112958珊瑚礁の中に魚を見つけると、「おー、わんわん!」

大興奮の中、元気いっぱいにグラスボートを満喫したヒデでした。

こんなに喜んでもらえるとは思わなかったよ、ヒデ。母は嬉しいよ。

桟橋へ帰ってきてからも興奮冷めやらぬヒデ坊。
この調子でビーチへ繰り出すよ!

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、それなりに頑張っています

大人のミルクコーヒー

ウチのダンナ様は甘いもの大好き!
なのに、コーヒーは基本的に砂糖は入れないでミルクのみ入れるのが好きなんです。

080712_1630で、缶コーヒーにはイマイチお気に入りの品が無いと言っていたので、これはどうだ!というわけでモラタメさんでカフェブルーノ(UCC上島珈琲株式会社)を試すことに。
190g、10缶セットです。

ダンナの理想の無糖、ミルク入りコーヒーです。

よーく冷やして・・・、「どう?」

感想は、「美味しい! これぞ、求めていた缶コーヒー」だそうです。

しかも、カロリーが100gにつき9kcalとのこと。
ダイエット中のダンナにも安心です。
(ちなみにダイエットは、中期戦略でまあまあ成功しつつあります。)

コーヒーの味も後味がすっきりしていて美味しいそうです。
砂糖入りだとこうはいきません。

すっかりお気に入りになったカフェブルーノ
ダンナ様、毎日冷やして出勤時にもって行きます。
10缶なんてあっという間でした。

この缶のデザインもなかなか素敵で私も気に入りました。
ちなみにブルーノってイタリア語で茶色の意味だそうです。

ありそうでなかなか見つけられなかった大人のミルク入り缶コーヒー、いいもの見つけました。
もう一回タメしちゃだめかな?

モラタメって?》
新商品を抽選で
モラったり、先着で(送料等一部費用を払います)タメしたりするサイトです。感想をコメントしたり、トラックバックしたりするとポイントももらえます。
今回はタメのほうです。
詳しくはこちら▼をご覧ください。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、なぜか結構頑張っています。

出航! グリーン島へ

ネットの接続が復旧したので、久々に旅行記アップです。
産休に入ったので一気にいけるかな?

ケアンズに行こう! 《16
 海外子連れ旅【観光編】 
     =出航! グリーン島へ=

12月23日(日) ①
《前回の記事はこちら

今回の旅もいよいよ大詰めを迎えました。
今日はこの旅の最大のイベント、グリーン島行きです。

グリーン島へはオプショナルツアーが安くて便利なので、出発前に現地ツアーにネットで申し込んでおきました。
出発時間を8:30か10:30から選べるので、どちらにしようかと悩んだのですが、10:30出航の船にして正解。
ヒデ、快調です。

071223_162827 ホテルを出て、バギーに乗せたヒデを連れて、リーフフリートターミナルへ。
パシフィックインターナショナルから、ほんの数分でターミナル到着。
オプショナルツアーと言ってもほとんど往復のチケットのみのプランです。
チェックインは自分で行います。雰囲気はローカルな空港のカウンターみたいです。

071223_090116キュランダも香港や韓国からのツアー客がいっぱいでしたが、ここでもアジア系の団体さんが多かったです。
お話ししてみたら、中国からの団体さんでした。

余談ですが、昔、中国語をかじっていた私、ちょっとトライ。
中国語で挨拶をしたら、「あら、中国語話せるの?」とおばさん。「ええ、ちょっとだけ。」「中国へ来たことは?」「上海に2回行きました。」「あら私は北京からよ。北京へは?」「いえ、まだ。」
昔取った杵柄(?)、おお、ここまでは何とかなっているぞ。
「今年はオリンピックがあるのよ。ぜひ北京へも来てね。」
「はい、行きたいです。」
しかし、ここで撃沈・・・。
定型文以外はあまり話せないのでした。
(上記の会話に英語などを当てはめてみるとどんな程度か想像がつくと思いますcoldsweats01。)

ここで母のピンチに、ヒデ坊が活躍!
またしても、「ハーイ!」とスマイル攻撃で、体制を立て直しました。

071223_085705 話がそれましたが、そんな間に出発の時間が近づいてきました。
港の写真を撮ったり、あの船かなあ?と眺めたり、ちょっと散策。

乗り場に人が並びはじめたので、我々も船の近くへ。

ほどなく案内されて中へ入ります。出航予定の20分ほど前です。
ちなみに全席、自由席です。
結構広いけど、えっ、もう混み合ってる?
いえ、階段をのぼって上の階に行くとまだすいていました。

2階は屋内部分と、潮風に吹かれるデッキ部分がありました。
夫婦2人ならデッキにという選択肢もあります。でも、ヒデが海に落ちないかとはらはらして過ごすのもいやだし、ねんねされてものんびりできる船内で過ごす方を選びました。
これが、正解でした。

乗船すると、セルフで運ばなくてはなりませんが、コーヒーか紅茶のサービスがあります。071223_091524
席を確保したあと、1階のカウンターまで行って紅茶をもらってきました。
冷房が効いているので熱い紅茶が意外においしいです。

ちなみにトリニティ湾の海の色はあまりきれいではありません。
昔行った松島の遊覧船のような海の風景だぞ、などと思いました。

エンジンがうなりだして出航すると、あれ?ヒデ坊・・・一瞬でねんねしちゃいました。coldsweats02
おーい、これからお船に乗っていく体験をさせようと思ったのに。
これって、キュランダ鉄道のときと同じ?
乗り物系はねんねする場所だと思っていないかい。

出航して約40~50分。
さっきまでは、グレートバリアリーフって一体どこよ?という感じの海の色でしたが、グリーン島が近づいてると、さすがです。
紺碧の海が私たちを迎えてくれました。

071223_102305 蒼い海、白い砂浜!
これぞ、南の島!という風景が目の前に広がっています。
天気も最高。sun
真っ青な空に輝く太陽がまぶしいです。

さて、到着。
アウターリーフに行く人々はそのまま船に留まり、グリーン島に上陸するお客だけが下船します。

ところが、肝心のヒデ様はというと・・・。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、結構頑張っています

ネットなし生活って

ネットなし生活を2週間近くおくりました。
入院以来のことです。

まあ仕事中は使える環境にはありましたが、産休前の整理・引き継ぎで忙しかったので、事実上使っていなかったです。

ネットが使えないと何かと不便なのですが、さて、何か生活に変化はあったかというと・・・。
基本的にはあまり変わりませんでした。
でも、不便だったこともいくつか。

ブログを見ない書かないということで、早起き生活のモチベーションは若干下がりました。

一番困ったのは情報の検索。

近所の図書館の臨時休館日が分からなかったり。
たまにしか乗らないバスの時刻が分からないときなども。
ネットならすぐ調べられるのに、施設などに電話で聞くのが面倒になっている自分を発見。

国語辞典や、英和辞典を引くのは苦にならないのですが、「これって何だ?」というときに検索できないのは不便でした。百科事典があるわけでなし、ちょっとした調べものに関してこんなにネットに依存していたんだなあと実感。

で、それ以外は?

うーん、日頃からそんなにネットに時間を割いていたわけではないので、大きな変化はないですね。
いつもならブログを書く分の時間、じっくり新聞を読んだり、ちょこっと本を読んだりしただけでしょうか。

ネットなし生活、良くも悪くも、意外に影響が少なかったという結果です。

ちなみに今日も実家からです。

人気ブログランキング ←さすがにこれだけ更新をさぼると・・・。よろしくお願いします。 
←こちらは、なぜか結構頑張っています。

通信不能?

久々の更新になりました。

というのも、しばらくネットなしの生活を送っていたのです。

別に、どこかへ旅していたわけでもないし、入院していたわけでもありません。

ADSLの契約を変更することになっったのです。
(まだ光じゃないの?と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんね。)

ダンナにお任せなので詳しいことは分からないのですが、どうやら「変更」より、一度やめて「新規」にしたほうがお得だと言われてたようです。

キャンペーン中なので、モデムをレンタルでなくてもらえるというのと、3ヶ月間利用料が無料になるとのことでした。

その見返りというか、手続きの関係でネットが使えなくなっているこの頃。

お盆明けにはなんとか開通しそうです。

実は、まだ使えないんです。
今は、実家の父のパソコンを借りて書いています。

そんなわけで、また数日ご無沙汰しそうです。

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、なぜか結構頑張っています。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ