最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« 冷たいポタージュ | トップページ | 早起き生活継続中 »

キュランダ観光鉄道

ケアンズに行こう! 《14
 海外子連れ旅【観光編】 
     =キュランダ観光鉄道=

12月22日(土) ⑥
《前回の記事はこちら

071222_161404 さあ、いよいよ楽しみにしていたキュランダ観光鉄道に乗車です。

鉄道マニアでなくても旅行好きには垂涎の的のこの路線。
あの「世界の車窓から」のオープニングを飾っていたことでも有名です。
〈実はあまり見たことがないので、私は覚えていないです。スミマセン。)

071222_142411 発車まではまだ時間があったので、写真を撮りながらホームをうろうろしました。
駅のホームには売店もあります。

座席は全席指定です。
でもすいている車両もあるので、発車したらみんな適当に移動していました。
おかげでわれわれ親子で向かい合わせの8人分?ぐらいの座席を占有できました。

発車してから10分も乗ったでしょうか。
071222_144046 最初の駅、バロンフォールズ駅に到着です。

ここは、ホームだけがある観光用の駅です。展望台の向こうのバロンフォールズを眺める停車タイム。

みんなぞろぞろと降りて記念写真を撮ったりします。

我が家も降りてみました。071222_144225_2
ヒデ坊も抱っこでホームを散策。

少し曇ってきました。

汽笛がポーっと鳴ったらもうすぐ出発ですよの合図です。
団体さんがぞろぞろと乗車を始めました。
もうひとつポー。
私達もあわてて列車に戻りました。

071222_151555がたんごとん、がたんごとん・・・。
あれあれ、ヒデ君、眠そうです。
列車の揺れるリズムに気持ちよくなってねんねしてしまいました。

おーい、ヒデ、この旅の見所のひとつなんだよ。

そんなヒデにはおかまいなく、この路線でも最高の見所、071222_151721ストーニークリーク橋の上に差し掛かりました。

大きくカーブするこのポイント、みんなカメラやビデオを構えて窓から身を乗り出します。

おおっ、我が家のトイレのカレンダーの写真と同じだ、と感動する私。
橋の下にはバロン川、崖面には滝という絶景ですが、列車本体が大きくカーブして見えるのが一番の見所。

観光鉄道ですから、ここではものすごく徐行してくれます。

071222_152926ギシギシと音を立てながら、異様にゆっくりと通過する列車。
ヒデ坊に見せてあげたかったけど気持ちよくねんねしていました。

ところで、車内ではおしぼりのサービスもありました。

ホースシューベンドではおめめを覚ましたヒデ坊、ねぼけまなこで風に吹かれて窓の外を眺めました。
ここでも列車が大きくカーブします。
なんでも、このあたりが「世界の車窓から」の映像らしいです。
(あれ、写真がない? あとで入れます・・・。coldsweats01

だんだん、街が近づいてくるとおおっ、と外を指差して歓声をあげるヒデ坊。ちょっとお目覚めが遅かったんじゃないの?

071222_155027さて、間もなくケアンズかなあというころ、最後の駅、フレッシュウォーターコネクション駅に到着。
意外に多くの人たちが下車していきます。

窓から外を眺めると、いまさらながら、うーん、旅だねえという感じがしてきました。

071222_155057

列車の旅、大好きなんです。

ゆっくりゆっくり走ってきたキュランダ観光鉄道。
1時間半以上かけてここまで下ってきました。

ケアンズの街並みが見071222_161712えてくるともうすぐケアンズ駅に到着。
時間は間もなく17時というところです。

ケアンズ駅は近代的なつくりの普通の駅です。

ターミナル駅に着くと、旅がひとつ終わったなあ・・・という感じになります。
ヒデは、よく寝たなあ・・・という感じのようでした。

←こちらも、なぜか結構頑張っています。 

人気ブログランキング←よろしくお願いします。 

« 冷たいポタージュ | トップページ | 早起き生活継続中 »

コメント

おはようございま~す♪
とても詳細に書かれてあり、楽しく拝見しましたheart02
ストーニークリーク橋の大きいカーブ、
「世界の車窓から」そのものeye
ヒデくんはねんねしてしまって残念だけど、
おりこうさんだったのね♪
実に列車のいい旅しましたね~train
ゆっくり走ってくれるんですね!
こりゃ~、じっくり景色を眺められ楽しめそうだわ!
いつか我が家もキュランダ観光鉄道乗りたいですlovely
ぽっち☆

待ってました~
これこれ。私がパンフとかで見た写真だわ。
しかし、ヒデ君、肝心な所でオネムとは・・
子供って、大概そうですよね。
でも、親としては、眠くてぐずられるよりはいいし
ちゃんと寝てくれるってのは、それだけで
親孝行ですよね。
いつか行ってみたいな~
ケアンズなら、海も陸も楽しめますものね~
ところで、きういさん所のトイレのカレンダーの写真
この景色なんですね(笑)

→めぐめぐさん、
ヒデにねんねされてしまって、結果的にのんびりゆっくり車窓を楽しめたかなという感じでした。
めぐめぐさん家でも、今度は若様を連れてぜひ。happy01
ゴールドコーストは行かれたようなので、今度はケアンズ?
観光鉄道はおススメです。

飛行機の燃油サーチャージが値上がりしているのが痛いですけど。bearing

→くうさん、
ヒデがねんねしていなかったら窓から落ちないように気を使ったかも・・・。ねんねしていて正解でしたね。
ちょうど橋の上では曇ってしまったので少し暗くて残念でしたが、カレンダーと同じ構図でびっくり。旅行パンフでもよく使われている構図ですね。camera
去年の我が家のトイレのカレンダーのうち1枚がコレでした。今年はなんと、オランダのチューリップ畑の中を走る列車の写真があったのがお気に入りです。tulip

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/41437173

この記事へのトラックバック一覧です: キュランダ観光鉄道:

« 冷たいポタージュ | トップページ | 早起き生活継続中 »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ