最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

読んだ本

  • 地球の歩き方編集室: クロアチア

    地球の歩き方編集室: クロアチア
    早速買いました! 見ているだけでクロアチアに行きたくなってしまう素敵な本です。 (★★★★★)

  • 多谷千香子: 「民族浄化」を裁く

    多谷千香子: 「民族浄化」を裁く
    オランダのハーグにあるICTY(旧ユーゴスラヴィア国際刑事裁判所)で判事を務めた日本人著者による新書。 ユーゴ内戦の構図とその後の国際刑事裁判の様子がよく分かる貴重な記録です。興味のない人には少々難しいかも。 (★★)

  • 須賀敦子: 遠い朝の本たち

    須賀敦子: 遠い朝の本たち
    その文体が、透明感があって好きなので須賀敦子のエッセイをよく読みます。この本は、彼女の「本」にまつわる思い出を綴ったエッセイです。 自分の記憶の中にある本、忘れられない一冊についてこんな風に語ることができたら素敵だなと思える佳作です。 (★★★★)

  • 北康利: 白洲次郎 占領を背負った男

    北康利: 白洲次郎 占領を背負った男
    白洲正子が「私の夫は白洲次郎だから」と自慢げに書いていたのをどこかで読んだような気がしたのですが、白洲次郎とは? 何か大物らしいというのは知っていたけど、では何をした人?というのを知らなかったので、読んでみました。 豪快な人ですね。このくらいすごいともう、嫌みでも何でもないという位に自信家でお金持ちで、行動力と実行力のある人だなあと思いました。 日本国憲法作成の緊迫したドキュメントのくだりは、『1945年のクリスマス』(ベアテ・シロタ・ゴードン)と併せて読むと、日米双方のそれぞれの立場からの視点の違いが見えて更に面白いと思います。 (★★★★)

  • あさのあつこ: バッテリー

    あさのあつこ: バッテリー
    話題作で、軽く読めそうだなと思い、産休前に購入して読み始めました。全6巻。なかなか面白いです。 児童文学で、こんなに高慢でクールででも未熟で愛すべき主人公っていたでしょうか? 映画化されたようですが、主人公の巧と豪の配役で全て決まってしまいそうな気がします。まだ見ていないけど、どうでしょう? (★★★)

読みきかせた絵本

  • 松谷 みよ子: いない いない ばあ

    松谷 みよ子: いない いない ばあ
    初めて読み聞かせた絵本です。3ヶ月ぐらいのおチビさんなのに、絵のあるページにそって視線を動かすので、「あ、赤ちゃんが絵本を見てる!」とわかり、感動しました。 「いないいない・・」とじらすと、はやくはやくというように本に手を伸ばしたりします。 (★★★★★)

  • 安西 水丸: がたんごとんがたんごとん

    安西 水丸: がたんごとんがたんごとん
    まだ「えうー」しか言えない3ヶ月頃から、表紙を見せただけで大喜び。 絵本の読み聞かせを始めた頃から、5ヶ月頃まで不動のお気に入りナンバーワン絵本でした。 「がたんごとんがたんごとん」というリズムがいいのかな。 (★★★★★)

  • ふくだ としお: みんな にこにこ

    ふくだ としお: みんな にこにこ
    6ヶ月になってから一番のお気に入り絵本になりました。 ぐずっているときでも、冒頭の「てくてく あるくよ てんとうむし」の部分をきかせると泣きやむという魔法のような絵本です。 愛子様お気に入りと紹介されていた『うしろにいるのだあれ』の作者による新刊です。 (★★★★★)

« キュランダ観光鉄道 | トップページ | 性別判明? »

早起き生活継続中

朝型生活、なんとか続いています。

前の記事を見返してみたら、朝型に移行してから、なんともうすぐ2ヶ月なんです。
思いがけず、続いています。

時々寝過ごすこともありますが、寝過ごしても6時前にはパッチリおきます。
たいていは5時前に目が覚めます。
基本的に目覚まし時計要らずの生活になりました。

やればできるじゃん、私。

以前も書きましたが、私は旅先ではたいてい早起きします。

2004_1スイスでは山の中腹の駅に泊まって、アルプスの夜明けを見たり、ネパールでも早朝から丘に登って朝のヒマラヤ(アンナプルナ山群)を眺めたりしました。

街の中でも早起き。パリでは早朝散歩で朝市を冷やかしたり、昼間は激込みのノートルダムの中ものんびり歩くことができました。

いつでもどこでもすがすがしい気分なんです。
早起きはやはり三文の得です。

と、早起きの効用は旅先では体験的に知っていたのですが、どうして日常生活ではだめだったんでしょう。

もっと前からこんな生活していればもっといろいろなことができたかも・・・と反省。

朝型に移行してから、なんとなく体調もいいような気がします。

これは、チビさんが生まれてからも継続するしかないです。
夜中の授乳などがあって、最初はつらいだろうけど、長期的には実現しようと思います。

追伸:サッカーのヨーロッパ選手権が始まったので、ダンナも早起き生活に加わるそうです。
 時差の関係で放送時間が早朝なんです。
 早速、私より早起きしてオランダ対イタリア戦を見ていました。

 

人気ブログランキング ←よろしくお願いします。 
←こちらも、なぜか結構頑張っています。

« キュランダ観光鉄道 | トップページ | 性別判明? »

コメント

いやいや~素晴らしいです!!!
きういさんは何ヶ国も旅してらっしゃるので
早起きしていろんな箇所を周遊してきたから、
その態勢が出来上がってるんですね♪
早起きはいいことだらけですねgood
見習わなきゃっ!!

私の行きたい国ばかりだわ~~
この写真はどこですか?素敵すぎるぅlovely

追記・・ぽちっと☆

→めぐめぐさん、
コメント&ぽち、ありがとうございます。
この写真は朝陽を浴びたパリのノートルダム寺院です。
観光用パンフでよく見るあのノートルダムを反対側のセーヌ河畔からみるとこんな感じです。

早起きは旅先だけで、独身時代なんか起床してから30分(でも絶対朝ごはんは抜かない!)で出勤していたこともあるくらいおねぼうさんでした。
なぜか旅に行くと別人でしたね。
最近ようやく日常生活でも早起きできるようになりました。

子供が出来て、ほんと生活って変わりますよね~
特に、子供が1人と2人でも全然違う!!

日常では早起きってあんまり実感が無いけど、旅先は違いますよね♪
よく、旅先でホテルでゆっくり・・・なんていうけど、我が家は寝に帰るだけが多いです(^_^;)

朝は、のんびりしたいけど結構時間が経つのが早い!!
結局ギリギリで家を飛び出る生活は変わりませんsweat01

写真、あの有名なノートルダム寺院でしたかぁ!
朝陽を浴び実に美しいですね♪
実際に見てみたいものですshine

朝陽・・ウチの若の名前です!(同漢字)
ドキッと嬉しかったです♪
ぽっち☆


ノートルダム寺院だったのですね~
私も、20年前近く前に、行ったはずなのですが・
全くわかりませんでした(汗)
当時は、何の下調べもせずに、駆け足でのヨーロッパ周遊、その為、何処の寺院も同じに見えたものです(苦笑)
今から思うと、何て勿体無い、何て罰当たりなんだと後悔です。

きういさんの早起き継続中・・何気に思ってましたよ。
コメ欄の時間見て、「さすがだわ~」って、実は
感心してました。
これからも頑張ってね~

早起き生活素晴らしいです。それが続いているなんてもっとすごい。私なんて寝坊して子供も小学校遅刻・・・がありました。見習いたいです。

→めぐめぐさん、
若様のヒミツを知ってしまった気分でこちらもドキドキ。素敵なお名前ですね。読み方はヒミツ?
「陽」という字は私も好きで子供の名前をつけるときにちょっと考えたなあ。

ノートルダム、周囲を散策するといろんな顔を見せてくれますよ。いつかぜひ。

→くうさん、
ノートルダムは、たいていは正面からしか見ませんから旅行パンフの写真のような四角のイメージですよね。この写真で言うと左手の四角の塔のあたりです。
旅先の早起き散歩はとってもおススメです。朝市とか、清掃車(掃除機みたいな車が走っているんです)が広場を掃除する様子とか、意外な街の姿を眺めることができますよ。

→ふつつかままさん、
早起き生活、いつまで続くか実は自分でも不安です。ようやくなんとか定着しつつあります。
夏はいいのですが、夜明けが遅い冬場はどうなるのかかなり不安。
寝坊して子供も遅刻・・・なんて大丈夫。学校の先生をやっている私の友人も寝坊して遅刻したことがあるそうです。先生は用事があったから遅くなりました、とか教頭先生に取り繕ってもらったんですって。先生も遅刻することがあるらしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201966/41497928

この記事へのトラックバック一覧です: 早起き生活継続中:

» 日帰り情報です [日帰り旅行]
全国の日帰り旅行・温泉・ドライブ・キャンプ情報です。 旅のお供にご利用ください♪ [続きを読む]

» シテ島ノートルダム大聖堂付近の口コミ情報 [海外旅行ガイド]
フランスにハネムーンに行った方からシテ島、マレ付近の口コミ情報を聞き出しました。シテ島にはノートルダム大聖堂がありますね。ノートルダム大聖堂はノートルダム寺院とも呼ばれていますが、ノートルダム大聖堂をサン・ミッシェル・ノートル・ダムとあらわすのでしょうか?シテ島のノートルダム大聖堂はセーヌ川のほとりにありますね。シテ島のノートルダム大聖堂に一番近い口コミホテルはドゥーズィルホテルがありますね。セーヌ川にかかるルイ・... [続きを読む]

« キュランダ観光鉄道 | トップページ | 性別判明? »

★旅の空★

  • Abu_simbel
    フランスからエジプトまで約1ヶ月間、「地球の歩き方」を握りしめ、毎日緊張しながら旅した日々の写真です。 初々しい旅のビギナーでした。

ランキング

  • 人気ブログランキング

★旅の便利帳★

旅の検索サイト

  • 国内格安航空券を
    価格比較!


    国内ツアー
    国内格安航空券
    海外ツアー
    海外格安航空券
    格安旅行探しの
    決定版!Travel.co.jp

◆ちょこっとバナー広告

無料ブログはココログ